リスクオフ相場は継続か!? 「10月27日の注目点とイベントスケジュール」

TOP > 注目点とイベントスケジュール > リスクオフ相場は継続か!? 「10月27日の注目点とイベントスケジュール」

2020年10月27日

リスクオフ相場は継続か!? 「10月27日の注目点とイベントスケジュール」

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

トルコがロシア・米国・フランス・ギリシャなど、周辺国と揉めている状況でトルコリラは下落を続けています。

対ドルでは1ドル=8リラの節目を抜け、対円では1リラ=13円の節目を割り込み、対ドル・対円ともに各最安を更新しています。

トルコリラはまだまだ下落していきそうな雰囲気になっています。

 

欧米やオセアニアなど主要通貨に対しては、大統領選挙前で動きづらい状況に加えて、経済指標や要人発言がない事もあり方向感なく動けない状況です。

 

◎本日の注目点

 

1)離脱協議

 

28日までEUと英国の離脱協議が継続されているので、ヘッドラインに注目です。

離脱協議について期待感が高まる中、一部報道として「ジョンソン英首相が米大統領選挙の結果が出るまでは、交渉を引き延ばす」とも報じられており、不透明感が出てきています。

離脱協議に関するヘッドラインでポンドやユーロが動く展開が続くと思われます。

 

 

 

2)リスクオフ要因

 

昨日は欧州のコロナ感染拡大や、米国のコロナ感染拡大から経済への影響懸念から株価が下落しています。

欧州ではコロナ感染拡大による外出制限やロックダウンなどの懸念から景況感が悪化していることも株価下落の要因となっています。

また米国では追加景気対策案の合意期待が後退したことも株価下落の追い風となっています。

 

その他リスクオフ要因として、中国による米企業に対する制裁発言など米中対立の悪化が懸念されています。

経済指標や要人発言も少ないことからリスクオフ要因に反応しやすい状況となりそうです。

 

 

 

◎本日のイベントスケジュール

 

 

10月27日(火曜日)

 

06:45 NZD NZ貿易収支

15:00 AUD ブロックRBA総裁補佐発言

18:00 EUR ユーロ圏マネーサプライ

21:30 USD 米耐久性受注

23:00 USD 米消費者信頼感指数

 

 

 

 

 

 

岡ちゃんマンおススメ分析ツール

TradingView

数多くの通貨ペア、商品、債権、株価指数など取り扱っており、様々な分析が出来るプラットフォームです。

為替・株式・債券・商品など各マーケットは相関性があり、各マーケットを見比べることはトレードにとってプラスになります。

1枚のチャートに為替と株価指数や、為替と商品などを重ねて表示できるのは比較するときにとても便利です。

多くの機能は無料で使えるので試しに使ってみてはいかがでしょう!

 

SNS機能も付いているので、是非フォローしていただけたらと思います↓↓↓

https://jp.tradingview.com/u/okachanman/

 

 

 

RECOMMEND