英中銀・トルコ中銀・スイス国立銀行(SNB)・ノルウェー中銀と金融政策発表ラッシュ! 「9月23日の注目点とイベントスケジュール」

TOP > 注目点とイベントスケジュール > 英中銀・トルコ中銀・スイス国立銀行(SNB)・ノルウェー中銀と金融政策発表ラッシュ! 「9月23日の注目点とイベントスケジュール」

2021年9月23日

英中銀・トルコ中銀・スイス国立銀行(SNB)・ノルウェー中銀と金融政策発表ラッシュ! 「9月23日の注目点とイベントスケジュール」

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

昨日は日銀金融政策決定会合が開催されましたが、いつも通り現状維持。
無風通過でした。

 

また注目されていたFOMCでは、テーパリングの道筋がある程度見えてきました。

11月に発表して12月テーパリングスタート、経済が見通し通りなら来年半ばに量的緩和は終了する予定のようです。

FOMC発表直後はテーパリングに反応したのか一瞬ドル買いに動きましたが、その後は経済見通しが下方修正されたことで金利は低下しドル売りで反応しました。

ただ、いつもはハト派のパウエルFRB議長の記者会見でタカ派発言が続き、来年半ばで量的緩和の終了の可能性に触れるなどタカ発言が出てくると金利は上昇しドル買い進みました。

 

本日は英中銀やスイス国立銀行、ノルウェー中銀、トルコ中銀など金融政策発表が予定されています。
スイス国立銀行(SNB)は日銀同様に現状維持で無風ではないかと考えています。

ノルウェーは利上げが予想されていますが、ユーロや主要通貨にどこまで影響があるかは不明です。

一応、気を付けておきたいところです。

 

◎本日の注目点

 

1)英中銀(BOE)金融政策発表

 

注目度:高い

織り込み度:据え置きを織り込み済み

バイアス:特になし

 

ポイント:MPCメンバーの投票配分とキャサリン・マン氏の投票動向

 

本日の英中銀(BOE)では据え置きになると予想しています。

ただ、引き締めに対して肯定的な見解を持つメンバーと、まだ引締めには早いと否定的な見解を持つメンバーが4:4になっているという発言があったことから、今回引き締めに何票か入るのではないかと注目しています。

先日の発言通り4:4となった場合は、今回から参加する新メンバーキャサリン・マン氏の投票動向が注目です。

もし、引き締めに投票した場合は5:4になる可能性もあるので注目しています。

 

 

 

2)トルコ中銀金融政策発表

 

注目度:やや高い

織り込み度:据え置き9:利下げ1

バイアス:トルコリラ安

 

ポイント:利下げと金利見通し

 

先日トルコ中銀は政策判断の指針をインフレ率からコアインフレ率に変更、「政策金利>インフレ率」から「政策金利>コアインフレ率」に変更。

総合インフレ率は19.25%(前月18.95%)、コアインフレ率は16.76%(前月17.22%)と総合インフレ率とコアインフレ率を比べるとコアインフレ率のほうが低く、低下傾向にあります。

この状況を見ると、エルドアン大統領からの利下げ圧力に対して、利下げする正当性を作るために指針を変更したのではないかとマーケットは注目しています。

もし、マーケットが注目している通り、指針の変更が利下げの正当性を作るためだとすると今回の政策発表で利下げするのではないかと注目が集まっています。

利下げされればリラ安が進み、安値を更新すればトルコリラがクラッシュしないかにも注目しています。

 

 

 

3)製造業・サービス業・総合PMI

 

本日は欧州や英国、米国で製造業・サービス業・総合PMIの速報値が発表されます。

デルタ株の感染拡大、その他にも多数の変異株が拡大していて景気回復の足を引っ張っているのではないか、景気回復はピークアウトしているのではないかと注目されています。

景気後退の懸念が出ていないかを確認するためにも、先行指標としてのPMIに注目が集まっています。

今週は速報値なので、予想と結果が大きく乖離する可能性があるので、下方に大きく乖離した場合は感染拡大による景気後退が懸念され、通貨売りに繋がるのではないかと予想しています。

 

英国や米国は感染よりも経済優先で規制を解除しています。

経済正常化に進んでいるのに、PMIが悪化となると懸念は大きくなるのではないかと、特に注目しています。

 

 

 

4)リスク要因

 

今週に入り中国恒大集団のデフォルト懸念が注目されていますが、昨日「23日分の人民元建て利払いは実施する」との報道でリスクオフは後退しています。

ドル建て債務もありますが、こちらは猶予期間が設定されていることから、猶予期間を使う模様。

ただ、一部報道なので、利払いが確認されるまではリスク要因として注意しておきたいと思います。

 

また、ドル建て債に加えて、まだまだ有利子負債が多く、デフォルト懸念がなくなったわけではないので引き続き中国恒大集団には注目しておきたいと思います。

 

 

 

◎本日のイベントスケジュール

 

 

9月23日(木曜日)

 

東京市場休場(秋分の日)

 

16:15 EUR フランス製造業・サービス業・総合PMI(速報値)

16:30 CHF スイス国立銀行(SNB)政策金利発表

16:30 EUR ドイツ製造業・サービス業・総合PMI(速報値)

17:00 EUR ユーロ圏製造業・サービス業・総合PMI(速報値)

17:30 GBP 英製造業・サービス業・総合PMI(速報値)

18:45 EUR エルダーソンECB専務理事発言

20:00 GBP 英中銀(BOE)政策金利・声明文・MPC投票配分発表

20:00 TRY トルコ政策金利発表

21:30 USD 米新規失業保険申請件数

21:30 CAD カナダ小売売上高

22:45 USD 米製造業・サービス業・総合PMI(速報値)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

国内唯一のFX月刊誌「FX攻略 .com」で長期にわたり連載していたコラムをまとめた電子書籍が発売されました。

コラムでは書かれていなかった内容も追記しています。

 

・電子書籍の詳細はこちら|Kindleストア

amzn.to/2P6DuJy

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

岡ちゃんマンおススメ分析ツール

TradingView

数多くの通貨ペア、商品、債権、株価指数など取り扱っており、様々な分析が出来るプラットフォームです。

為替・株式・債券・商品など各マーケットは相関性があり、各マーケットを見比べることはトレードにとってプラスになります。

1枚のチャートに為替と株価指数や、為替と商品などを重ねて表示できるのは比較するときにとても便利です。

多くの機能は無料で使えるので試しに使ってみてはいかがでしょう!

 

SNS機能も付いているので、是非フォローしていただけたらと思います↓↓↓

https://jp.tradingview.com/u/okachanman/

 

 

 

RECOMMEND