カナダ中銀から金融政策発表! 「4月21日の注目点とイベントスケジュール」

TOP > 注目点とイベントスケジュール > カナダ中銀から金融政策発表! 「4月21日の注目点とイベントスケジュール」

2021年4月21日

カナダ中銀から金融政策発表! 「4月21日の注目点とイベントスケジュール」

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

昨日はリスクオフが進み世界的に株価下落、資源価格の下落に繋がりました。

日本は3回目の緊急事態宣言が懸念され、日経平均は大幅下落している状況です。

 

リスクオフは、これまでコロナ回復期待からリスクオンが進んできた反動ではないかと思われます。

なので、長く続くリスクオフではないと思っています。

 

本日もリスクオフ・リスクオンがマーケットの材料になっていくのではないかと思われます。

その中でカナダ政策金利や経済指標が発表されるので、注目していきたいと思います。

 

◎本日の注目点

 

1)カナダ政策金利発表

 

注目度:やや高い

織込み度:据え置き(現状維持)を織り込み済み

バイアス:ややカナダドルの上値重い

カナダ中銀は前回の政策発表以降に、コロナ禍に対応するための緊急緩和政策の終了を発表しました。

通常の緩和政策は継続するとの事でしたが、先日の雇用統計でカナダ雇用はかなり良い状況となってきていることから、通常の緩和政策の縮小時期について触れるなど出てこないか注目しています。

カナダでは低金利政策により住宅価格が上昇していています。

また、コロナ禍で停滞していた経済は回復傾向にあり、雇用状況もかなり改善してきています。

ただ、ワクチン接種は米国や英国に比べ遅れていて、コロナの再拡大懸念は残っています。

主要産業である原油市場は上値が重くなり、60ドル付近を前後しています。

このような状況から、通常の緩和政策の縮小には触れないと見られていますが、仮に縮小時期に触れた場合はサプライズでカナダドルが買われるのではないかと注目しています。

今回の政策発表内容が現状維持の場合にカナダドルがどのような反応を示すのか、カナダドルの反応を見て上昇圧力が強いのか、下落圧力が強いのか見極めたいと思います。

 

 

 

2)経済指標

 

豪小売売上高や英CPI(消費者物価指数)、カナダCPI(消費者物価指数)など、物価や消費に関する指標が発表されます。

コロナ禍からの経済回復過程を見るうえで、小売売上高のような消費に関する指標は注目されています。

また、CPI(消費者物価指数)は中央銀行が、政策判断に注目しているだけに重要度は高くなっています。

小売売上高やCPI(消費者物価指数)の結果と値動きに注目したいと思います。

 

 

 

3)リスクオフ

 

米国や英国はワクチン接種がかなり進んでいて、欧州もだんだんとワクチン接種のペースが上がってきている状況です。

ただ、日本や新興国などワクチン接種が遅れている国と格差が広がっています。

先進国のワクチン接種が進んだことで経済回復期待からリスクオン相場が続いてきましたが、新興国のワクチン接種の遅れが足を引っ張る状況が見えてくるようになってきました。

昨日、インドでは重症者数や死者数が増えたことから、経済活動の低下が懸念され、資源の需要低下が懸念されて原油価格の下落や、株価の下落に繋がり、リスクオフに繋がっています。

 

その他にも中国やロシアなどの地政学リスクも懸念されています。

今までリスクオンがかなり進んだことで、調整・見直しのリスクオフと言うことで、長く続くリスクオフではないと思いますが、コロナやワクチンや地政学リスクに過剰反応しやすい状況だと思います。

株価や商品価格に注目しながら、リスクオフがいつまで続くのか見極めたいと思います。

 

 

 

◎本日のイベントスケジュール

 

 

4月21日(水曜日)

 

10:30 AUD 豪小売売上高

15:00 GBP 英CPI(消費者物価指数)

17:05 GBP ラムスデンBOE副総裁発言

19:30 GBP ベイリーBOE総裁発言

21:30 CAD カナダCPI(消費者物価指数)

23:00 CAD カナダ中銀(BOC)政策金利・声明文発表

23:30 USD 原油在庫量

 

 

4月22日(木曜日)

 

00:00 CAD マックレムBOC総裁記者会見

02:00 USD 米20年債入札

 

 

 

 

 

 

国内唯一のFX月刊誌「FX攻略 .com」で長期にわたり連載していたコラムをまとめた電子書籍が発売されました。

コラムでは書かれていなかった内容も追記しています。

 

・電子書籍の詳細はこちら|Kindleストア

amzn.to/2P6DuJy

 

 

 

 

 

 

岡ちゃんマンおススメ分析ツール

TradingView

数多くの通貨ペア、商品、債権、株価指数など取り扱っており、様々な分析が出来るプラットフォームです。

為替・株式・債券・商品など各マーケットは相関性があり、各マーケットを見比べることはトレードにとってプラスになります。

1枚のチャートに為替と株価指数や、為替と商品などを重ねて表示できるのは比較するときにとても便利です。

多くの機能は無料で使えるので試しに使ってみてはいかがでしょう!

 

SNS機能も付いているので、是非フォローしていただけたらと思います↓↓↓

https://jp.tradingview.com/u/okachanman/

 

 

 

RECOMMEND