材料不足の中、ヘッドラインに注目! 「7月8日の注目点とイベントスケジュール」

TOP > 注目点とイベントスケジュール > 材料不足の中、ヘッドラインに注目! 「7月8日の注目点とイベントスケジュール」

2020年7月8日

材料不足の中、ヘッドラインに注目! 「7月8日の注目点とイベントスケジュール」

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

トランプ大統領を支持している、ブラジルのボルソナロ大統領が新型コロナウイルスに感染。

今まで民衆の前、民衆と触れ合うときにもトランプ大統領と同様にマスクをせずに、「コロナはただの風邪」という持論で行動してきました。

 

ボルソナロ大統領のコロナウイルス陽性の報道から、ブラジルレアルは下落しています。

今後、レアルの下落が加速しないか、通貨安危機に繋がらないか気になるところです。

 

◎本日の注目点

 

1)米・メキシコ首脳会談

 

本来、本日の首脳会談は米国・カナダ・メキシコの3か国が「USMCA(新NAFTA)」の発行を記念しての晩餐会でしたが、カナダ(トルドー首相)は欠席し、米国とメキシコの2カ国だ行われることとなりました。

晩餐会には両国首脳に加えて、両国の企業トップ10人程度も参加予定で、トランプ大統領が新たな貿易交渉などリスクオフに繋がることを言いださないか発言に注目です。

 

 

 

2)コロナ復興基金協議

 

明日のユーロ圏財務相会合に向けて、コロナ復興基金の協議が始まります。

ユーロはコロナ復興基金成立期待で上昇していますが、未だにオランダやオーストリア、スウェーデン、デンマークなどが反対しており、説得できるかが注目で、大幅な減額や合意できなかった場合には失望のユーロ売りに繋がるのではないかと見ています。

 

 

 

3)対中リスク

 

昨日ポンペオ国務長官が「Tik Tok」の使用禁止を検討との発言が出てくるなど、トランプ大統領は支持率アップのため対中姿勢を強めています。

これからも支持率アップのために対中政策を出してくると思われるので要注意です。

 

また、それに対し中国も反発してくる可能性もあるので、こちらも要注意です。

 

 

 

 

◎本日のイベントスケジュール

 

 

7月8日(水曜日)

 

コロナ復興基金協議

米・メキシコ首脳会談

 

14:45 CHF スイス失業率

21:15 CAD カナダ住宅着工件数

23:00 EUR デギントスECB副総裁発言

23:30 USD 原油在庫量

 

 

7月9日(木曜日)

 

01:15 USD ボスティック・アトランタ連銀総裁発言

 

 

 

 

 

岡ちゃんマンおススメ分析ツール

TradingView

数多くの通貨ペア、商品、債権、株価指数など取り扱っており、様々な分析が出来るプラットフォームです。

為替・株式・債券・商品など各マーケットは相関性があり、各マーケットを見比べることはトレードにとってプラスになります。

1枚のチャートに為替と株価指数や、為替と商品などを重ねて表示できるのは比較するときにとても便利です。

多くの機能は無料で使えるので試しに使ってみてはいかがでしょう!

 

SNS機能も付いているので、是非フォローしていただけたらと思います↓↓↓

https://jp.tradingview.com/u/okachanman/

 

 

 

RECOMMEND