いにしえ流 FXブログ

よく読まれてる記事Popularity

本日カナダ・米雇用統計、カナダ円・ドル円高値更新なるか? ~10月5日の戦略とイベントスケジュールと注目点~

  ◎保有中のポジションと戦略   EUR/USDのShortポジションはホールド中。 ユーロの下落スピードが速かったので、調整は入るかと思っていました。 ”1.1545”と"1.1590"が調整ポイントかと考えています。 ”1.1550"でポジションを減らして、”1.1600"で決済と考えています。   EUR/USD 時間足チャート   EUR/USD 日足チャート     CAD/JPYのLongポジションはホールド中。 昨日、今週頭に開けた窓を閉じました。 窓を閉じたことで調整もひと段落といったところではないかと思います。 今日はカナダ雇用統計があるので、弱い結果(予想よりも悪い方向に乖離)が出た場合は決済を考えます。 基本戦略は90円までホールドの予定です。   CAD/JPY 時間足チャート   CAD/JPY 日足チャート       AUD/USDのShortポジションはホールド中。 ”0.7000"をいったんの目安としていますが、こちらも長期保有を考えています。 今日の米雇用統計の結果次第ですが、特に平均時給に注目していきたいと思います。 平均時給が悪化していた場合は、決裁を考えたいと思います。   AUD/USD 時間足チャート   AUD/USD 日足チャート     ユーロ・ポンドはBrexit交渉の状況で大きく動く可能性が高いです。 特にポンドは要人発言で200pipsくらい動くこともよくあります。 EU首脳会談に向け、色々なところで話し合いが行われているため、どこから発言が出てくるかわかりません。 ヘッドライン(ヘッドラインが出ないことも)に注意していきたいと思います。 また、日本は3連休前です。 週末、ポジション調整はしっかりとしておきたいと思います。       ◎本日の注目点   1)米・カナダ雇用統計 米雇用統計は強い結果が期待されています。 要人の発言やADP雇用統計、ISMなどの結果を見ると、強い結果が予想されています。 特に注目は平均時給です。 時給の伸び、特に市場予想との乖離に注目したいと思います。 カナダは単純に雇用者数の増減に注目です。 最近の米雇用統計は、あまり動きません。 個人的にはカナダ雇用のほうが動く気がします。 なので、トレードはカナダ雇用で考えています。       2)イタリア予算案 少し歩み寄りが見えていますが、予算案の提出はこれからが本番です。 まだ、予算案を議会で検討・承認をしている状況です。 ヘッドラインに注目しています。   イタリア予算案を巡ってユーロは乱高下! 何が問題なの?を解説       3)Brexit交渉関連 戦略でも触れましたが、EU首脳会談に向けて交渉が切羽詰まってきています。 色々なところでEU関係者と英国要人と会談を行っています。 個人的にBrexit交渉関連の悪材料は、ほぼ織り込んでいます。 なので、急遽離脱(合意なき離脱)などが起こらない限りは、ポンド売りに傾きにくいかと思います。 逆に英国にとって良い情報、交渉の進展などが報道されるとポンドは大きく買われる可能性が高いと考えています。         ◎週末のイベントスケジュール   10/5(金曜日) 10:30 AUD 小売売上高 16:30 SEK スウェーデン鉱工業生産 18:35 EUR クノット・オランダ中銀総裁発言 20:00 EUR デギントスECB副総裁発言 21:30 CAD 雇用者数増減・失業率・貿易収支 21:30 USD NFP雇用統計・失業率・平均時給・貿易収支 10/6(土曜日) 01:30 USD カプラン・ダラス連銀総裁 01:40 USD ボスティック・アトランタ連銀総裁発言 02:00 USD ベイカーヒューズ社リグカウント数 10/7(日曜日) オーストラリア サマータイムに移行 ブラジル大統領選挙       ◎記録室   昨日の主要通貨強弱グラフ、世界の株価、長期金利、要人発言窓を記録しています。   2018年10月4日の記録室 ~要人発言と長期金利~    

コメントを残す