9月9日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

TOP > ファンダ記録室 > 9月9日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

2022年9月10日

9月9日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

◎昨日の注目点

 

・昨日の三者会合(日銀・財務省・金融庁)や本日の岸田首相と黒田日銀総裁の会談により、本邦通貨当局による円安対応策への警戒感が高まるなか、岸田首相との会談を終えた黒田日銀総裁が、「為替の急激な変動は好ましくない。今後とも十分注視する」と述べたことで円買いが進み、ドル円は一時142.46円まで下値を広げた

・ブラード米セントルイス連銀総裁は「今月の米連邦公開市場委員会(FOMC)で0.75%の利上げ実施に賛成することに傾いている」と述べたほか、ウォラーFRB理事は「今月のFOMCでは再度の大幅利上げを支持する」と述べ、0.75%利上げを支持することを示唆し、シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)グループがFF金利先物の動向に基づき算出する「フェドウオッチ」によると、20-21日のFOMCでは通常の3倍にあたる0.75%の利上げ確率が約90%まで上昇した

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の主要通貨強弱グラフ

 


9月10日6:00時点

 

 

 

 

 

 


9月10日6:00時点

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の株価

 


9月10日6:00時点

 

 

 

 

 

 


ダウ平均日足チャート

 

 

 

 

 

 


S&P500日足チャート

 

 

 

 

 

 

 


ナスダック日足チャート

 

 

 

 

 

 


日経225日足チャート

 

 

 

 

 

 

 

 


日経500日足チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎各国長期金利

 

 


米2年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


米10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 


日10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ドイツ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 


イタリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 


スペイン10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ポルトガル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


ギリシャ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


イギリス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 


フランス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


トルコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


南ア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


ブラジル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


メキシコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 


カナダ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 


オーストラリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ニュージーランド10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎商品先物・インデックス先物

 

 


ドルインデックスチャート

 

 

 

 

 


VIX指数チャート

 

 

 

 

 

 


WTI原油価格チャート

 

 

 

 

 

 


金価格チャート

 

 

 

 

 


銀価格チャート

 

 

 

 

 


銅価格チャート

 

 

 

 

 

 

 

 


鉄鉱石価格チャート

 

 

 

 

 

 

CRB指数チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

◎IMM通貨先物ポジション

 

 

FOREX WATCHER 参照

 

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の要人発言

 

 

イエレン米財務長官
「インフレが鈍化することに楽観的、だがリスクはある」
「ガス価格下落は次回のインフレ指標に反映」

松野官房長官
「状況に応じて適切に判断したい」
「このような動きが継続する場合あらゆる措置を排除せず必要な対応とりたい」

鈴木俊一財務相
「為替はファンダメンタルズに沿って安定的に推移すること重要」
「急速な変動は望ましくない」
「最近の市場はファンダメンタルズより投機的な動きが背景になって急速に変動
「過度な変動に憂慮している」
「振れの大きい状況続き、憂慮している」
「あらゆる手段を排除せず、必要に応じて対応」
「為替動向を高い緊張感もって注視」

黒田東彦日銀総裁
「岸田首相から特別な指示や要望はなかった」
「急激な為替の変動は企業の経営方針を不安定にするので好ましくない」
「為替市場の動向、今後も十分注視していきたい」
「1日に為替が2円も3円も動くのは急激な変化」

カジミール・スロバキア中銀総裁
「ユーロ圏のインフレは許容できないほど高い」
「利上げサイクルのピークがどこになるか議論するのは時期尚早」

バスレ・スロベニア中銀総裁
「中期的な目標はインフレを2%で安定させること」
「今後の利上げはインフレ予想で決定される」

クノット・オランダ中銀総裁
0.75%は強力なシグナルだが更にステップが必要

ビルロワドガロー仏中銀総裁
「次回の利上げについては完全にフリーハンド」
ユーロ圏の中立金利は2%を下回るか、2%に近い水準
年末までには中立金利に到達するはず

ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁
「インフレ率の上昇が主要な懸念」
ECBはインフレ率を2%に戻すことを決意し、団結している

ブラード米セントルイス連銀総裁
2022年末までに3.75-4%の金利が望ましい
「より早い時期にフロントローディングを行うことが望ましい」
「労働市場はタイトで、賃金圧力が大きい」
「0.75%の利上げに大きく傾いている」
「市場は長期金利の上昇を過小評価している」

ウォラー米連邦準備理事会(FRB)理事
「9月FOMCでは再度の大幅利上げを支持する」
「堅調な労働市場の中でリセッションの懸念は薄れた」
インフレが突然減速した場合、金利は4%を超える必要はない可能性
「金利上昇の見通しはインフレの結果に左右される」

ジョージ米カンザスシティ連銀総裁
利上げのスピードよりも安定性と意図性を望む
「予測可能な調整により、市場機能が改善される可能性」
強い経済はFRBに利上げの余地を与える
「経済は依然として前進の勢いを示している」
FRBには利上げを実行する余地がある

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND