対中包囲網はどこまで進むのか!? 「6月1日の注目点とイベントスケジュール」

TOP > 注目点とイベントスケジュール > 対中包囲網はどこまで進むのか!? 「6月1日の注目点とイベントスケジュール」

2020年6月1日

対中包囲網はどこまで進むのか!? 「6月1日の注目点とイベントスケジュール」

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

昨日、イーロン・マスク氏のスペースX社が有人ロケット打ち上げに成功、宇宙ステーションに到着、民間企業が宇宙へ行く時代になったと感激。

宇宙旅行が当たり前になる時代が来るのか、今後に期待が集まります。

 

先週は中国全人代で香港国家安全法を成立させたことで、欧米英を中心に中国批判が続き、米中対立の悪化がマーケットの中心になりました。

米中対立は今週もマーケットの中心になりそうです。

 

 

◎本日の注目点

 

1)対中関係

 

香港国家安全法を成立させたことで、中国包囲網が注目されています。

先週末トランプ大統領は記者会見で香港に対する優遇措置を撤回するなど発表、英国は一部香港人の受け入れを発表、台湾も香港からの受け入れをサポートすると発表するなど、次々と香港に対する制裁・対応を発表しています。

これに対する中国の反応と、世界各国の反応、それに対するマーケットの反応に注目です。

 

 

 

2)製造業PMI

 

中国・欧州・英国・米国で製造業PMIが発表され、特に米国のISM製造業景況指数に注目が集まります。

中国財新製造業PMIは予想が「49.6」と好不況の分岐点「50」に微妙に足りない状況で、「50」を超えることが出来るかどうか注目されています。

 

欧州・英国の製造業PMIは、先月末に発表された結果に対する改定値なので、予想から大きく乖離しない可能性が高く反応は限定的かと思います。

結果が大きく乖離した場合は反応する可能性もありますが...

 

そして注目のISM製造業景況指数ですが、ロックダウンから回復するかどうかのタイミングのデータで、米経済がどこまで回復するか注目されています。

予想の「43.0」を上回るのか、下回るのかに注目、また先月4月の「41.5」を下回らないかにも注目です。

 

 

◎本日のイベントスケジュール

 

6月1日(月曜日)

 

10:45 CNY 財新製造業PMI

16:45 EUR イタリア製造業PMI(改定値)

16:50 EUR フランス製造業PMI(改定値)

16:55 EUR ドイツ製造業PMI(改定値)

17:00 EUR ユーロ圏製造業PMI(改定値)

17:30 GBP 英製造業PMI(改定値)

20:00 TRY トルコ金融政策決定会合議事要旨

23:00 USD ISM製造業景況指数

 

 

 

 

 

岡ちゃんマンおススメ分析ツール

TradingView

数多くの通貨ペア、商品、債権、株価指数など取り扱っており、様々な分析が出来るプラットフォームです。

為替・株式・債券・商品など各マーケットは相関性があり、各マーケットを見比べることはトレードにとってプラスになります。

1枚のチャートに為替と株価指数や、為替と商品などを重ねて表示できるのは比較するときにとても便利です。

多くの機能は無料で使えるので試しに使ってみてはいかがでしょう!

 

SNS機能も付いているので、是非フォローしていただけたらと思います↓↓↓

https://jp.tradingview.com/u/okachanman/

 

 

 

 

RECOMMEND