半期に一度のパウエルFRB議長の議会証言に注目! 「2月10日週の注目点とイベントスケジュール」

TOP > 注目点とイベントスケジュール > 半期に一度のパウエルFRB議長の議会証言に注目! 「2月10日週の注目点とイベントスケジュール」

2020年2月9日

半期に一度のパウエルFRB議長の議会証言に注目! 「2月10日週の注目点とイベントスケジュール」

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

先週は、新型コロナウイルスの影響でリスクオフになったマーケットは巻き戻り、株価は上昇、為替はクロス円・クロスフランが売り戻される状況となりました。

週末金曜日に若干リスクが再燃となったものの、新型コロナウイルスの影響によるリスクオフは沈静化しつつあります。

ただ、新型コロナウイルス自体が落ち着いたわけではないので、影響が長引くような情報が出てきたり、感染拡大による経済への影響範囲が拡大したりするとリスクオフが再燃するのではないかと思われます。

 

その他にEUから離脱した英国の動向にも注目が集まっています。

英国とEUのFTA交渉がうまくいくのかに注目が集まり、今のところFTA交渉はまとまらずに英国が今年の年末に離脱するのではないかと懸念され、ポンドが売られる状況が続いています。

 

◎今週の注目点

 

1)新型コロナウイルス

 

依然、新型コロナウイルスは感染地域と感染者数を拡大し続けています。

新型コロナウイルスの感染拡大については一旦織り込んだのですが、再度リスク要因として注目されています。

中国では、工場再開のめどが立たず部品供給に困る企業や、そもそも中国の工場が再開できずに収益見通しを下方修正する企業が多数出てきています。

 

先週、せっかく戻した株価も金曜日には、若干下落で終えています。

今週も株価の状況が為替に影響すると思われ、株式市場の動向に注目が集まると思われます。

 

 

 

2)パウエルFRB議長の議会証言

 

今週はパウエルFRB議長による半期に一度の議会証言が予定されています。

注目点は以下の5点です。

 

新型コロナウイルスの影響

新型コロナウイルスの影響による経済状況・景気見通しがどこまで下方修正されるのか、また、FRBとしてどのように見通しているのかに注目が集まると思います。

 

FRBの利下げ見通し

先日のFOMCでは据え置き、年内据え置きで昨年の利下げによる影響を確認するとしていましたが、金利市場では年内1回の利下げを織り込むような動きが見られます。

議会証言で、パウエルFRB議長がこの辺りについて触れるのか注目しています。

 

隠れQEについて

昨年秋の短期金利市場利回り急騰から資金供給を続け、マーケットでは隠れQEなどといわれています。

2017年から開始した引き締め政策(バランスシートの縮小)で縮小したFRBの資産も、また縮小前の水準まで拡大してしまいました。

この資金供給をいつまで続け、その影響となどについてどのように考えているのかに注目しています。

 

経済見通し

上記を総合して景気・経済見通しをどのように見ているのか、どのような点にFRBは注目しているのか、何を指針としているのかなどに注目しています。

 

大統領選挙について

触れるかどうかはわかりませんが、大統領選挙について何か触れないか注目しています。

 

 

 

3)その他経済指標・要人発言

 

以下の通り、今週も重要指標や要人発言が多数予定されています。

今週は重要指標や要人発言などが多数あり、トレンドの転換点になるものが出てくるのではないかと注目しています。

 

中でも、注目しているのはRBNZ政策金利発表です。

RBAは据え置き、追加利下げについてもリスクとメリットを検討と必要に迫られない限り利下げには消極的な内容でした。

地政学的に似たNZがどのような判断を下すのか、また声明文や記者会見がどのような内容になるのか注目しています。

 

また、要人発言では上記パウエルFRB議長の議会証言以外にも、各中銀総裁や中銀関係者の発言が多数予定されています。

各中銀のスタンスを確認するためにも、発言内容を注視しています。

 

 

 

◎今週のイベントスケジュール

 

 

2月10日(月曜日)

 

10:30 CNY 中国CPI(消費者物価指数)

16:00 NOK ノルウェーCPI(消費者物価指数)

16:30 CHF スイスCPI(消費者物価指数)

22:15 USD ボウマンFRB理事発言

22:15 CAD 住宅着工件数

22:30 CAD 建築許可件数

 

 

2月11日(火曜日)

 

大統領候補者予備選(ニューハンプシャー州)

 

03:45 USD デイリー・サンフランシスコ連銀総裁発言(2021年投票権)

05:15 USD ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁発言(2020年投票権)

09:30 AUD 豪NAB企業信頼感指数・住宅ローン

14:00 SEK スウェーデン失業率

18:30 GBP 英GDP

23:00 EUR ラガルドECB総裁発言

 

 

2月12日(水曜日)

 

00:00 USD パウエルFRB議長発言(半期に一度の下院議会証言)

02:00 GBP ハスケルBOE外部理事発言

02:15 USD クウォールズFRB副議長発言

03:30 USD ブラード・セントルイス連銀総裁発言(2022年投票権)

04:15 USD カシュカリ・ミネアポリス連銀発言(2020年投票権)

08:30 AUD Westpac消費者信頼感指数

10:00 NZD RBNZ政策金利・声明文発表

11:00 NZD オアRBNZ総裁記者会見

17:30 SEK スウェーデン政策金利発表

22:30 USD ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁発言(2020年投票権)

 

 

2月13日(木曜日)

 

00:00 USD パウエルFRB議長発言(半期に一度の上院議会証言)

00:30 USD 原油在庫量

04:00 USD 月次財政収支

04:10 NZD オアRBNZ総裁発言

09:15 CAD ポロズBOC総裁発言

09:15 AUD ロウRBA総裁発言

16:00 TRY トルコ小売売上高

16:00 EUR ドイツHICP(消費者物価指数)

17:30 EUR デコス・スペイン中銀総裁発言

22:30 USD 米CPI(消費者物価指数)

 

 

2月14日(金曜日)

 

04:00 MXN メキシコ政策金利発表

06:30 NZD NZ製造業PMI

16:00 EUR ドイツGDP

17:00 EUR スペインHICP(消費者物価指数)

19:00 EUR ユーロ圏GDP

19:00 JPY 雨宮日銀副総裁発言

22:30 USD 米小売売上高

23:15 USD 米鉱工業生産

 

 

2月15日(土曜日)

 

00:00 USD ミシガン大学消費者信頼感指数

01:45 USD メスター・クリーブランド連銀総裁発言(2020年・2022年投票権)

03:00 USD ベイカーヒューズ社リグカウント数

 

 

 

 

 

岡ちゃんマンおススメ分析ツール

TradingView

数多くの通貨ペア、商品、債権、株価指数など取り扱っており、様々な分析が出来るプラットフォームです。

為替・株式・債券・商品など各マーケットは相関性があり、各マーケットを見比べることはトレードにとってプラスになります。

1枚のチャートに為替と株価指数や、為替と商品などを重ねて表示できるのは比較するときにとても便利です。

多くの機能は無料で使えるので試しに使ってみてはいかがでしょう!

 

SNS機能も付いているので、是非フォローしていただけたらと思います↓↓↓

https://jp.tradingview.com/u/okachanman/

 

 

 

RECOMMEND