政策金利・経済指標が多数で忙しくなりそうな1週間! 「6月15日週の注目点とイベントスケジュール」

TOP > 注目点とイベントスケジュール > 政策金利・経済指標が多数で忙しくなりそうな1週間! 「6月15日週の注目点とイベントスケジュール」

2020年6月14日

政策金利・経済指標が多数で忙しくなりそうな1週間! 「6月15日週の注目点とイベントスケジュール」

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

先週は段々と落ち着きを取り戻していた株価が暴落。

ダウ平均はコロナ真っただ中に記録した株価の下落幅に並ぶ、過去4番目の下落幅-1900ドルを記録しました。

株価下落は調整下落なのか、コロナ感染第2波が懸念されているのか、今週の動きで見極めたいところ。

 

欧州ではコロナ復興基金について、英国との離脱交渉について、どちらも進展しないまま協議は終了しています。

 

原油価格も一時は40ドル台まで上昇したのですが、40ドル台は一時的で反落し36ドル台で推移しています。

 

まだまだ、コロナからの回復は遠いように見えます。

 

◎今週の注目点

 

1)英中銀政策金利

 

先日発表された英成長率は20%減と驚異の数字がが出てきたことを受け、ベイリーBOE総裁は経済支援の準備は出来ているとBBCに語っています。

また、MPCメンバーのホールデンBOE外部理事はマイナス金利について発言するなど、BOEは利下げをするのではないかと注目されています。

英国は今まで、ゼロ金利・マイナス金利はあり得ないといっていただけに、今回コロナで経済がボロボロになったことで異例の導入をするのか注目です。

 

 

 

2)日銀政策金利

 

今回の日銀金政策決定会合では大幅な変更は予想されていないので、注目は声明文と記者会見。

前回の政策変更による影響や、緊急事態宣言が解除され経済が回復し始めていることから、今後の経済見通しがどうなるのか注目です。

 

 

 

3)経済指標

 

今週はCPI(消費者物価指数)やGDP、雇用など重要指標が多数予定されています。

中でも以下の指標に注目しています。

 

・英雇用統計(失業率):英国は長いロックダウンでどこまで失業者が出ているのか

・NZ四半期GDP:NZは早い段階でロックダウンしたことで感染者数は少なめですが、経済にどこまで影響が出ているか注目

・豪雇用統計:RBAは政策変更の注目ポイントに失業率を見ているので、失業率は重要

 

 

 

4)要人発言

 

今週、パウエルFRB議長の発言が予定されています。

先日のFOMC後の記者会見でパウエル議長が、米経済見通しを弱気に見ていると発言したことでトランプ大統領は怒りのツイートをしています。

その上でパウエル議長がどのような発言をするのか注目、また、今回導入を見送ったYCC(イールドカーブ・コントロール)についてもマーケットは年内導入があるのではないかと期待されているだけに、どのような発言が出てくるか注目しています。

 

 

 

5)リスク要因

 

1.コロナ感染第2波

2.黒人差別デモ

3.英国とEUの離脱通商交渉

4.米中関係

5.香港デモ・香港問題

6.豪中関係

7.欧州コロナ復興基金

 

先週末は調整なのか、コロナ感染第2波なのか、株価は下落しましたが、それまでは株価は連日上昇を続けてコロナで下落した株価はほぼ戻しています。

リスクオン相場になっていましたが、週末で雰囲気が変わってきています。

今週はリスクオン・オフどちらに傾くのかリスク要因に注目しておきたいと思います。

中でも、1のコロナ感染第2波については先週木曜の株価下落の要因となっており、先進国で落ち着き始めていたコロナによる株価下落が続くのか、2番底に向けていくのか、コロナ感染第2波が来るのか注目です。

 

 

 

◎今週のイベントスケジュール

 

6月15日(月曜日)

 

06:00 NZD NZ Westpac消費者信頼感指数

11:00 CNY 中国失業率・鉱工業生産

17:00 EUR イタリアHICP(消費者物価指数)

 

 

6月16日(火曜日)

 

01:30 USD デイリー・サンフランシスコ連銀総裁発言

10:30 AUD RBA理事会議事要旨

12時前後 JPY 日銀金融政策決定会合・政策金利・声明文発表

15:00 GBP 英雇用者数増減・失業率・平均賃金

15:00 EUR ドイツHICP(消費者物価指数)

15:30 JPY 黒田日銀総裁記者会見

18:00 EUR ドイツZEW景気期待指数

18:00 EUR ユーロ圏ZEW景気期待指数

21:30 USD 米小売売上高

23:00 USD  パウエルFRB議長発言

 

6月17日(水曜日)

 

08:50 JPY 日本貿易収支

15:00 GBP 英CPI(消費者物価指数)

18:00 EUR ユーロ圏HICP(消費者物価指数)

21:30 USD 米建築許可件数

21:30 CAD カナダCPI(消費者物価指数)

23:30 USD 原油在庫量

 

 

6月18日(木曜日)

 

05:00 USD メスター・クリーブランド連銀総裁発言

07:45 NZD NZ四半期GDP(1~3月期)

10:30 AUD 豪雇用者数増減・失業率

16:30 CHF SNB(スイス国立銀行)政策金利発表

17:00 CHF ジョーダンSNB総裁記者会見

20:00 GBP BOE政策金利・声明文・MPC投票配分発表

21:30 USD 米新規失業保険申請件数・フィラデルフィア連銀製造業景況指数

 

 

6月19日(金曜日)

 

08:30 JPY 日本CPI(消費者物価指数)

08:50 JPY日銀金融政策決定会合議事要旨(4月27日・5月22日分)

10:30 AUD 豪小売売上高

15:00 GBP 英小売売上高

21:30 CAD カナダ小売売上高

23:15 USD ローゼングレン・ボストン連銀総裁発言

 

 

6月20日(土曜日)

 

02:00 USD ベイカーヒューズ社リグカウント

02:00 USD パウエルFRB議長発言

 

 

 

 

 

 

 

 

岡ちゃんマンおススメ分析ツール

TradingView

数多くの通貨ペア、商品、債権、株価指数など取り扱っており、様々な分析が出来るプラットフォームです。

為替・株式・債券・商品など各マーケットは相関性があり、各マーケットを見比べることはトレードにとってプラスになります。

1枚のチャートに為替と株価指数や、為替と商品などを重ねて表示できるのは比較するときにとても便利です。

多くの機能は無料で使えるので試しに使ってみてはいかがでしょう!

 

SNS機能も付いているので、是非フォローしていただけたらと思います↓↓↓

https://jp.tradingview.com/u/okachanman/

 

 

 

RECOMMEND