夏休み前の月末週、中国リスクに要注意! 「7月27日週の注目点とイベントスケジュール」

TOP > 注目点とイベントスケジュール > 夏休み前の月末週、中国リスクに要注意! 「7月27日週の注目点とイベントスケジュール」

2020年7月26日

夏休み前の月末週、中国リスクに要注意! 「7月27日週の注目点とイベントスケジュール」

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

明日東京市場は4連休明けで、東京市場の動きが気になります。

 

また、今週で7月が終わり、来週から8月ということで本格的に夏休みに入ると思われ、閑散相場が予想されます。

取引利用が減ってきているときに、夏休み前のポジション調整、月末要因としての値動きが出てくると、いつも以上に過剰に反応することがあるので要注意。

 

あと、取引量が少なくなると懸念されるのがフラッシュクラッシュです。

こちらも気を付けたいと思います。

 

 

◎今週の注目点

 

1)FOMC

 

今週のFOMCは据え置きが予想されており、注目は量的緩和の動向です。

量的緩和を維持していくと思われますが、いつまで緩和を続けるのか、さらに追加緩和があるのか注目です。

FRBの資産は7兆ドルを超えており、量的緩和を拡大するのか縮小するのか、いつまで続けるのか、記者会見に注目です。

 

また、毎回否定されていますが、YCC(イールドカーブ・コントロール)の導入についてです。

YCC(イールドカーブ・コントロール)の導入はないと思いますが、何人の理事が賛成するのか、議論されたのかに注目。

 

ドル安が進んでいる状況で、FOMCの発表がドル安の追い風となるのか、ドル安を食い止めることになるのか注目です。

 

 

 

2)ユーロ圏

 

先週、コロナ復興基金が成立し、欧州各国の製造業・サービス業・総合PMIの結果も予想以上の結果が出てきています。

ユーロの重しとなっていた復興基金が成立したことで、ユーロは買われやすい状況。

そのうえで、今週発表されるHICP(消費者物価指数)やGDP、失業率などの経済データが強い結果が出てくるようであれば、さらなるユーロの上昇につながるのではないかと注目しています。

 

 

 

3)中国関連

 

フランスは5G関連からファーウェイを排除、欧州も中国に対し批判的な姿勢に変わってきています。

英国や豪州、カナダなど先進国を中心に、中国包囲網が進んでいます。

特に注目しているのが、米中双方で領事館の閉鎖など外交問題まで発展しているところです。

今後、中国からの反発、外交問題の発展などリスクオフ要因が進まないか注目です。

 

 

 

 

◎今週イベントスケジュール

 

 

7月27日(月曜日)

 

米IT大手4社「GAFA」の最高経営責任者(CEO)が議会証言

 

08:50 JPY 日銀金融政策決定会合における主な意見

09:00 AUD ケントRBA総裁補佐発言

17:00 EUR ドイツIFO景況感指数

21:30 USD 米耐久財受注

 

 

7月28日(火曜日)

 

09:00 AUD ケントRBA総裁補佐発言

23:00 USD 米消費者信頼感指数

 

 

7月29日(水曜日)

 

10:30 AUD 豪CPI(消費者物価指数)

15:45 EUR フランス消費者信頼感指数

16:00 SEK スウェーデン消費者信頼感

17:30 HKD 香港四半期GDP

20:00 MXN メキシコ失業率

23:00 USD 中古住宅販売保留

23:30 USD 原油在庫量

 

 

7月30日(木曜日)

 

03:00 USD FOMC政策金利発表

03:30 USD パウエルFRB議長記者会見

10:00 NZD NBNZ企業景況感

15:00 GBP 英国住宅価格指数

16:00 EUR スペインHICP(消費者物価指数)

16:55 EUR ドイツ失業率

17:00 EUR ドイツ四半期GDP

18:00 EUR ユーロ圏消費者信頼感指数

20:00 MXN メキシコGDP

21:00 EUR ドイツHICP(消費者物価指数)

21:30 USD 米GDP(4~6月期)(速報値)

 

 

7月31日(金曜日)

 

08:30 JPY 日本失業率

10:00 CNY 中国製造業・非製造業・総合PMI

14:30 EUR フランスGDP

15:00 EUR ドイツ小売売上高

15:45 EUR フランスHICP(消費者物価指数)

16:00 EUR スペインGDP

17:00 EUR イタリアGDP

18:00 EUR イタリアHICP(消費者物価指数)

18:00 EUR ユーロ圏HICP(消費者物価指数)・GDP

21:30 USD 米PCEデフレーター

21:30 CAD カナダGDP

22:45 USD シカゴPMI

23:00 USD ミシガン大学消費者信頼感指数

 

 

8月1日(土曜日)

 

02:00 USD ベイカーヒューズ社リグカウント

 

 

 

 

 

 

 

 

 

岡ちゃんマンおススメ分析ツール

TradingView

数多くの通貨ペア、商品、債権、株価指数など取り扱っており、様々な分析が出来るプラットフォームです。

為替・株式・債券・商品など各マーケットは相関性があり、各マーケットを見比べることはトレードにとってプラスになります。

1枚のチャートに為替と株価指数や、為替と商品などを重ねて表示できるのは比較するときにとても便利です。

多くの機能は無料で使えるので試しに使ってみてはいかがでしょう!

 

SNS機能も付いているので、是非フォローしていただけたらと思います↓↓↓

https://jp.tradingview.com/u/okachanman/

 

 

 

RECOMMEND