コロナ禍2番底に向かうのか!? 「6月12日の注目点とイベントスケジュール」

TOP > 注目点とイベントスケジュール > コロナ禍2番底に向かうのか!? 「6月12日の注目点とイベントスケジュール」

2020年6月12日

コロナ禍2番底に向かうのか!? 「6月12日の注目点とイベントスケジュール」

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

昨日は感染第2波の懸念から、また急騰していた株価の利確から、FRBの発表した景気見通しが悲観的だったことから、世界的に株価は暴落しリスクオフに傾きました。

ダウ平均は一時-1900ドル超の下落、日経平均も一時-1000円超の下落などコロナ蔓延時並みの下落となり、ダウ平均は過去4番目の下落幅となっています。

 

リスクオフから原油価格は暴落、資源国通貨は売られ、安全通貨である円やフランが買われ、ドル円は106.50まで下落しています。

 

 

◎本日の注目点

 

1)リスクオフ

 

昨日の株価下落、リスクオフは3つの要因があると思われます。

 

1.今まで急加速で回復してきた株価の調整

2.メジャーSQを控えた動き

3.コロナ感染第2波の懸念、FRBによる先行き見通し不安

 

上記1や2は一時的な要因ですが、3が本格的に懸念された場合はコロナ禍2番底を目指す展開に繋がるかもしれません。

本日の東京市場はNYの流れを継続しそうですが、東京後場~欧米市場でどのような反応をするのか注目したい。

 

 

 

2)週末要因・リスク要因

 

週末を控え、ポジション調整が出てくる可能性があり、また、相場のボラティリティも高くリスク要因もいくつかあるので週明けの窓開けには注意したいと思います。

 

リスク要因

1.コロナ感染第2波

2.黒人差別デモ

3.英国とEUの離脱通商交渉

4.米中関係

5.香港デモ・香港問題

6.豪中関係

7.欧州コロナ復興基金

 

 

 

◎本日のイベントスケジュール

 

 

6月12日(金曜日)

 

EU金融相会議

 

15:00 GBP 英GDP(1~3月期)

15:45 EUR フランスHICP(消費者物価指数)

16:00 EUR スペインHICP(消費者物価指数)

20:00 EUR ウンシュ・ベルギー中銀総裁発言

23:00 USD ミシガン大学消費者信頼感指数

 

 

6月13日(土曜日)

 

02:00 USD ベイカーヒューズ社リグカウント

 

 

 

 

 

岡ちゃんマンおススメ分析ツール

TradingView

数多くの通貨ペア、商品、債権、株価指数など取り扱っており、様々な分析が出来るプラットフォームです。

為替・株式・債券・商品など各マーケットは相関性があり、各マーケットを見比べることはトレードにとってプラスになります。

1枚のチャートに為替と株価指数や、為替と商品などを重ねて表示できるのは比較するときにとても便利です。

多くの機能は無料で使えるので試しに使ってみてはいかがでしょう!

 

SNS機能も付いているので、是非フォローしていただけたらと思います↓↓↓

https://jp.tradingview.com/u/okachanman/

 

 

 

RECOMMEND