ジャクソンホール・シンポジウム前日で様子見姿勢! 「8月25日の注目点とイベントスケジュール」

TOP > 注目点とイベントスケジュール > ジャクソンホール・シンポジウム前日で様子見姿勢! 「8月25日の注目点とイベントスケジュール」

2021年8月25日

ジャクソンホール・シンポジウム前日で様子見姿勢! 「8月25日の注目点とイベントスケジュール」

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

昨日も月曜に続きリスクオフが後退、株価は上昇しコモディティ価格が上昇、米金利が上昇しました。

リスクオフの後退は資源国通貨の買いに繋がり、安全通貨の円やフランが売られる展開となりました。

 

資源国通貨の中でもNZドルは、ホークスビーRBNZ総裁補佐の発言で利上げ期待が高まり急騰しています。

 

本日はジャクソンホール・シンポジウムを明日に控えて、様子見姿勢が強く、小動きな展開が予想されています。

ただ、月末が近く五十日ということで実需の動きが出てくる可能性から、仲値やロンドンFIX前後には急変の可能性があるので注目していきたいと思います。

 

◎本日の注目点

 

1)リスク要因

 

本日は重要指標やイベントが少なく、リスク要因がマーケットの中心となると見ています。

先週は週初めと週末でリスクオフが進み、週中では一時リスクオフが緩む展開でした。

今週は月曜、火曜とリスクオフが後退しています。

このままリスクオフが後退していくのか、ただの調整で再度リスクオフが進むのか、要注目です。

 

注意したいリスク要因は2つ、アフガニスタンの問題と株価下落です。

 

アフガニスタンではタリバンによる過激な行動が懸念されています。

アフガニスタンからの出国に対して容認しているタリバンが、態度を変え過激な行動をとりだすと地政学リスクが高まると思われます。

 

また、株価下落に関しては、中国リスクによるものとコロナ感染拡大による景気後退懸念の2つがあると思います。

東京・アジア時間は中国株価指数(上海総合指数やハンセン指数)に注目、欧米時間は欧米の株価指数に注目しておきたいと思います。

 

 

 

2)米金利

 

本日早朝に米国で3.5兆ドルの予算決議が下院で可決と報じられました。

予算拡大による米金利上昇が注目されます。

米金利が大きく上昇した場合、米ドル買いが進むのではないかと予想しています。

 

また、明日からのジャクソンホール・シンポジウムに期待感が高まっているのか、米金利が上昇する可能性も考えています。

5年債入札も予定されており、米金利が動く可能性があるので注意しておきたいと思います。

 

 

 

 

◎本日のイベントスケジュール

 

 

8月25日(水曜日)

 

17:00 EUR ドイツIFO景況指数

17:30 EUR デギントスECB副総裁発言

21:00 MXN メキシコ4~6月期GDP(確定値)

21:30 USD 米耐久財受注

23:30 USD 原油在庫量

 

 

8月26日(木曜日)

 

02:00 USD 米5年債入札

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

国内唯一のFX月刊誌「FX攻略 .com」で長期にわたり連載していたコラムをまとめた電子書籍が発売されました。

コラムでは書かれていなかった内容も追記しています。

 

・電子書籍の詳細はこちら|Kindleストア

amzn.to/2P6DuJy

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

岡ちゃんマンおススメ分析ツール

TradingView

数多くの通貨ペア、商品、債権、株価指数など取り扱っており、様々な分析が出来るプラットフォームです。

為替・株式・債券・商品など各マーケットは相関性があり、各マーケットを見比べることはトレードにとってプラスになります。

1枚のチャートに為替と株価指数や、為替と商品などを重ねて表示できるのは比較するときにとても便利です。

多くの機能は無料で使えるので試しに使ってみてはいかがでしょう!

 

SNS機能も付いているので、是非フォローしていただけたらと思います↓↓↓

https://jp.tradingview.com/u/okachanman/

 

 

 

RECOMMEND