米国・カナダ休場で閑散相場か!? 「2月17日の注目点とイベントスケジュール」

TOP > 注目点とイベントスケジュール > 米国・カナダ休場で閑散相場か!? 「2月17日の注目点とイベントスケジュール」

2020年2月17日

米国・カナダ休場で閑散相場か!? 「2月17日の注目点とイベントスケジュール」

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

本日はカナダと米国が休場で閑散とした相場が予想されます。

週明けで方向感を確認するためにも、積極的に取引とはならないような気がしています。

 

また、先週末から米中合意第1段階内容がスタートしています。

中国が合意内容を履行することが出来るか注目です。

 

その他、米国債の償還利払いによるレパトリがどこまで出てくるのか、ドル高が進んでいる状況で米国がドル高をどこまで許容するのか、ともにドル安要因なので注目しています。

 

 

◎本日の注目点

 

1)COVID-19(新型コロナウイルス)

 

本日は日本でGDPが発表されますが、その他に注目度の高い経済指標がありません。

そのため、材料視されるのがCOVID-19(新型コロナウイルス)になるのではないかと思われます。

どのような点に注目するかというと、中国による追加刺激策がどこまで株価を支えることが出来るのか、感染拡大が抑えることが出来るのかです。

 

中国政府は追加刺激策を表明していますが、中国国内で感染拡大を懸念して流通や交通や生産を停止していることで経済悪化も拡大しています。

刺激策と経済悪化のどちらが上回るか注目です。

中国では、COVID-19(新型コロナウイルス)に加え、豚コレラや鳥インフルエンザなどもあるので併せて注目しています。

 

感染拡大については、中国を含め世界的に感染者数の拡大がどこまで広がるのか、感染拡大スピードは落ち着くのかに注目しています。

あと、国内感染で3次感染者が増えないかも注目しています。

国内感染が増えてくると、海外から見た日本が危険な国となった場合、渡航禁止措置がとられると観光者の激減や部品調達が出来ないことによる完成品の組み立てが出来なくなるなど、日本経済に与える影響が大きくなってきます。

国内での感染拡大にも要注意です。

 

 

 

 

2)ユーロ圏財務相会合

 

欧州でもCOVID-19(新型コロナウイルス)の影響が出ています。

その他政治リスクに景気後退リスクなどが懸念して、ユーロは大きく売られています。

今日、明日と2日間でユーロ圏とEU財務相会合が行われる予定となっており、どのような内容が出てくるか注目しています。

本日は米国とカナダが休場のため、欧州市場後半は通常よりも閑散としている可能性が高いです。

その中で、重要発表があった場合、大きく動く可能性があるので要注意です。

 

 

 

◎本日のイベントスケジュール

 

 

2月17日(月曜日)

 

米国・カナダ休場

ユーロ圏財務相会合

 

08:50 JPY 国内総生産・GDP

23:00 EUR レーンECB専務理事発言

 

 

 

 

 

 

 

岡ちゃんマンおススメ分析ツール

TradingView

数多くの通貨ペア、商品、債権、株価指数など取り扱っており、様々な分析が出来るプラットフォームです。

為替・株式・債券・商品など各マーケットは相関性があり、各マーケットを見比べることはトレードにとってプラスになります。

1枚のチャートに為替と株価指数や、為替と商品などを重ねて表示できるのは比較するときにとても便利です。

多くの機能は無料で使えるので試しに使ってみてはいかがでしょう!

 

SNS機能も付いているので、是非フォローしていただけたらと思います↓↓↓

https://jp.tradingview.com/u/okachanman/

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND