いにしえ流 FXブログ

よく読まれてる記事Popularity

大幅ドル安は続くのか!? パウエル発言に注目! ~1月10日の注目点とスケジュール~

 

昨日はFOMC議事録を控えて小動きでしたが、NY市場に突入してFOMCメンバーの発言がハト派ばかりだったことから大幅ドル安が進行しました。 その後のFOMC議事録の内容もハト派であったことから、ドル安進行を手助けしました。

 

◎本日の注目点

 

 

1)ECB理事会議事要旨

 

昨日は大幅なドル安が進んだことで、ユーロ高が進みました。 ユーロドルは4か月ぶりの高値まで上昇しました。

本日は、ECB理事会議事要旨の発表です。 多少の景気後退は織り込んでいると思います。 ただ、思った以上の景気後退や、年後半の利上げ観測後退などが出てくるとユーロ売りに傾くのではないかと思います。

 

 

 

2)パウエルFRB議長と要人発言

 

昨日のFOMCメンバーの相次ぐハト発言で、米ドルは大幅安となりました。 そこに追い打ちをかけるように、ハト派な内容のFOMC議事録が公表されました。

本日は、パウエルFRB議長の発言を筆頭にFOMCメンバーの発言が予定されています。 ハト派な内容が続くのか、それともタカ派な内容が出てくるのか注目です。

 

 

 

3)米予算案と通商協議

 

米中通商協議は1日遅れで終了。 本日午前中に声明が出るとの事。 内容に問題がなければリスク後退となりそうです。 

ただ、段々とリスク要因として大きくなってきているのが、米予算と政府一部機関の閉鎖です。 今朝、トランプ大統領と民主党の上下院議員との会談を、時間の無駄として退席してしまいました。このまま閉鎖期間が長くなれば経済損失も大きくなってきます。 また、格下げ懸念も出てきます。 米予算に注目です。

 

 

 

4)Brexit案、英議会採決

 

英国議会では、来週の採決に向けて審議が進んでいます。 修正案について採決が進んでいますが、メイ首相は綱渡りのようにギリギリの状態です。 ポンドは、Brexit案について日々情報が出てくるので、ヘッドラインで大きく動くようになってきています。 要注目です。

 

 

 

 

◎本日のイベントスケジュール

 

 

1月10日(木曜日)

 

09:30 JPY 黒田日銀総裁発言

10:30 CNY CPI(消費者物価指数)

16:00 NOK CPI(消費者物価指数)

17:30 SEK 鉱工業生産

21:30 EUR ECB理事会議事要旨

22:35 USD バーキン・リッチモンド連銀総裁発言

 

1月11日(金曜日)

 

02:00 USD パウエルFRB議長発言

02:30 EUR ビルロワ・フランス中銀総裁発言

02:40 USD ブラード・セントルイス連銀総裁発言

03:00 USD エバンズ・シカゴ連銀総裁発言

03:00 USD 30年債入札

03:20 USD カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁発言

06:45 NZD 建築許可件数

07:30 USD クラリダFRB副議長発言

09:30 AUD 小売売上高

 

 

 

 

 

 

◎週間スケジュール

 

 

先週末の米株上昇の流れを引き継げるか!? 東京市場本格スタート! ~1月7日の注目点とスケジュール~

 

 

 

 


コメントを残す