ヘッドラインと要人発言に注目の1週間! ~11月11日週の注目点とイベントスケジュール~

TOP > 注目点とイベントスケジュール > ヘッドラインと要人発言に注目の1週間! ~11月11日週の注目点とイベントスケジュール~

2019年11月10日

ヘッドラインと要人発言に注目の1週間! ~11月11日週の注目点とイベントスケジュール~

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

先週は、英国中銀政策金利発表で9名中2名が利下げ票を投じるというサプライズがありました。

予想は9名全員一致で据え置き、もしかしたら1票くらいは利下げ票があるかもしれないなという感じだったので、発表後にポンドは大きく売られました。

ただ英国は、EUからの離脱、その前に総選挙を控えていることから不透明感が強く、英国中銀も動きづらい状況ではないかと思われポンドの下落は限定的でした。

ポンドの行方は、総選挙次第という状況かと思われます。

 

また、マーケット全体の最大の関心は米中協議の行方です。

ヘッドラインが相場を動かす状況が続いています。

 

◎今週の注目点

 

1)要人発言

 

今週は、パウエルFRB議長の議会証言をはじめ、FOMCメンバーの要人発言が多数予定されています。

 

12月FOMCでは据え置きが有力となっています。

このまま、12月は据え置きでいくのか!?

また、来年は利下げ方向なのか!?

それとも、来年は利上げ方向に動くのか!?

要人発言に注目です。

 

FOMCでは、地区連銀総裁投票権が年ごとに持ち回りとなっています。

今年投票権を持っている地区連銀総裁は12月のFOMCで投票権が終わり、来年からは別の地区連銀総裁が投票権を持つようになります。

来年のFOMCの行方を確認するためには、来年の投票権を持つメンバーに注目する必要があります。

来年のと表表見を持つメンバーは以下の通りです。

 

FRB議長、FRB副議長、FRB理事、ニューヨーク連銀総裁は常任で投票権を持っています。

2019年投票権

・シカゴ連銀総裁

・セントルイス連銀総裁

・カンザスシティ連銀総裁

・ボストン連銀総裁

 

2020年投票権

・フィラデルフィア連銀総裁

・クリーブランド連銀総裁

・ミネアポリス連銀総裁

・ダラス連銀総裁

 

 

その他、欧州やオセアニア、カナダなどの要人発言も予定されているので、こちらも注目です。

 

 

 

2)米中協議

 

先週、米中協議合意の期待感でマーケットは振り回される展開でした。

今週も引き続き米中協議に関するヘッドラインに振り回される展開となりそうです。

 

米国内で、部分合意や関税撤廃などを進めたいと思っている人たちと、関税を撤廃すると中国との交渉カードがなくなるので部分合意などに反対している人たちがいるようです。

トランプ大統領がどちらの考えかは謎ですが・・・

 

中国は、この状況で自分たちに有利になるように、また、米国が弱腰とみて強気に攻めてきているように見えます。

 

中国が強気の状況を、トランプ大統領がどこまで許せるのかにも注目です。

今週はヘッドラインに注目です。

 

 

 

3)英選挙戦

 

英国では、選挙戦がスタートしています。

与党保守党がリードしていることは変わりないのですが、思ったよりも支持率を伸ばせない状況です。

 

ボリス・ジョンソン首相は、議会で保守党が過半数を握っていないことからEUとの離脱合意案の議会承認を得ることが出来ませんでした。

解散総選挙をして、過半数を保守党が握り離脱合意案の議会承認を得ようと考えていたのですが、現在の状況では過半数は難しく、解散総選挙に前の状況に近い状態になりそうです。

 

ハングパーラメント(どの政党も過半数議席を持たない状態)になると、EUとの離脱が不透明となり、再度合意なき離脱の可能性が出てきます。

与党保守党が過半数を握ることが出来るのか!?

選挙戦の世論調査、支持率に注目です。

 

 

 

4)ニュージーランド政策金利

 

今回ニュージーランドは0.25%の利下げが予想されています。

政策金利の発表と同時に声明文が発表、1時間後に記者会見が予定されています。

 

継続利下げがあるのか!?

景気見通しは!?

緩和政策はあるのか!?

 

などに注目です。

緩和・利下げなどが無いようであれば、NZDの底が見えてくるかもしれません。

 

 

5)その他リスク要因

 

・Brexit関連と英国総選挙の支持率

・イタリアやフランスの予算案問題

・米中関係

・香港デモ

・北朝鮮ミサイル問題

・IS(イスラム国)

・米対イラン

・欧州(NATO)対イラン

・トランプ弾劾問題

・トルコと難民問題

 

 

 

 

◎今週のイベントスケジュール

 

 

11月11日(月曜日)

 

08:50 JPY 日銀金融政策決定会合における主な意見

16:00 NOK ノルウェーCPI(消費者物価指数)

18:30 GBP 英GDP

22:15 USD ローゼングレン・ボストン連銀総裁発言(2019年投票権)

 

 

11月12日(火曜日)

 

09:30 AUD NAB企業信頼感指数

11:30 NZD NZ予想インフレ率

16:00 NOK ノルウェーGDP

17:00 EUR クーレECB専務理事発言

18:30 GBP 雇用者数・失業率・平均賃金

19:00 EUR ドイツZEW景況感指数

19:00 EUR ユーロ圏ZEW景況感指数

 

 

11月13日(水曜日)

 

米トルコ首脳会談(ワシントン)

 

02:55 USD ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁発言(2020年投票権)

08:30 AUD Westpac消費者信頼感指数

10:00 NZD RBNZ政策金利・声明文発表

11:00 NZD オアRBNZ総裁記者会見

16:00 EUR ドイツHICP(消費者物価指数)

17:30 SEK スウェーデンCPI(消費者物価指数)

18:30 GBP 英CPI(消費者物価指数)

22:30 USD 米CPI(消費者物価指数)

 

 

11月14日(木曜日)

 

01:00 USD パウエルFRB議長議会証言

03:30 USD カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁発言(2020年投票権)

04:10 NZD オアRBNZ総裁発言

08:50 JPY 国内総生産

09:30 AUD 雇用者数増減・失業率

11:00 CNY 中国鉱工業生産

16:00 EUR ドイツGDP

16:45 EUR フランスHICP(消費者物価指数)

17:00 EUR スペインHICP(消費者物価指数)

18:30 GBP 英小売売上高

18:45 EUR デギントスECB副総裁発言

19:00 EUR ユーロ圏雇用者数増減・GDP

19:30 USD クウォールズFRB副議長発言

23:00 EUR クノット・オランダ中銀総裁発言

23:00 USD クラリダFRB副議長発言

23:10 USD エバンス・シカゴ連銀総裁発言発言(2019年投票権)

 

 

11月15日(金曜日)

 

00:00 USD パウエルFRB議長議会証言

01:00 USD 原油在庫量

01:45 USD デイリー・サンフランシスコ連銀総裁発言

02:00 USD ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁発言

02:20 USD ブラード・セントルイス連銀総裁発言(2019年投票権)

02:30 CHF メクラーSNB理事発言

04:00 MXN メキシコ政策金利発表

06:30 NZD NZ製造業PMI

11:15 AUD デベルRBA総裁補佐発言

11:45 CAD ポロズBOC総裁発言

16:00 TRY トルコ失業率

17:00 EUR メルシュECB理事発言

19:00 EUR イタリアHICP(消費者物価指数)

19:00 EUR ユーロ圏HICP(消費者物価指数)

22:30 USD 米小売売上高

 

 

11月16日(土曜日)

 

03:00 USD ベイカーヒューズ社リグカウント

 

 

 

 

RECOMMEND