指標と要人発言ラッシュで金利の動向は!? 「3月3日の注目点とイベントスケジュール」

TOP > 注目点とイベントスケジュール > 指標と要人発言ラッシュで金利の動向は!? 「3月3日の注目点とイベントスケジュール」

2021年3月3日

指標と要人発言ラッシュで金利の動向は!? 「3月3日の注目点とイベントスケジュール」

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

昨日は豪州で金融政策が発表されましたが予想通りの結果だった為、豪ドルの値動きは限定的でした。

本日重要度、注目度ともに高い四半期GDPの発表を控えていることも豪ドルの値動きが限定的だった要因の一つかもしれません。

 

また、その他の通貨でも極端な方向性は出ておらず、本日や週末の重要指標ラッシュや要人発言を控えて様子見姿勢ではないかと思います。

 

◎本日の注目点

 

1)経済指標

 

豪四半期GDP

昨日、RBA理事会ではハト派姿勢が示され、長期の低金利と緩和が発表されました。

ただ、予想通りだったことで豪ドルは買いで反応しています。

豪経済の回復期待が強いのだと思います。

なので経済状況を確認するためにも、本日発表されるGDPに注目が集まっています。

予想と結果の乖離と、結果を受けた豪ドルの動きに注目です。

 

 

PMI

本日はISM非製造業景況指数やマークイット総合・サービス業PMIの改定値が発表されます。

注目はISM非製造業景況指数で、米国ではロックダウンが解除に向かいサービス業の景況感も回復してくると思われます。

先日発表されたISM製造業景況指数も予想を上回り、高値圏が発表されているだけに、本日のISM非製造業景況指数への期待感も高まっています。

 

マークイット総合・サービス業PMIは欧州や英国、米国で発表されますが、今回は改定値なので予想と結果の乖離は出にくくなっています。

大きく乖離することは稀ですが、乖離が出てきた場合は動く可能性があるので注意だけしておきたいと思います。

 

 

ADP雇用統計

米国ではワクチン接種が進み、ロックダウンが解除が進んでいます。

昨年12月などの厳しいロックダウンから経済が回復してきている状況で、どこまで雇用が回復してきているか注目が集まっています。

週末のNFP雇用統計の前哨戦としても注目が集まっているだけに、本日発表されるADP雇用統計は重要です。

また、ADP雇用統計の結果を受けて米金利がどのように動くかも、かなり注目されています。

 

 

 

2)要人発言

 

本日は米・欧・英・NZの要人発言が多数予定されています。

まず、米国ではFOMC投票権を持つエバンス・シカゴ連銀総裁をはじめ地区連銀総裁の発言が多数予定されていて、米金利やインフレ動向、緩和縮小時期についての発言に注目が集まっています。

 

英国はテンレイロBOE外部理事の発言が予定され、緩和縮小時期について注目されています。

最近は後退している利下げや追加緩和についても発言しないか注目しています。

 

欧州ではデギントスECB副総裁をはじめ、複数のECB専務理事の発言が予定されています。

ECBはマイナス金利の深掘りや緩和政策に注目が集まっています。

最近出てきているのはPEPP(パンデミック緊急購入プログラム)について、購入額の減少などが出てきています。

発言を受けてユーロがどのように動くのかにも注目していきたいと思います。

 

 

 

3)金利動向

 

一時の米金利急騰は落ち着きを取り戻して、1.4%台で推移しています。

各国の金利上昇も一服していますが、本日や週末の指標ラッシュを控えて様子見なのか、それとも本当に落ち着き始めているのかまだ分かりません。

マーケットの注目度が高いだけに再度金利が上昇し、株価の重しとなり株価下落に繋がらないか注目しておきたいと思います。

 

また、金利の上昇だけに注目が集まっていますが、各国の金利も上昇しておりペースはまちまちです。

金利の上昇だけでなく、米国との金利差にも注目しておきたいと思います。

特に早期の緩和縮小が期待されている、豪州やNZの金利上昇は米国同様、もしくは米国以上のペースなので、米金利が落ち着いていても豪州やNZの金利が上昇している場合もあり、金利差が動いている場合もあるので気を付けておきたいと思います。

 

あと、昨日は少し低下してターゲットから遠のいていますが、日銀による指値オペにも注意しておきたいと思います。

 

 

 

 

◎本日のイベントスケジュール

 

 

3月3日(水曜日)

 

09:30 AUD 豪四半期GDP(10~12月期)

10:45 CNY 財新サービス業PMI

16:00 TRY トルコCPI(消費者物価指数)

17:45 EUR イタリア総合・サービス業PMI(改定値)

17:50 EUR フランス総合・サービス業PMI(改定値)

17:55 EUR ドイツ総合・サービス業PMI(改定値)

18:00 EUR ユーロ圏総合・サービス業PMI(改定値)

18:30 GBP 英総合・サービス業PMI(改定値)

21:00 EUR デコス・スペイン中銀総裁発言

22:00 EUR パネッタECB専務理事発言

22:15 USD ADP雇用統計

22:30 CAD カナダ建築許可件数

23:45 USD 米総合・サービス業PMI(改定値)

 

 

3月4日(木曜日)

 

00:00 EUR デギントスECB副総裁発言

00:00 USD ISM非製造業景況指数

00:00 USD ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁発言

00:30 USD 原油在庫量

01:00 GBP テンレイロBOE外部理事発言

02:00 USD ボスティック・アトランタ連銀総裁発言

03:00 USD エバンス・シカゴ連銀総裁発言

04:00 USD 米ベージュブック(地区連銀経済報告書)

04:30 EUR シュナーベルECB専務理事発言

05:15 NZD オアRBNZ総裁発言

 

 

 

 

 

 

 

岡ちゃんマンおススメ分析ツール

TradingView

数多くの通貨ペア、商品、債権、株価指数など取り扱っており、様々な分析が出来るプラットフォームです。

為替・株式・債券・商品など各マーケットは相関性があり、各マーケットを見比べることはトレードにとってプラスになります。

1枚のチャートに為替と株価指数や、為替と商品などを重ねて表示できるのは比較するときにとても便利です。

多くの機能は無料で使えるので試しに使ってみてはいかがでしょう!

 

SNS機能も付いているので、是非フォローしていただけたらと思います↓↓↓

https://jp.tradingview.com/u/okachanman/

 

 

 

RECOMMEND