イベント多数で忙しくなりそうな予感の1週間! 「6月1日週の注目点とイベントスケジュール」

TOP > 注目点とイベントスケジュール > イベント多数で忙しくなりそうな予感の1週間! 「6月1日週の注目点とイベントスケジュール」

2020年5月31日

イベント多数で忙しくなりそうな予感の1週間! 「6月1日週の注目点とイベントスケジュール」

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

先週のトランプ大統領は大忙し、twitterで自身のツイートに対してファクトチェック(真実かどうかの検証注意)が付けられたことで激怒し、SNS業者に対する大統領令を発表。

国内では白人警官が黒人を取り押さえた際に、強引な抑え込みを続けたことで死亡させたことを受け、デモが発生する事態となっています。

そして香港国家安全法を巡る対中政策で優遇措置を撤回、中国制裁強化などトランプ大統領の周りが忙しくなっています。

大統領選挙まであと5か月となっていることから、トランプ大統領の動きが注目されます。

 

◎今週の注目点

 

1)政策金利

 

ECB理事会

今週の理事会では7500億ユーロのコロナ復興基金案について合意できるか、また内容がどのようになるか注目です。

内容の予想では7500億ユーロのうち、3分の2にあたる5000億ユーロは補助金として、3分の1にあたる2500億ユーロは融資として資金提供。

ただ、オーストリアなど4カ国が反対を表明し、すべて融資の形にするべきだと主張しています。

コロナ復興基金は全ての国が賛成して初めて実現となるので、反対している国との協議で落としどころを見つけることが出来るのか注目です。

 

 

RBA理事会

先日のロウRBA総裁の発言では、マイナス金利については否定していますが、追加緩和について示唆するような発言が出てきていることから、追加緩和が必要は状況なのか、追加緩和の発表があるのか、政策発表と声明文に注目です。

豪州はコロナからの経済再開はしているものの、豪中関係が悪化し貿易に関して妨害を受けており、経済にどこまで影響が出てくるのかにも注目です。

 

 

カナダBOC政策金利

カナダ中銀は現ポロズBOC総裁は任期満了し、次期総裁はトロント大学経営大学院学長を務めるマックレム氏が6月3日より就任することとなっています。

マックレムBOC総裁がどのような考えを持っているのか、声明文に注目です。

 

 

2)経済指標

 

ISM

ISM製造業景況指数・ISM非製造業景況指数が発表され、ロックダウンが長く続いている米国の景況感に注目です。

特に、コロナで現在の経済データが悪いのは分かっていることなので、注目は今後の景気再開・回復に移っており、今後の見通しを指数化した景況感は注目度が高くなっています。

 

 

雇用統計

ADP・NFP雇用統計が発表されますが、悪い数字が出てくることは予想され、悪い数字は織り込まれています。

なので、反応は限定的ではないかと思われますが、あまりにも規格外の数字なのでホントに限定的になるのか心配です。

また、悪い数字が出てきてリスクオフになっても、リスクオフのドル買いになるのか、悪い経済指標でドル売りになるのかも予想が分かれており注目です。

 

米国以外でもドイツ・イタリア・カナダなどでも、失業率が発表されます。

コロナの影響がどこまで出ているのか注目です。

 

 

 

3)中国

 

先週の全人代で、香港国家安全法を成立させたことから米国は香港の優遇措置を撤回することを発表。

その他にも米国に留学している中国人のビザの見直し、中国企業への投資資金停止など制裁強化を発表しています。

米国だけでなく英国をはじめ多くの国が非難を発表していることから、香港国家安全法を巡る中国と各国の対応・反応に注目です。

 

香港の次は台湾を抑えにくると思われ、台湾と中国の反応にも要注意です。

台湾は今回の香港国家安全法について、香港に対し台湾が受け皿になる趣旨の発言をしています。

香港の国際金融拠点が香港から台湾に移るのか、香港から台湾に人材流出があるのか、中国がそれを許すのか、米国はどこまで後ろ盾になるのか、対中関係に注目が集まります。

 

 

 

◎今週のイベントスケジュール

 

6月1日(月曜日)

 

10:45 CNY 財新製造業PMI

16:45 EUR イタリア製造業PMI(改定値)

16:50 EUR フランス製造業PMI(改定値)

16:55 EUR ドイツ製造業PMI(改定値)

17:00 EUR ユーロ圏製造業PMI(改定値)

17:30 GBP 英製造業PMI(改定値)

20:00 TRY トルコ金融政策決定会合議事要旨

23:00 USD ISM製造業景況指数

 

 

6月2日(火曜日)

 

13:30 AUD RBA理事会政策金利・声明文発表

 

 

6月3日(水曜日)

 

10:10 AUD ブロックRBA総裁補佐発言

10:30 AUD 豪四半期GDP(1~3月期)

10:45 CNY 財新サービス業PMI

16:00 TRY トルコCPI(消費者物価指数)

16:45 EUR イタリアサービス業・総合PMI(改定値)

16:50 EUR フランスサービス業・総合PMI(改定値)

16:55 EUR ドイツサービス業・総合PMI(改定値)・失業率

17:00 EUR ユーロ圏サービス業・総合PMI(改定値)

17:00 EUR イタリア失業率

17:30 GBP 英サービス業・総合PMI(改定値)

18:00 EUR ユーロ圏失業率

21:15 USD ADP雇用統計

22:45 USD 米サービス業・総合PMI(改定値)

23:00 USD ISM非製造業景況指数

23:00 CAD カナダBOC政策金利発表

23:30 USD 原油在庫量

 

 

6月4日(木曜日)

 

10:30 AUD 豪小売売上高

17:30 GBP 英建設業PMI

18:00 EUR ユーロ圏小売売上高

20:45 EUR ECB理事会政策金利・声明文発表

21:30 EUR ラガルドECB総裁記者会見

21:30 USD 米新規失業保険申請件数・貿易収支

21:30 CAD カナダ貿易収支

 

 

6月5日(金曜日)

 

21:30 USD NFP雇用統計・平均時給・失業率

21:30 CAD カナダ雇用者数増減・失業率

23:00 CAD IveyPMI

 

 

6月6日(土曜日)

 

02:00 USD ベイカーヒューズ社リグカウント

04:00 USD 米消費者信用残高

 

 

 

 

 

 

 

岡ちゃんマンおススメ分析ツール

TradingView

数多くの通貨ペア、商品、債権、株価指数など取り扱っており、様々な分析が出来るプラットフォームです。

為替・株式・債券・商品など各マーケットは相関性があり、各マーケットを見比べることはトレードにとってプラスになります。

1枚のチャートに為替と株価指数や、為替と商品などを重ねて表示できるのは比較するときにとても便利です。

多くの機能は無料で使えるので試しに使ってみてはいかがでしょう!

 

SNS機能も付いているので、是非フォローしていただけたらと思います↓↓↓

https://jp.tradingview.com/u/okachanman/

 

 

 

 

RECOMMEND