時期FRB議長の指名? リスク要因に注目! 「11月22日の注目点とイベントスケジュール」

TOP > 注目点とイベントスケジュール > 時期FRB議長の指名? リスク要因に注目! 「11月22日の注目点とイベントスケジュール」

2021年11月22日

時期FRB議長の指名? リスク要因に注目! 「11月22日の注目点とイベントスケジュール」

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

先週末は欧州のコロナ感染拡大によりリスクオフが進みました。

感染拡大はすぐには収まらないと思いますが、マーケットが材料視する期間がいつまでなのか見極めたい。

 

今日も感染拡大を材料視するのであればリスクオフが進み、円高が進むのではないかと考えています。

欧州時間以降の株価を注目しながら様子を見ていきたいと思います。

 

◎本日の注目点

 

1)リスク要因

 

先週末はコロナ感染拡大などからマーケットはリスクオフが進み、ユーロが買われ円高が進んでいます。

本日もリスク要因が注目され、リスクオフが進むのかに注目しています。

リスクオフが進むようであればユーロ円は大きく下落するのではないかと注目しています。

 

また、その他にも中国リスクやトルコリラの下落などもあるのでリスク要因全般に注目しておきたいと思います。

 

リスク要因に関しては今週の注目点を参照ください。

感謝祭前で週前半が勝負の1週間! 「11月22日週の注目点とイベントスケジュール」

 

 

 

2)米金利

 

本日は2年債と5年債の入札があります。

入札結果で金利が上昇するのか、下落するのか、金利の動きでドルの方向性が出るのではないかと注目しています。

金利が上昇するとドル買い、下落するとドル売りが進むのではないかと考えています。

 

 

 

3)時期FRB議長の指名

 

バイデン大統領は時期FRB議長の指名を感謝祭前に発表すると言っていたことを考えると、本日にでも氏名があるのではないかと注目しています。

パウエルFRB議長が再任指名されるのか、それともブレイナードFRB理事が指名されるのか、注目です。

パウエルFRB議長が再任指名された場合は、ややドル買いが進むのではないかと考えています。

ただ、ブレイナードFRB理事が指名された場合、パウエルFRB議長よりもハト派ということでドル売りが進むのではないかと考えています。

どちらが指名されるのか、ヘッドラインに注目しておきたいと思います。

 

 

 

◎本日のイベントスケジュール

 

 

11月22日(月曜日)

 

23:00 EUR ホルツマン・オーストリア中銀総裁発言

 

 

11月23日(火曜日)

 

00:00 USD 米中古住宅販売戸数

00:00 EUR ユーロ圏消費者信頼感指数(速報値)

01:30 USD 米2年債入札

02:00 EUR デコス・スペイン中銀総裁発言

02:30 EUR デギントスECB副総裁発言

03:00 USD 米5年債入札

 

 

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND