いにしえ流 FXブログ

よく読まれてる記事Popularity

欧州・イタリア・トルコの発言、発表に注目! ~10月23日の戦略~

  ◎保有中のポジションと戦略   EUR/USDのShortポジションはホールド中です。 昨日のユーロ下落では、様子見だったので、追加ポジションは持っていませんが、次のターゲット”1.1430”を割り込んだら追加ポジションを検討しようと思っています。 予算案が拒否された場合も、追加ポジションを持ちたいと思います。   EUR/USD 日足チャート     EUR/USD 時間足チャート       AUD/USDのShortポジションはホールド中です。 こちらも、昨日は様子見でしたが、直近安値を更新に向かっています。 直近安値を更新したところで追加ポジションを検討しています。 本日は、RBA要人発言が続きます。 要人発言に注目です。 また、オーストラリアの4大銀行の業績悪化などが報じられています。 また、補選で与党が破れ、下院で過半数割れとの報道も。 オーストラリアは政治不安も大きくなってきています。 中国問題も合わせると、かなりの売り材料。 現在のイメージでは、年内Shortポジションはホールド中でもOKではないかと思っています。   AUD/USD 時間足チャート     AUD/USD 日足チャート     その他では、ポンドが大暴れしそうな予感がします。 デイトレレベルではポンド取引は注目しています。 Brexit交渉の進展があればポンド買いで、戦略を考えています。 下落の場合は織り込み度が高いので、どこまで下落するか検討しにくいので、売り戦略はやめておきたいと考えています。           ◎本日の注目点   1)イタリア予算案 イタリアの予算案について、欧州側の対応が発表されるとの事。 今までに予算案が拒否された前例がはありません。 昨日の発言や報道では、欧州側は予算案を拒否するのではないか!? イタリア側は予算案の修正は2.4%から2.1%に修正か!? などと、いまだに決着がついていません。 初の予算案拒否になるかもしれません。 ユーロは懸念から大きく売られています。 予算案の行方と、イタリア・欧州の対応と反応に注目です。   ムーディーズ格付け発表、イタリアは格下げ! ~教えてFX,格付けとは解説~       2)英国議会とBrexit交渉 Brexit交渉は合意間近(95%)との報告を、議会で演説を行ったメイ首相です。 ただ、現在メイ首相は窮地に陥っています。 メイ政権を保つためには、連立を組んでいる政党が重要になってきます。 ともに連立を組んでいる政党が、メイ首相の離脱案に否定的な発言が出ています。 また、Brexit強硬派たちをまとめて、クーデターを企んでいるのがボリス・ジョンソン。 議会や連立政党から支持される離脱案だと、良い所どりで欧州側は受け容れ不可ではないかと思います。 袋小路に迷い込んだメイ首相と離脱案。 どのように対処するか注目です。 早ければ明日にでもボリス・ジョンソンのクーデターが出てくるのではないかと言われています。 要注意です。     3)エルドアン大統領の演説 ここ数日、マーケットで話題になっているのが、サウジ人記者の失踪・殺害と世界各国の対応です。 サウジアラビアのムハンマド皇太子の関与が疑われています。 当然ムハンマド皇太子は関与を否定していますが、トルコのエルドアン大統領は証拠を握っていると発言しています。 本日の演説で、証拠を発表するといわれていますが、発言内容に注目です。 内容次第で各国の非難は当然ですが、米国の制裁もあり得ます。 米国の制裁となれば、原油価格の高騰や株価の下落などに繋がる恐れがあります。 本日の発言・演説に注目です。           ◎本日のイベントスケジュール   10/23(火曜日) トルコ、サウジ人記者問題について演説 欧州、イタリア予算案検討、対応発表 10:30 AUD ボールトンRBA総裁補佐発言 12:00 AUD ブロックRBA総裁補佐発言 13:30 AUD デベルRBA副総裁発言 19:30 GBP ホールデンBOE副総裁発言 22:30 USD カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁発言 23:00 EUR 欧州消費者信頼感 10/24(水曜日) 00:20 GBP カーニーBOE総裁発言 02:00 USD 2年債入札 03:15 USD カプラン・ダラス連銀総裁発言 09:00 USD ジョージ・カンザスシティ連銀総裁発言   ↓↓↓週間スケジュールは以下を参照ください↓↓↓ 各国の政策金利発表と要人発言多数の1週間! ~10月22日週の注目点とイベントスケジュール~           ◎記録室   昨日の株価、長期金利、要人発言を記録しています。   10月22日の記録室 ~金利と株価と要人発言~    

コメントを残す