株価下落によるリスクオフに注意! 「1月24日の注目点とイベントスケジュール」

TOP > 注目点とイベントスケジュール > 株価下落によるリスクオフに注意! 「1月24日の注目点とイベントスケジュール」

2022年1月24日

株価下落によるリスクオフに注意! 「1月24日の注目点とイベントスケジュール」

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

先週は株価下落して、下落幅はコロナパンデミック以来の下げ幅となっています。

株価下落がリスクオフ要因となり、円高が進む場面がありました。

 

今週はFOMCを控えて引き締め期待が高まれば株価は下落、リスクオフが進む可能性があります。

本日は製造業・サービス業・総合PMIの速報値の発表もあり、株価が下落しやすい状況となっています。

株価下落によるリスクオフに注目しておきたいと思います。

 

◎本日の注目点

 

1)製造業・サービス業・総合PMI

 

本日は製造業・サービス業・総合PMIの速報値が発表されます。

欧米英では経済活動を再開しており、製造業・サービス業・総合PMIは強い結果が予想されています。

ただ、オミクロン株による感染者数の増加や、人手不足や燃料資源価格の上昇などによる物価上昇、ボトルネック(供給制限)など懸念材料がいくつかあります。

その懸念材料から予想を下回る結果が出てきた場合は、リスクオフが進む可能性があるので注目です。

 

 

 

2)リスク要因

 

ウクライナ情勢

ウクライナを巡る情勢は緊迫感が高まっています。

ロシアは強硬姿勢をとっており、欧米との対話も平行線をたどっており、いつ制裁などの具体的な対立に発展するのか注目です。

ロシアはウクライナ国境付近に軍を展開、ロシアからのスパイがウクライナ側に入っておりスパイが攻撃のキッカケを作ろうとしていると米国は主張しており、「ロシアがウクライナに対していつ攻撃をするか分からない」と米政府高官が発言し、「米政府がウクライナ駐留外交官の家族に対して国外退去を検討」しているとの報道も出てきています。

軍事衝突や制裁合戦などに発展した場合は大きくリスクオフに傾く可能性があるので要注意です。

 

現在はウクライナリスクの高まりはユーロの重しとなっています。

ウクライナを巡り緊迫した状況でロシアは先日、中国とイランと合同で軍事演習を行っております。

ロシア・中国・イランなどの独裁国家?共産主義?と欧米英の対立とった場合は世界的リスクオフが進む可能性があるので、それぞれの国の動きにも注目しておきたいと思います。

 

 

 

中東・東欧リスク

アラブ首長国連邦(UAE)ではドローン攻撃を受け、イラクとトルコを結ぶパイプラインが爆破されるなど中東で地政学リスクが高まっています。

イラク・イラン・イスラエルアラブ首長国連邦(UAE)・トルコなど、不安定な状態が続いており、ドローン攻撃などが相次いでいます。

また、カザフスタンでは反政府デモが起こり、中国やロシアが介入しようとしています。

ベラルーシなどでも緊張が高まっています。

中東・東欧リスクは天然ガスや原油価格などに影響し、世界的なリスクにつながる可能性があります。

中東・東欧に関するヘッドラインに注意しておきたいと思います。

 

 

 

原油価格

先週、原油価格は7年3か月ぶりの高水準となる88ドル手前まで上昇しました。

欧米のコロナ共生で経済活動再開、原油需要が高まったことに加え、カザフスタンの反政府デモ、イラク・トルコ間のパイプライン爆破などリスク要因も加わり、原油価格は底堅く推移しています。

原油価格の上昇は物価上昇の要因となり、世界的な物価上昇の要因となっています。

米国では戦略的石油備蓄の放出などで対応していますが、原油価格がさらに上昇するようであれば、さらなるリスクにつながる可能性があります。

今週もリスク要因と原油価格に注目です。

 

 

 

株価下落

先週は米国株の下落が注目されました。

物価上昇を抑える為に引き締め政策に舵をきったことが大きな要因となっています。

今週もFOMCやPCEデフレーター・GDP速報値の発表、米国企業の決算発表など株価下落に繋がり安い材料が多数予定されています。

株価の下落が続くようであればリスクオフが進む可能性があるので株価には注意しておきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

◎本日のイベントスケジュール

 

 

1月24日(月曜日)

 

17:15 EUR フランス製造業・サービス業・総合PMI(速報値)

17:30 EUR ドイツ製造業・サービス業・総合PMI(速報値)

18:00 EUR ユーロ圏製造業・サービス業・総合PMI(速報値)

18:30 GBP 英製造業・サービス業・総合PMI(速報値)

23:45 USD 米製造業・サービス業・総合PMI(速報値)

 

 

1月25日(火曜日)

 

03:00 USD 米2年債入札

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

岡ちゃんマンおススメ分析ツール

TradingView

数多くの通貨ペア、商品、債権、株価指数など取り扱っており、様々な分析が出来るプラットフォームです。

為替・株式・債券・商品など各マーケットは相関性があり、各マーケットを見比べることはトレードにとってプラスになります。

1枚のチャートに為替と株価指数や、為替と商品などを重ねて表示できるのは比較するときにとても便利です。

多くの機能は無料で使えるので試しに使ってみてはいかがでしょう!

 

SNS機能も付いているので、是非フォローしていただけたらと思います↓↓↓

https://jp.tradingview.com/u/okachanman/

 

 

 

RECOMMEND