感謝祭前日で米指標ラッシュ! 「11月24日の注目点とイベントスケジュール」

TOP > 注目点とイベントスケジュール > 感謝祭前日で米指標ラッシュ! 「11月24日の注目点とイベントスケジュール」

2021年11月24日

感謝祭前日で米指標ラッシュ! 「11月24日の注目点とイベントスケジュール」

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

昨日はクラッシュというほどではありませんが、トルコリラの下落が注目されました。

リラ円10円を割り込むと下落が加速、売りが売りを呼ぶ展開となりリラ円8.50円まで下落しました。

 

また、原油価格を巡る対立も見えてきました。

世界的に燃料資源価格の上昇が物価上昇に繋がっていることから、日米中は戦略石油備蓄を放出することで原油価格を安定させようとしています。

対して主要産油国が集まるOPECプラスは、石油備蓄を放出をするのであれば増産計画を見直すと発言し原油価格の上昇に繋がっています。

 

本日もトルコリラや原油価格から目が離せない1日となりそうです。

また、本日は米国感謝祭の前日いうことで、ポジション調整の動きなどが出てくる可能性があるので注意しておきたいと思います。

 

◎本日の注目点

 

1)RBNZ理事会

 

注目度:高い

織り込み度:0.25%利上げを7割織り込み済み

バイアス:NZドルやや買いバイアス

 

ポイント:来年の利上げ回数とインフレ見通し

 

RBNZ(ニュージーランド準備銀行)は10月6日の理事会で利上げを発表し、コロナ後の世界的緩和政策から一早く利上げに踏み切りました。

そのRBNZは先週2年先期待インフレを目標2%に対して大きく上回る2.96%を発表し、利上げ期待が高まる結果となっています。

今回の理事会で追加利上げをするのか注目です。

 

また、来年の利上げ期待について声明文や記者会見でヒント探しも注目です。

 

 

 

2)FOMC議事要旨・米指標

 

先日のFOMCでテーパリングを、国債買い入れ100億ドル、MBS(住宅ローン担保証券)50億ドル、合計150億ドルづつ減らしていくと発表しました。

FRBのQEは1200億ドル(国債800億ドル、MBS400億ドル)なので、11月から始めると6月にテーパリングが完了する予定です。

FOMC議事要旨から、今回の決定よりもタカ派の議論がされてなかったのか、利上げの前倒しやテーパリングのスピードアップなどが議論されてなかったのか内容に注目しています。

パウエルFRB議長が再任指名され、米金利が上昇し、ドル買いが出てきている状況なので、タカ派な内容が議論されていたとなると、利上げの前倒し期待に繋がり、米金利上昇・米ドル買いで反応しそうです。

 

また、本日は感謝祭前ということで米国指標がまとめて発表されます。

耐久財受注や失業保険申請件数、GDP改定値、ミシガン大学消費者信頼感指数、新築住宅販売戸数、PCEデフレーターなどが予定されていて、どの指標も予想と結果が大きく乖離した場合は大きな値動きに繋がる可能性があるので要注意です。

 

また、中でもPCEデフレーターには注目しています。

PCEデフレーターはFRBがCPI(消費者物価指数)よりも注目しているといった経済指標です。

個人の消費に、より注目した物価指標です。

PCEデフレーターは、6月は前年比+4.0%、7月は+4.2%、8月は+4.2%、そして9月には+4.4%まで上昇してきており、右肩上がりで物価が上昇してきている状況です。

FRBは物価の上昇は一時的と説明しているにもかかわらず、PCEデフレーターの結果を見る限りでは物価の上昇は継続している状況です。

予想を上回る結果が出てくるようであれば、本格的に利上げの前倒しに期待感が高まるのではないかと思います。

 

 

 

3)原油価格

 

昨日米国は戦略石油備蓄の放出を発表しました。

ただ、マーケットが期待していたほどの量ではなく、原油価格の大幅下落に繋がるほどではありませんでした。

他にも、日本や中国も強調して国家備蓄を放出するようですが、こちらも大幅な下落に繋がるものではないようです。

OPECプラスは日米中の石油放出に対して、石油放出をするのであれば増産計画を見直すと発言しており、原油価格の下落を阻止するような対応をとったことから原油価格は上昇しています。

 

 

 

4)トルコリラ

 

トルコリラは売りが売りを呼び、下落スピードが加速しています。

昨日はリラ円10.30円から一時8.50円まで下落しています。

トルコリラの下落はトルコ国債償還利払いの増加に繋がり、デフォルトの可能性が高まっています。

トルコのデフォルト懸念から、トルコの国債金利は上昇しておりトルコ10年債利回りは21%を超えています。

トルコのデフォルト懸念は、そのまま欧州懸念に繋がるので、本日もトルコリラの下落に注目です。

 

 

 

 

◎本日のイベントスケジュール

 

 

11月24日(水曜日)

 

10:00 NZD RBNZ理事会・政策金利・声明文発表

11:00 NZD オアRBNZ総裁記者会見

18:00 EUR ドイツIFO景況指数

19:10 EUR パネッタECB専務理事発言

22:30 USD 米耐久財受注・7∼9月期GDP(改定値)・失業保険申請件数

23:30 GBP テンレイロBOE外部理事発言

 

 

11月25日(木曜日)

 

米国休場(感謝祭)

 

00:00 USD ミシガン大学消費者信頼感指数・新築住宅販売戸数・PCEデフレーター

01:00 EUR シュナーベルECB専務理事発言

00:30 USD 原油在庫量

04:00 USD FOMC議事要旨

06:45 NZD NZ貿易収支

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

岡ちゃんマンおススメ分析ツール

TradingView

数多くの通貨ペア、商品、債権、株価指数など取り扱っており、様々な分析が出来るプラットフォームです。

為替・株式・債券・商品など各マーケットは相関性があり、各マーケットを見比べることはトレードにとってプラスになります。

1枚のチャートに為替と株価指数や、為替と商品などを重ねて表示できるのは比較するときにとても便利です。

多くの機能は無料で使えるので試しに使ってみてはいかがでしょう!

 

SNS機能も付いているので、是非フォローしていただけたらと思います↓↓↓

https://jp.tradingview.com/u/okachanman/

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND