欧州・英国・イタリア・中国・香港……政治問題に注目! ~8月21日の注目点とイベントスケジュール~

TOP > 注目点とイベントスケジュール > 欧州・英国・イタリア・中国・香港……政治問題に注目! ~8月21日の注目点とイベントスケジュール~

2019年8月21日

欧州・英国・イタリア・中国・香港……政治問題に注目! ~8月21日の注目点とイベントスケジュール~

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

昨日ポンドが大暴れ! 欧州時間に入ってからポンドが売られてきましたが、NY時間に入ってヘッドラインが出てきたことでポンドが大きく上下しました。

 

今まで、頑なにアイルランド国境問題について交渉しないというスタンスだったEUですが、メルケル首相の「解決策について考える」という発言が出てきました。

 

なぜ、メイ首相の時には出てこなかったのだろう…..

 

メルケルさんは、メイさんのことが嫌いだったのかなぁ……

 

◎本日の注目点

 

1)Brexit

 

英国はバックストップ案(アイルランド国境)の撤去もしくは見直しを求めてきました。 今まで、英国議会で離脱案が承認されなかった最大の要因がバックストップ案です。 このバックストップ案がある限りは英国議会では承認は得られず、合意なき離脱になるとボリス・ジョンソン英首相は言ってきました。

 

今まで、EUは離脱案の再交渉は認めないスタンスでした。 ただ、昨日メルケル首相は、急遽「バックストップの実務的な解決策について考える」と発言しました。 これが本当なら、合意なき離脱は回避、スムーズな離脱に向けて合意の可能性が出てきます。

 

ただ……最近のメルケル首相は求心力が低下していることから、メルケル首相の発言だけで喜べる状況ではありません。 ポストメルケルを狙っているマクロン大統領が賛成するかどうかが注目です。

 

ボリス・ジョンソン英首相は本日、英独首脳会談、明日は英仏首脳会談が予定されています。 バックストップ案についてどのような発言が出てくるのか注目です。

 

 

 

2)イタリア政権

 

昨日、伊コンテ首相が辞任しました。 「同盟」と「五つ星運動」が連立政権解消しています。 ただ、連立解消は織り込まれていたため、マーケットへの反応は限定的でした。

 

問題は、これからどのように進んでいくかです。

 

選択肢としては、

 

1.新たな連立政権

2.暫定政権

3.解散総選挙

4.テクノクラート政権

 

この辺りではないかと思います。

 

解散権は大統領にあるので、解散総選挙になるかは大統領次第です。 現在の支持率では「同盟」のサルビーニ副首相が有利ではないかと言われています。 EU懐疑派でトランプさんのような人というのがふさわしいかと思います。 解散総選挙になれば、英国に続きイタリアでもトランプさんのような首相が誕生する可能性が高くなります。 そうなればユーロ売りに繋がるのではないかと思います。

 

ここからのイタリアはヘッドラインに注目です。

 

 

 

3)米中問題

 

先日米国は、対中・対ファーウェイ制裁を延期、エンティティリストに新たな46社を登録しました。 これに対し、昨日中国は反発・批判しました。

 

また、香港問題では、Facebookやtwitterを使って情報操作をしたとして、中国政府に関するアカウントの停止・削除が行われているようです。 個人的には、バックに米国がいるのではないかと疑っています。 米国は、一国二制度を守ったうえで、中国と香港の対話での解決を求めています。 また、解決を通商貿易協議に加えています。

 

香港問題では、英国の香港領事館職員が中国で拘束されたとの報道もあります。 米中問題から、米英中問題に発展しそうな雰囲気になってきています。 ヘッドラインに注目です。

 

 

 

4)日米閣僚級貿易協議

 

中国が為替操作国に指定されたことにより、日本にも圧力がかかるのではないか、、、本日からの通商協議では、TPPや自動車・農作物に関することが中心ではあると思いますが、注目は為替条項ではないかと思います。

 

円高圧力がかかるのではないかと注目しています。

 

 

 

5)FOMC議事録

 

追加利下げが注目されている米国FRBですが、本日FOMC議事録が公開されます。 本来であれば、FOMC議事録は注目度が高いのですが、以下の2点で今回は為替への影響は限定的ではないかと思います。

 

1.今回発表のFOMCは、対中関税第4弾が発表される前だったこと

2.週末にジャクソンホール経済シンポジウムが開催、パウエルFRB議長発言待ちであること

 

反応は限定的になる可能性は高いですが……注目です。

 

 

 

 

 

◎本日のイベントスケジュール

 

8月21日(水曜日)

 

日米閣僚級貿易協議

英独首脳会談

 

07:00 USD クウォールズFRB副総裁発言

21:30 CAD カナダCPI(消費者物価指数)

23:30 USD 原油在庫量

 

 

8月22日(木曜日)

 

日米閣僚級貿易協議

ジャクソンホールシンポジウム(テーマ:金融政策への課題)

 

03:00 USD FOMC議事録

08:00 AUD 製造業PMI

 

 

 

 

RECOMMEND