米大統領選挙テレビ討論会に注目! 「9月30日の注目点とイベントスケジュール」

TOP > 注目点とイベントスケジュール > 米大統領選挙テレビ討論会に注目! 「9月30日の注目点とイベントスケジュール」

2020年9月30日

米大統領選挙テレビ討論会に注目! 「9月30日の注目点とイベントスケジュール」

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

昨日は離脱協議の進展観測からポンドが買われましたが、まだまだ合意出来ない警戒感もありポンドの上値は限定的でした。

その他は月末実需フローとみられるユーロ買い以外は、原油安の影響を受けたカナダドルが大きく売られました。

 

本日は今週のヤマ場となるテレビ討論会が予定されています。

久しぶりに東京市場に活気が戻ってくるかもしれません。

 

◎本日の注目点

 

1)テレビ討論会

 

本日、日本時間10:00~米大統領選挙 第1回 テレビ討論会が予定されていて注目が集まっています。

直接討論することから、テレビ討論会を見て支持を決める有権者や支持を変える有権者は多いとの事なので、テレビ討論会は選挙戦の中で重要視されています。

また、全部で3回あるテレビ討論会の中で第1回目は、テレビ討論会の流れを決める可能性があることから特に注目されています。

 

今回の討論会の注目点は以下の通りです。

 

・新型コロナ景気対策法案(民主党:2.2兆ドル 対 トランプ政権:1.5兆ドル)
・最高裁判事の承認(民主党:大統領選後 対 トランプ政権:10月26日週に承認)
・税制(民主党:増税路線 対 トランプ政権:追加減税)
・対中国(民主党:融和策 対 トランプ政権:覇権争い継続)
・新型コロナウイルス感染拡大の責任(感染者数:715万人、死者数:20万人)
・人種差別問題対策

 

トランプ大統領はバイデン候補の認知症疑惑などを攻撃、バイデン候補はトランプ大統領の納税疑惑を攻撃するのではないかと思われています。

 

 

 

2)離脱交渉

 

昨日、「英国は協議打開を目指して欧州連合(EU)に新たな通商合意案を送付した」との一部報道が出てきていることから、合意に向けて協議が進んでいる可能性が出てきました。

ただ英国議会では下院で、国内市場法案が賛成340票に対し反対256票で可決しました。

国内市場法案は下院で可決しましたが、この後上院で協議される予定となっていて、上院は反対が多く成立するには時間がかかるとみられています。

 

EUは9月30日までに国内市場法案を撤回するように求めている中、英下院で法案可決したことでEUは法的処置に出てくるのか、せっかく進み始めた離脱協定が止まってしまうのではないかと懸念されています。

本日の離脱交渉の状況に要注目です。

 

 

 

 

◎本日のイベントスケジュール

 

 

9月30日(水曜日)

 

米大統領選挙 第1回 テレビ討論会(日本時間10:00~)

英国と欧州連合(EU)の首席交渉官級による第9回協議(ブリュッセル、10月2日まで)

 

09:00 NZD NZ企業景況感指数

10:00 CNY 中国製造業・非製造業・総合PMI

10:30 AUD 豪建築許可件数

10:45 CNY 財新製造業PMI

15:00 GBP 英GDP(4~6月期)

15:00 EUR ドイツ小売売上高

15:45 EUR フランスHICP(消費者物価指数)

16:30 EUR ラガルドECB総裁発言

16:55 EUR ドイツ失業率

17:00 EUR カジミール・スロバキア中銀総裁発言

17:30 EUR レーン・フィンランド中銀総裁発言

17:30 GBP ホールデンBOE外部理事発言

18:00 EUR イタリアHICP(消費者物価指数)

18:00 EUR ユーロ圏HICP(消費者物価指数)

21:15 USD ADP雇用統計

21:30 USD 米GDP(4~6月期)(確定値)

21:30 CAD カナダGDP(4~6月期)(確定値)

23:00 USD 米中古住宅販売保留

23:00 EUR レーンECB専務理事発言

23:30 USD 原油在庫量

 

 

10月1日(木曜日)

 

00:00 USD カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁発言

02:40 USD ボウマンFRB理事、ブラード・セントルイス連銀総裁発言

07:00 USD カプラン・ダラス連銀総裁発言

08:50 JPY 日銀短観

 

 

 

 

 

 

 

岡ちゃんマンおススメ分析ツール

TradingView

数多くの通貨ペア、商品、債権、株価指数など取り扱っており、様々な分析が出来るプラットフォームです。

為替・株式・債券・商品など各マーケットは相関性があり、各マーケットを見比べることはトレードにとってプラスになります。

1枚のチャートに為替と株価指数や、為替と商品などを重ねて表示できるのは比較するときにとても便利です。

多くの機能は無料で使えるので試しに使ってみてはいかがでしょう!

 

SNS機能も付いているので、是非フォローしていただけたらと思います↓↓↓

https://jp.tradingview.com/u/okachanman/

 

 

 

RECOMMEND