英中銀(BOE)金融政策発表! 「6月24日の注目点とイベントスケジュール」

TOP > 注目点とイベントスケジュール > 英中銀(BOE)金融政策発表! 「6月24日の注目点とイベントスケジュール」

2021年6月24日

英中銀(BOE)金融政策発表! 「6月24日の注目点とイベントスケジュール」

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

昨日はドル高というよりは円安が進み、ドル円は111円台に乗せました。

ただ、一旦111円台に乗せた後はイッキに売り戻しがでて110.70まで戻しました。

その後底堅く推移して、再度111円前後まで上昇してきています。

段々とドル円の底が切り上げてきているように感じます。

 

また、昨日は英国軍とロシア軍が衝突したというような報道がありました。

誤報との話もあり詳細は分かっていませんが、ロシアと欧米英との衝突リスク、地政学リスクには気を付けておきたいと思います。

 

◎本日の注目点

 

1)英中銀

 

注目度:やや高め

織込み度:現状維持を織込み済み

バイアス:特になし

 

本日のBOEは政策金利・資産購入ともに据え置きが予想されています。

(予想:0.10%で据え置き、資産買取プログラムは8950億ポンドで据え置き)

注目は声明文などから利上げ時期のヒントが出てこないかです。

 

英中銀にとって現在の金利水準は非常事態の金利水準だと考えていると思われます。

国民投票でBrexitが決まった後も0.25%まで金利を下げましたが、落ち着くとすぐに利上げし0.5%に戻しました。

このことから、コロナパンデミックで利下げした現在の金利も、コロナが落ち着けば利上げするのではないかと予想しています。

インド株・デルタ株によって感染が再拡大してきている状況で、利上げする時期について声明文などからヒントが出てくるのか注目です。

 

 

 

2)要人発言

 

米国の引き締め期待によって株価が上昇・下落しています。

本日も要人発言が多数予定されているので、発言内容から引き締め期待が進むのか、後退するのか注目です。

 

 

 

 

◎本日のイベントスケジュール

 

 

6月24日(木曜日)

 

EU首脳会議

 

15:45 JPY 黒田日銀総裁発言

17:00 EUR ドイツIFO景況指数

20:00 GBP 英中銀(BOE)政策金利・声明文・MPC投票配分発表

20:30 EUR パネッタECB専務理事発言

21:30 USD 米GDP(1~3月期)(確定値)・新規失業保険申請件数・耐久財受注

22:00 USD バーキン・リッチモンド連銀総裁発言

22:30 USD ボスティック・アトランタ連銀総裁

 

 

6月25日(金曜日)

 

00:00 USD ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁発言

00:30 EUR シュナーベルECB専務理事発言

02:00 USD ブラード・セントルイス連銀総裁、カプラン・ダラス連銀総裁発言

02:00 USD 米7年債入札

04:00 MXN メキシコ政策金利発表

07:45 NZD NZ貿易収支

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

国内唯一のFX月刊誌「FX攻略 .com」で長期にわたり連載していたコラムをまとめた電子書籍が発売されました。

コラムでは書かれていなかった内容も追記しています。

 

・電子書籍の詳細はこちら|Kindleストア

amzn.to/2P6DuJy

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

岡ちゃんマンおススメ分析ツール

TradingView

数多くの通貨ペア、商品、債権、株価指数など取り扱っており、様々な分析が出来るプラットフォームです。

為替・株式・債券・商品など各マーケットは相関性があり、各マーケットを見比べることはトレードにとってプラスになります。

1枚のチャートに為替と株価指数や、為替と商品などを重ねて表示できるのは比較するときにとても便利です。

多くの機能は無料で使えるので試しに使ってみてはいかがでしょう!

 

SNS機能も付いているので、是非フォローしていただけたらと思います↓↓↓

https://jp.tradingview.com/u/okachanman/

 

 

 

RECOMMEND