リスク要因と豪英指標、パウエルFRB議長の発言に注目! 「8月17日の注目点とイベントスケジュール」

TOP > 注目点とイベントスケジュール > リスク要因と豪英指標、パウエルFRB議長の発言に注目! 「8月17日の注目点とイベントスケジュール」

2021年8月17日

リスク要因と豪英指標、パウエルFRB議長の発言に注目! 「8月17日の注目点とイベントスケジュール」

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

昨日はタリバンによるアフガニスタン進攻、ガニ大統領は国外退去しタリバンがアフガニスタンを掌握したことにより、地政学リスクが高まりマーケットはリスクオフに傾きました。

世界的に株価は下落しましたが、米株は引けにかけて上昇しプラテンで取引を終了しています。

 

バイデン大統領が米軍のアフガニスタン撤退の方針に変わりがない事を発表したことで、軍事衝突の可能性が低下したからなのか、リスクオフは少し緩んだようにも感じます。

本日は、昨日のリスクオフの流れが長期的なものになるのか、一過性で終わるものなのか、注目の1日となりそうです。

 

また、RBA理事会議事要旨や英雇用統計など、重要イベントもあるので要注目です。

 

◎本日の注目点

 

1)RBA理事会議事要旨

 

RBAは追加緩和するのか注目されていて、議事要旨で追加緩和について議論されたか注目されています。

7月のRBA理事会で週50億ドルから週40億豪ドルに量的緩和の縮小が発表(9月以降分)されましたが、その後のコロナ感染拡大状況から追加緩和の可能性が注目されるようになりました。

8月の理事会では追加緩和が発表されるのではないかと注目されていましたが、現状維持が発表され、9月以降は週50億豪ドルから週40億豪ドルに減額されることになっています。

8月の理事会で9月以降の量的緩和の減額撤回が全く議論されなかったのか、それとも撤回が議論されたのか、議事要旨の内容に注目です。

量的緩和の減額撤回が議論され、今後撤回の可能性が出てくるようであれば豪ドル売りが進む可能性があるので注目です。

 

 

 

2)英雇用統計

 

コロナ禍でベース効果から物価上昇はどの国でも起きていて、中央銀行は雇用指標を重要視しています。

そのことから雇用に関する指標に注目が集まっています。

 

英国ではワクチン接種が進み、段階的に規制を解除し経済再開してきました。

6月中旬で規制はすべて解除していることから失業者も減ってきているのではないかと期待されて、どこまで失業率が低下しているか注目です。

 

 

 

3)パウエルFRB議長発言

 

本日はパウエルFRB議長の発言(タウンミーティング・意見交換会)が予定されており、ジャクソンホール・シンポジウムに向けて引き締めに対するヒントが出てこないか注目しています。

月初めの雇用統計では強い結果が出てきたことで、引き締め期待が高まっていましたが、先週末に発表されたミシガン大学消費者信頼感指数や、昨日発表されたNY連銀製造業景況指数が予想を下回ったことで引き締め期待は後退したのか、パウエルFRB議長の発言に注目が集まっています。

発言を受けて、米金利が上昇するかも併せて注目です。

 

 

 

4)リスク要因

 

週末にタリバンがアフガニスタン進攻・掌握したことで地政学リスクが高まり、リスクオフ相場となっています。

ただ、バイデン大統領は自国民や在留職員の出国のために米軍を派遣するとは言っていますが、アフガニスタンからの米軍撤退に変更はないと発言しています。

タリバンと欧米諸国との軍事衝突に突入するのか、英国や国連の動向に注目しながら、リスクオフの流れが続くのか注目したいと思います。

 

その他、現在注目されているリスク要因は以下の通りです。

 

・デルタ株によるコロナ感染拡大と感染拡大による規制

・米国の債務上限問題

・米中リスク

・イスラエル、イランなど中東リスク

・エルドアン大統領による中銀更迭リスクと更迭によるリラ安リスク

 

 

 

◎本日のイベントスケジュール

 

 

8月17日(火曜日)

 

10:30 AUD RBA理事会議事要旨(8月3日分)

15:00 GBP 英雇用統計・失業率・平均所得・失業保険申請件数

18:00 EUR ユーロ圏4~6月期GDP(改定値)

21:30 USD 米小売売上高

 

 

8月18日(水曜日)

 

02:30 USD パウエルFRB議長発言

04:45 USD カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁発言

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

国内唯一のFX月刊誌「FX攻略 .com」で長期にわたり連載していたコラムをまとめた電子書籍が発売されました。

コラムでは書かれていなかった内容も追記しています。

 

・電子書籍の詳細はこちら|Kindleストア

amzn.to/2P6DuJy

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

岡ちゃんマンおススメ分析ツール

TradingView

数多くの通貨ペア、商品、債権、株価指数など取り扱っており、様々な分析が出来るプラットフォームです。

為替・株式・債券・商品など各マーケットは相関性があり、各マーケットを見比べることはトレードにとってプラスになります。

1枚のチャートに為替と株価指数や、為替と商品などを重ねて表示できるのは比較するときにとても便利です。

多くの機能は無料で使えるので試しに使ってみてはいかがでしょう!

 

SNS機能も付いているので、是非フォローしていただけたらと思います↓↓↓

https://jp.tradingview.com/u/okachanman/

 

 

 

RECOMMEND