カナダ雇用、要人発言に注目! 「9月10日の注目点とイベントスケジュール」

TOP > 注目点とイベントスケジュール > カナダ雇用、要人発言に注目! 「9月10日の注目点とイベントスケジュール」

2021年9月10日

カナダ雇用、要人発言に注目! 「9月10日の注目点とイベントスケジュール」

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

昨日は注目のECB理事会が発表されましたが、結果は現状維持。
注目のPEPP(パンデミック緊急購入プログラム)もやや減額が発表されました。

もともとPEPP(パンデミック緊急購入プログラム)の購入ペースは600億ユーロだったものを、加速させて800億ユーロにしていました。

この加速部分を元に戻して、600億ユーロにしただけなので減額ではないというのがECBの考えのようです。

PEPP(パンデミック緊急購入プログラム)の今後については、12月理事会に結論を先送りされましたことでユーロ売りに繋がっています。

 

本日はECB理事会を通過したことでマーケットが動き始めるのか、カナダ雇用統計や要人発言に注目です。

◎本日の注目点

 

1)カナダ雇用統計

 

先日の金融政策発表で現状維持を発表し、失望売りが続いているカナダドルですが、昨日のマックレムBOC総裁の発言「量的緩和による景気刺激策を継続する必要がない時期に近づいている」で下げ幅を縮小しています。

本日発表のカナダ雇用統計が強い結果となり、「量的緩和による景気刺激策を継続する必要がない時期に近づいている」の証明となるのか注目です。

雇用が強ければ、次回会合で引き締め期待が高まり、カナダドル買いが進むのではないかと注目しています。

 

 

 

2)要人発言

 

本日は、昨日理事会を終えたECB要人の発言が多数予定されており、ラガルド総裁の発言と内容に違いがないか注目です。

ラガルド総裁の内容よりもタカ派発言が続くようであれば、ユーロの買い戻しに繋がるのではないかと注目しています。

 

また、来週からはブラックアウト期間に突入するFOMCメンバーの発言にも注目です。

再来週のFOMCや年内テーパリング開始に対して、どのような発言が出てくるか注目です。

今のメインシナリオは11月テーパリング発表、12月テーパリング開始です。

これよりも前倒しになるような発言が出てくればドル買い、年内に懐疑的な発言が出てくればドル売りで反応すると思います。

 

 

 

3)米金利

 

いま、マーケットは金利の影響を大きく受けると見ていて、金利動向に注目しています。

 

米金利が1.3%を挟んでレンジで推移しています。

雇用統計後は上昇してドル買いが進みましたが、昨日は金利下落しドル売りが進みました。

本日も金利が上昇するのか下落するのか注目です。

 

金利が変動する要因で以下の点に注目しています。

 

・要人発言による引き締め期待

・米予算の審議状況

・債務上限問題

・リスクオフ

 

米予算が議会で審議されていますが、3.5兆ドルの予算がどうなるか、財源はどうするのか、債務上限を合わせて審議するのか、などの駆け引きが民主党と共和党の間で行われてきます。

3.5兆ドルの予算が丸々認められれば、大きな予算に繋がり、金利上昇に繋がると思います。

逆に減額となれば金利は低下するのではないかと予想しています。

また、債務上限問題が意識されれば、米金利の動きは変わってくるのではないかと考えています。

 

リスクオフはアフガン問題や中国規制の問題、欧米の株価下落などリスクオフが進むと、金利低下につながる可能性があるので注目しています。

 

◎本日のイベントスケジュール

 

 

9月10日(金曜日)

 

ユーロ圏財務相会合

 

15:00 GBP 英GDP

15:00 EUR ドイツHICP(消費者物価指数)

15:00 NOK ノルウェーCPI(消費者物価指数)

17:00 EUR ビルロワ・フランス中銀総裁発言

18:30 EUR ラガルドECB総裁発言

19:10 EUR エルダーソンECB専務理事発言

21:30 USD 米PPI(生産者物価指数)

21:30 CAD カナダ雇用統計・失業率

22:00 USD メスター・クリーブランド連銀総裁発言

 

 

9月11日(土曜日)

 

02:00 USD ベイカーヒューズ社リグカウント

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

国内唯一のFX月刊誌「FX攻略 .com」で長期にわたり連載していたコラムをまとめた電子書籍が発売されました。

コラムでは書かれていなかった内容も追記しています。

 

・電子書籍の詳細はこちら|Kindleストア

amzn.to/2P6DuJy

 

 

 

 

 

 

 

 

 

岡ちゃんマンおススメ分析ツール

TradingView

数多くの通貨ペア、商品、債権、株価指数など取り扱っており、様々な分析が出来るプラットフォームです。

為替・株式・債券・商品など各マーケットは相関性があり、各マーケットを見比べることはトレードにとってプラスになります。

1枚のチャートに為替と株価指数や、為替と商品などを重ねて表示できるのは比較するときにとても便利です。

多くの機能は無料で使えるので試しに使ってみてはいかがでしょう!

 

SNS機能も付いているので、是非フォローしていただけたらと思います↓↓↓

https://jp.tradingview.com/u/okachanman/

 

 

 

RECOMMEND