正月明けてマーケットは本格スタート! 「1月4日の注目点とイベントスケジュール」

TOP > 注目点とイベントスケジュール > 正月明けてマーケットは本格スタート! 「1月4日の注目点とイベントスケジュール」

2022年1月4日

正月明けてマーケットは本格スタート! 「1月4日の注目点とイベントスケジュール」

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

昨日は米株が上昇、ダウ平均とS&P500が史上最高値を更新するなどリスク資産に資金が集中、安全資産である債券市場からは資金が流出し米金利は上昇、ドル買いが進みました。

ドル円は115.36円まで上昇し、ユーロドルは1.1280ドルまで下落しています。

 

トルコではCPI(消費者物価指数)が発表され、前年比36.08%(予想30.6%)前月比13.58%(予想9.0%)と予想を大きく上回りインフレが進んでいます。

このままでいくとハイパーインフレが進み、トルコ経済を圧迫するのではないかと注目しています。

 

本日は昨日堅調だった米株が続伸となるか、米指標であるISM製造業景況指数に注目しています。

また、日本は正月明けで株取引が始まるので、どのような動きになるのか見極めていきたいと思います。

 

◎本日の注目点

 

1)ISM製造業景況指数

 

昨日ダウ平均やS&P500は史上最高値を更新するなど米国景気は順調に推移しています。

米国市場ではリスク資産に資金が移り米株は上昇し、債券利回りは上昇しています。

利回り上昇につられ米ドル買いも進んでいます。

本日のISM製造業景況指数が予想を上回り、米国リスクオンが継続するようであれば、株高・利回り高・ドル高が継続するのではないかと注目しています。

 

 

 

2)OPECプラス閣僚級会合

 

本日はOPEC加盟国とロシアなど非加盟国による閣僚級会合、OPECプラス閣僚級会合が開催されます。

現行の日量40万バレルの増産目標を引き上げるとの噂や、増産目標は現状維持ではないかとの見方など、意見が分かれており原油価格は神経質な動きをしています。

本日のOPECプラス閣僚級会合でどのような結論が発表されるかによって、原油価格が大きく動くのではないかと考えています。

原油価格の上昇はエネルギー資源価格の上昇に繋がり、物価高に繋がり、利上げ期待に繋がるのではないかと考えて、金利にも影響するのではないかと注目しています。

 

 

 

3)リスク要因

 

本日注目しているリスク要因は中国に注目しています。

昨日は中国恒大集団の香港市場で取引停止になるなど、デフォルトが続き不安定な状況となっています。

本日は財新製造業PMIが発表されるなど、中国の景気後退が大きく見えてくるのではないかと考えています。

その事でオセアニアや日本などに影響し、リスクオフが進むのではないかと考えています。

中国関連のヘッドラインに注目しながら、リスクオフに注目しておきたいと思います。

 

 

 

◎本日のイベントスケジュール

 

 

1月4日(火曜日)

 

ニュージーランド休場

OPECプラス閣僚級会合

 

10:45 CNY 財新製造業PMI

16:45 EUR フランスHICP(消費者物価指数)(速報値)

17:55 EUR ドイツ失業率

18:30 GBP 英製造業PMI(改定値)

 

 

1月5日(水曜日)

 

00:00 USD ISM製造業景況指数

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

岡ちゃんマンおススメ分析ツール

TradingView

数多くの通貨ペア、商品、債権、株価指数など取り扱っており、様々な分析が出来るプラットフォームです。

為替・株式・債券・商品など各マーケットは相関性があり、各マーケットを見比べることはトレードにとってプラスになります。

1枚のチャートに為替と株価指数や、為替と商品などを重ねて表示できるのは比較するときにとても便利です。

多くの機能は無料で使えるので試しに使ってみてはいかがでしょう!

 

SNS機能も付いているので、是非フォローしていただけたらと思います↓↓↓

https://jp.tradingview.com/u/okachanman/

 

 

 

 

 

RECOMMEND