米指標に要注目! 「8月5日の注目点とイベントスケジュール」

TOP > 注目点とイベントスケジュール > 米指標に要注目! 「8月5日の注目点とイベントスケジュール」

2020年8月5日

米指標に要注目! 「8月5日の注目点とイベントスケジュール」

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

米中関係やコロナの感染者数などリスク要因もあり、安全資産の金価格が上昇し高値更新2020ドルを記録しました。

 

リスク要因になるのか、レバノン・ベイルートで大規模な爆発とのヘッドライン。

テロなのか、事故なのか、まだ詳しい状況は分かっていません。

 

また、昨日トルコリラの金利が1000%を超えるという事態になった模様。

トルコリラを売るとかなりの金利をとられることから、売っている人たちがポジション解消の買いが入ったのではないかと言われています。

このような話が出てくると、リラの急落、通貨安危機が懸念されます。

 

◎本日の注目点

 

1)ADP雇用統計

 

5月発表のADP雇用統計は驚異的なマイナス、その後6月・7月とこちらも今までにない数字で回復(プラス)が出てきています。

今回も前回の237万人までいきませんが、150万人という強い予想が出ています。

また、トランプ大統領は金曜日の雇用統計は良い数字が出るというような内容のツイートしています。

本日のADP雇用統計が予想を上回る数字なのか、金曜日の雇用統計の前哨戦に要注目です。

 

 

 

2)ISM非製造業景況指数

 

先日のISM製造業景況指数は予想を上回る結果が出てきていることから、本日のISM非製造業景況指数にも期待感が高まっています。

ISM非製造業景況指数は非製造業(サービス業など)の企業に対し、これからの景気見通しについてアンケートを取り、指数化したもの。

米国のGDPの中で大きな割合を占める消費は重要で、消費するためのサービス業・非製造業がこの先の景気をどのように見ているのか!?

明るいと思っているのか、不安に思っているのかに注目です。

 

 

 

3)リスク要因

 

米国では民主党と共和党の間で追加コロナ対策費について協議が難航していることから、米経済に不安感が出てきている。

 

米中関係では、米中領事館閉鎖の話も続報が出てこないがこのままいくのか!?

TikTok(ティックトック)の買収話も、中国側は批判・反発しています。

米空母2隻が配備されている南シナ海についても、中国側から批判の声が出始めました。

15日には米中合意第1弾の合意内容が履行されているか検証するとの情報。

 

米中関係を中心としてリスク要因が多数あり、どのリスク要因も火が着いて大きくなる可能性があるので要注目です。

 

 

 

 

◎本日のイベントスケジュール

 

 

8月5日(水曜日)

 

07:45 NZD NZ雇用者数増減・四半期失業率

10:45 CNY 財新サービス業PMI

16:30 SEK スウェーデンGDP

16:45 EUR イタリアサービス業・総合PMI(改定値)

16:50 EUR フランスサービス業・総合PMI(改定値)

16:55 EUR ドイツサービス業・総合PMI(改定値)

17:00 EUR ユーロ圏サービス業・総合PMI(改定値)

17:30 GBP 英サービス業・総合PMI(改定値)

21:15 USD ADP雇用統計

21:30 USD 米貿易収支

21:30 CAD カナダ貿易収支

22:45 USD 米サービス業・総合PMI(改定値)

23:00 USD ISM非製造業景況指数

23:30 USD 原油在庫量

 

 

8月6日(木曜日)

 

06:00 USD メスター・クリーブランド連銀総裁発言

 

 

 

 

 

 

 

岡ちゃんマンおススメ分析ツール

TradingView

数多くの通貨ペア、商品、債権、株価指数など取り扱っており、様々な分析が出来るプラットフォームです。

為替・株式・債券・商品など各マーケットは相関性があり、各マーケットを見比べることはトレードにとってプラスになります。

1枚のチャートに為替と株価指数や、為替と商品などを重ねて表示できるのは比較するときにとても便利です。

多くの機能は無料で使えるので試しに使ってみてはいかがでしょう!

 

SNS機能も付いているので、是非フォローしていただけたらと思います↓↓↓

https://jp.tradingview.com/u/okachanman/

 

 

 

RECOMMEND