いにしえ流 FXブログ

よく読まれてる記事Popularity

注目のEUサミット開催! どうなる英国の行方は!? ~3月21日の注目点とスケジュール~

 

昨日は、FOMC開催され、金融政策が発表されました。 政策金利は据え置き、バランスシートの縮小は9月で終了予定、利上げ見通しも来年までで1回、GDP予想は下方修正と大幅なハト派姿勢が発表されました。

 

声明文でも、記者会見でもハト派であったことから、米ドルは売られ続けていきました。 ドル円は約100pipsの下落となりました。 ハト派、緩和姿勢の発表であったにもかかわらず、株価は下落で引けています。 米10年債利回りは大きく下落。 日米利回り差は縮小しています。

 

この流れを、東京・欧州市場がどのように消化していくのか気になります。

 

◎本日の注目点

 

 

1)EUサミット開催

 

昨日までの発言を見ていると、離脱期限の延期は難しそうに感じます。

 

英国側の注目点

・離脱案の採決はどうするのか?

・再度交渉を持ちかけるのか?

・離脱期限の延長期間は?

・2度目の国民投票は?

・メイ首相の進退は?

 

欧州側の注目点

・離脱期限の延期期間?

・離脱期限の延期の可否

・再交渉の可否

・欧州議会選挙の兼ね合い

・どのような条件を英国に突き付けるか?

・反対する国がどのくらい出てくるのか?

 

今日・明日はEUサミットで英国離脱の期限延期に注目が集まると思います。 昨日も各国要人発言が出てきていますが、延期に否定的な発言が多かったように感じます。 ヘッドラインに注目しておきたいと思います。

 

 

※昨日の発言は以下をご覧ください


3月20日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

 

 

 

 

2)政策金利発表

 

本日は、スイス・ノルウェー・英国で政策金利が発表されます。 ノルウェーは利上げが予想されています。 スイス・英国は据え置きが予想されています。 各国の、今後の金融政策について注目しておきたいと思います。

 

 

 

 

◎本日のイベントスケジュール

 

 

3月21日(木曜日)

 

EUサミット(首脳会談)

 

09:30 AUD 雇用者数増減・失業率

17:30 CHF スイス政策金利発表

18:00 CHF SNB記者会見

18:00 NOK ノルウェー政策金利発表

18:00 EUR 欧州マンスリーレポート

18:30 GBP 小売売上高

21:00 GBP 政策金利・QE額・MPC投票配分発表

21:30 USD フィラデルフィア連銀製造業指数

 

3月22日(金曜日)

 

08:30 JPY CPI(消費者物価指数)

 

 

 

 

 

 


■やる気になりますので、応援お願いします!

コメントを残す