欧州とカナダ政策金利発表と各国金利の推移に注目! 「3月8日週の注目点とイベントスケジュール」

TOP > 注目点とイベントスケジュール > 欧州とカナダ政策金利発表と各国金利の推移に注目! 「3月8日週の注目点とイベントスケジュール」

2021年3月6日

欧州とカナダ政策金利発表と各国金利の推移に注目! 「3月8日週の注目点とイベントスケジュール」

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

先週は米金利の上昇と日本の金利低下による日米金利差拡大からドル円は上昇、約9か月ぶりとなる108.64円をつけました。

緩和マネーによる金余りから上昇を続けていた株価は下落、金利上昇が重しとなったのか、それとも金利上昇をキッカケに利益確定に動いたのか、売りが優勢となりました。

金利の上昇は金価格の下落にもつながり、一時1700ドルを割り込む場面もありました。

 

マーケットは金利の動きを中心に動いており、この流れは今週も続きそうです。

 

また、来週からは米国がサマータイムの突入するため、来週月曜日の市場オープンや米国指標発表などは1時間早くなります。

 

◎今週の注目点

 

1)政策金利発表

 

BOC

カナダはコロナによる経済悪化から、追加緩和の可能性が噂されています。

ただ、足元ではカナダの主要産業である原油価格は60ドル後半まで上昇しています。

ポジティブな要因とネガティブな要因がある中で、追加緩和があるのか注目が集まっています。

追加緩和がない場合、声明文で追加緩和の可能性が示唆されるのかにも注目です。

 

 

ECB

今回の理事会では最近の金利高についてと、追加緩和・マイナス金利の深掘りについて、どのように触れられるか注目です。

各国の金利が上昇する中で欧州の金利も上昇していますが、ECBの要人からは金利高を懸念する発言が続いています。

ユーロ高についても懸念していることから、ハト派な内容になるのではないかと思われます。

また、3月はスタッフ予想も発表されることから、ユーロ圏の経済見通しにも注目です。

理事会後の欧州各国金利とユーロの動きに注目です。

 

 

 

2)金利

 

最近のマーケットの注目は金利に集まっていて、今週も金利に注目が集まると思われます。

 

米金利

FOMCを控えてFRB要人発言が出てこない中で米国債入札があります。

入札結果によって米金利がどのように動くのか注目です。

最近の債券市場で価格下落から損切りが出ているとの噂もあり、入札結果が振るわない場合は価格下落に繋がり、損切りがさらに出てくる売りが売りを呼ぶパターンになるのではないかと注目しています。

また、CPI(消費者物価指数)の発表もあり、結果による金利上昇にも注目しておきたいと思います。

 

日本金利

要人発言、特に黒田日銀総裁の発言に注目しておきたいと思います。

先週末は黒田日銀総裁の発言から日本の10年債利回りは急低下、YCC(イールドカーブ・コントロール)のターゲットを下回る0.08%まで下落しています。

米金利が上昇する中で日本の金利が低下、日米金利差拡大がドル円上昇の追い風となっています。

今週も日本の金利が低水準で推移するのか注目です。

 

オセアニア金利

オセアニアの金利は米金利以上に上昇しています。

オセアニアの金利上昇はオセアニア通貨の上昇の支えとなっていることから金利の推移に注目です。

 

欧州金利

主要国ではいち早く金利上昇に懸念を表明していることから、金利上昇がどこでストップするのか注目しています。

また、上記の通りECB理事会もあることから欧州金利がどのように推移するのか、欧米金利差が開くのか注目です。

日米金利差同様に、欧米金利差が開くようであればユーロ売りに繋がるのではないかと思っています。

 

 

 

3)経済指標

 

今週は米CPI(消費者物価指数)とカナダ雇用統計に注目です。

米CPI(消費者物価指数)は、上記の通り米金利に影響すると思われ注目しています。

 

カナダ雇用統計は金融政策発表の後で発表となります。

コロナで傷ついた雇用がどこまで回復しているか注目です。

政策発表の声明文で雇用についてどのように触れられているのかと合わせて注目しておきたいと思います。

 

 

◎今週のイベントスケジュール

 

 

3月8日(月曜日)

 

19:00 GBP ベイリーBOE総裁発言

 

 

3月9日(火曜日)

 

08:50 JPY 日本国内総生産(10~12月期)(改定値)

09:00 NZD NBNZ企業信頼感指数

09:30 AUD NAB企業信頼感指数

19:00 EUR ユーロ圏GDP(10~12月期)(改定値)

21:00 MXN メキシコCPI(消費者物価指数)

 

 

3月10日(水曜日)

 

03:00 USD 米3年債入札

07:00 AUD ロウRBA総裁発言

08:30 AUD 豪Westpac消費者信頼感指数

09:30 AUD 豪建築許可件数

10:30 CNY 中国CPI(消費者物価指数)

22:30 USD 米CPI(消費者物価指数)

 

 

3月11日(木曜日)

 

00:00 CAD カナダ政策金利発表

00:30 USD 原油在庫量

03:00 USD 米10年債入札

04:00 USD 米月次財政収支

07:00 AUD ロウRBA総裁発言

21:45 EUR ECB理事会・金融政策発表

22:30 EUR ラガルドECB総裁記者会見

22:30 USD 米新規失業保険申請件数

 

 

3月12日(金曜日)

 

03:00 USD 米30年債入札

03:30 USD シェンブリBOC副総裁発言

16:00 GBP 英GDP

16:00 EUR ドイツHICP(消費者物価指数)

16:45 EUR フランスHICP(消費者物価指数)

22:30 CAD カナダ雇用統計

 

 

3月13日(土曜日)

 

00:00 USD ミシガン大学消費者信頼感指数(速報値)

03:00 USD ベイカーヒューズ社リグカウント

 

 

3月14日(日曜日)

 

米国サマータイム突入

 

 

 

 

RECOMMEND