経済指標・要人発言が多数予定され激動の1週間! 「6月29日週の注目点とイベントスケジュール」

TOP > 注目点とイベントスケジュール > 経済指標・要人発言が多数予定され激動の1週間! 「6月29日週の注目点とイベントスケジュール」

2020年6月28日

経済指標・要人発言が多数予定され激動の1週間! 「6月29日週の注目点とイベントスケジュール」

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

今週は金曜日は、米国が休場ということで前日の木曜日に経済指標が集中します。

第1金曜日に発表される雇用統計が前日の木曜日に発表され、毎週発表される新規失業保険申請件数と同時発表となります。

そして雇用統計が発表された後、NY市場後半は債券市場が短縮取引、金曜日は米市場が休場となり閑散相場が予想されます。

 

指標が多数発表され、多数の要人発言が予定され、週末は米市場が休場で閑散相場、激動の1週間になりそうな気がします。

 

◎今週の注目点

 

1)経済指標

 

今週は月末・月初の週ということで重要経済指標が多数予定されています。

 

カナダGDP(4月):コロナで経済封鎖していた時期のGDPなので注目

財新製造業PMI:中国の製造業がどこまで回復しているのか

豪小売売上高:景気回復の兆しが...という発言が出てただけに小売りの数字が気になる

ADP雇用統計:雇用統計前哨戦、先月の雇用統計が規格外の数字だっただけに注目が集まる

ISM製造業景気指数:景気の先行指数なので、今後の製造業がどのくらい回復できるか、好不況の分岐点50を超えることが出来るか注目

NFP雇用統計・失業率・平均時給:先月が規格外の数字、予想と結果の乖離が出たので、今回の数字がどのくらい出るか注目

 

また、欧州や中国、英国、米国で製造業・サービス業・総合PMIの改定値も発表されるので、予想と結果が大きくかけ離れないかは注意しておきたいと思います。

 

 

 

2)要人発言

 

今週は要人発言が多数予定されており、FRBとBOEの要人に注目です。

 

FRBの要人は、YCC(イールドカーブ・コントロール)の導入について、導入はあるのか、いつ頃導入するのか、ターゲットはどこに置くのか注目です。

発言ではないが、FOMC議事要旨が発表されるので、併せて注目しておきたいと思います。

 

BOEの要人発言は、先週ベイリーBOE総裁が利上げよりも量的緩和の縮小が先と発言していたので、本当にそうの通りなのか、他の理事も緩和の縮小が先と思っているのか注目です。

 

 

 

3)英国FTA交渉

 

英国は今週から集中的にEUとFTA交渉(貿易通商交渉)が始まります。

今までは、移行期間の延長をするのかどうかで交渉は進んでいませんでした。

ただ、移行期間の延長はないと決まったので、交渉期間は残り4か月となり切羽詰まってきました。

今週、何かしらの妥協が出てきたり、一部合意という報道が出てくればポンド買いに繋がるのではないかと注目しています。

 

また、英国はEU以外でも米国や豪州、NZ、日本などとも並行してFTA交渉をしています。

どこかの国で交渉が決まるようであれば、こちらもポンド買いになる可能性があるのではないかと思っています。

 

 

 

4)コロナ感染者数

 

アメリカでは、南部の州を中心にコロナ感染者数が増加、過去最大の数字を記録しています。

コロナ感染者数の増加を受けて、一部商店やバーを閉鎖するなど経済回復にストップがかかっています。

このような流れが広がっていくようであれば、株価2番底もあり得るのではないかと思われます。

感染者増加を止めることが出来るのか注目です。

 

 

 

5)リスク要因

 

・北朝鮮リスク

・米中関係

・香港問題

・中豪関係

・中印関係

・米欧関係

・差別抗議デモ

・米大統領選挙リスク

 

 

 

◎今週のイベントスケジュール

 

 

6月29日(月曜日)

 

16:00 EUR スペインHICP(消費者物価指数)

18:00 EUR ユーロ圏消費者信頼感指数(確定値)

18:30 GBP ベイリーBOE総裁発言

21:00 EUR ドイツHICP(消費者物価指数)

21:30 CAD カナダ建築許可件数

21:30 GBP ブリハBOE外部理事発言

23:00 USD 米中古住宅販売保留

 

 

6月30日(火曜日)

 

00:00 USD デイリー・サンフランシスコ連銀総裁発言

04:00 USD ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁発言

04:00    ゲオルギエバ国際通貨基金(IMF)専務理事発言

08:30 JPY 失業率

10:00 CNY 中国製造業・非製造業PMI

10:00 NZD NBNZ企業景況感指数

15:00 GBP 英GDP(1~3月期)(改定値)

15:45 EUR フランスHICP(消費者物価指数)(速報値)

16:00 EUR スペインGDP(1~3月期)(改定値)

18:00 EUR イタリアHICP(消費者物価指数)(速報値)

18:00 EUR ユーロ圏HICP(消費者物価指数)(速報値)

20:00 EUR シュナーベルECB専務理事発言

21:30 CAD カナダGDP(4月)

23:00 USD 米消費者信頼感指数

23:00 GBP カンリフBOE副総裁発言

 

 

7月1日(水曜日)

 

00:00 USD ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁、ムニューシン財務長官発言(米下院でコロナ対策について証言)

07:45 NZD NZ建築許可件数

08:50 JPY 日銀短観

10:30 AUD 豪住宅建設許可件数

10:45 CNY 財新製造業PMI

15:00 EUR ドイツ小売売上高

16:30 SEK スウェーデン政策金利発表

16:45 EUR イタリア製造業PMI(改定値)

16:50 EUR フランス製造業PMI(改定値)

16:55 EUR ドイツ製造業PMI(改定値)・失業率

17:00 EUR ユーロ圏製造業PMI(改定値)

17:30 GBP 英製造業PMI(改定値)

21:15 USD ADP雇用統計

22:45 USD 米製造業PMI(改定値)

23:00 USD ISM製造業景気指数

23:00 USD エバンス・シカゴ連銀総裁発言

23:30 USD 原油在庫量

 

 

7月2日(木曜日)

 

米債券市場短縮取引

 

03:00 USD FOMC議事要旨(6月10日分)

07:00 NZD NZIER企業景況感

18:00 EUR ユーロ圏失業率

20:00 TRY トルコ政策金利決定会合議事要旨

21:30 USD NFP雇用統計・失業率・平均時給・新規失業保険申請件数・貿易収支

21:30 CAD カナダ貿易収支

 

 

7月3日(金曜日)

 

米国休場(独立記念日の振り替え休日)

 

01:00 GBP BOE(英中銀)金融安定報告書

02:00 USD ベイカーヒューズ社リグカウント

10:30 AUD 豪小売売上高

10:45 USD 財新サービス業PMI

16:00 TRY トルコCPI(消費者物価指数)

16:45 EUR イタリア総合・サービス業PMI(改定値)

16:50 EUR フランス総合・サービス業PMI(改定値)

16:55 EUR ドイツ総合・サービス業PMI(改定値)

17:00 EUR ユーロ圏総合・サービス業PMI(改定値)

17:30 GBP 英総合・サービス業PMI(改定値)

21:00 EUR クノット・オランダ中銀総裁発言

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

岡ちゃんマンおススメ分析ツール

TradingView

数多くの通貨ペア、商品、債権、株価指数など取り扱っており、様々な分析が出来るプラットフォームです。

為替・株式・債券・商品など各マーケットは相関性があり、各マーケットを見比べることはトレードにとってプラスになります。

1枚のチャートに為替と株価指数や、為替と商品などを重ねて表示できるのは比較するときにとても便利です。

多くの機能は無料で使えるので試しに使ってみてはいかがでしょう!

 

SNS機能も付いているので、是非フォローしていただけたらと思います↓↓↓

https://jp.tradingview.com/u/okachanman/

 

 

 

RECOMMEND