方向感模索の1日か!? 「6月21日の注目点とイベントスケジュール」

TOP > 注目点とイベントスケジュール > 方向感模索の1日か!? 「6月21日の注目点とイベントスケジュール」

2022年6月21日

方向感模索の1日か!? 「6月21日の注目点とイベントスケジュール」

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

昨日は重要イベントもなく米国市場が休場だったことから方向感のない値動きとなりました。

本日はNY勢が連休明けなので、どのような動きになるのか注目です。

 

ただ、本日も重要市場が少なく、目立った発言が出てこなかった場合は方向感のない1日になるかもしれません。

株価と金利と発言内容に注目しておきたいと思います。

◎本日の注目点

 

1)要人発言

 

本日は重要指標も少なく、要人発言くらいしか取引材料がないので発言に注目しておきたいと思います。

先週、先々週と金融政策発表ラッシュが通過しました。

本日は金融政策発表の内容について各国中銀のメンバーがどのように発言するのか、発表内容と違った見解を持っているのかなど要人発言に注目です。

要人発言からさらに大幅な利上げの可能性が出てくるようであれば、スタグフレーション懸念が高まり株価下落に繋がる可能性があります。

 

特に英中銀の要人発言に注目です。

先週の政策発表ではソーンダースBOE外部理事・ハスケルBOE外部理事・マンBOE外部理事の3人が0.50%の利上げを支持、昨日のマンBOE外部理事は大幅利上げを示唆しました。

本日は0.25%の利上げを支持したピルBOE主席エコノミストやテンレイロBOE外部理事の発言が予定されており、次回の利上げ幅についてどのような意見を持っているのか発言内容に注目です。

 

 

 

2)RBA理事会議事要旨

 

6月のRBA理事会では市場予想を上回り0.5%の利上げを実施しています。

理事会でどのような議論がされたのか、来月の理事会でも継続利上げが行われるのか、物価や景気見通しをどのように見ているのか、理事会の議事要旨に注目です。

景気見通しが順調だったり、これから引き締めを急がないといった内容であった場合は豪ドルが底堅く推移するのではないかと注目しています。

 

 

 

 

◎本日のイベントスケジュール

 

 

6月21日(火曜日)

 

09:00 AUD ロウRBA総裁発言

10:30 AUD RBA理事会議事要旨

16:15 GBP ピルBOE主席エコノミスト発言

17:00 EUR レーン・フィンランド中銀総裁発言

21:15 GBP テンレイロBOE外部理事発言

21:30 CAD カナダ小売売上高

23:00 USD 米中古住宅販売戸数

 

 

6月22日(水曜日)

 

01:00 USD メスター・クリーブランド連銀総裁発言

04:30 USD バーキン・リッチモンド連銀総裁発言

07:45 NZD NZ貿易収支

08:50 JPY 日銀金融政策決定会合議事要旨

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND