英中銀Super Thursday! 「2月4日の注目点とイベントスケジュール」

TOP > 注目点とイベントスケジュール > 英中銀Super Thursday! 「2月4日の注目点とイベントスケジュール」

2021年2月4日

英中銀Super Thursday! 「2月4日の注目点とイベントスケジュール」

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

昨日はADP雇用統計やISM非製造業景況指数など経済指標が予想を上回る結果となりましたが、市場の反応は限定的でした。

本日の英中銀Super Thursdayや、明日の雇用統計を控えて様子見姿勢が強く、ほとんど動かない相場となりました。

 

本日も英中銀の発表までは様子見姿勢が強く、動きづらい展開となりそうです。

ただ、英中銀Super Thursdayは注目度も高く、結果次第ではポンドだけでなく米ドルやユーロまで影響が出て、ボラティリティが高くなるのではないかと期待しています。

 

◎本日の注目点

 

1)Super Thursday

 

今回の英中銀による金融政策発表は、インフレーションレポートが同時発表される重要な回「Super Thursday」です。

また、英国がEUから離脱して、初めての金融政策発表ということもあり注目されています。

 

現在は「政策金利0.1%」「資産購入枠8950億ポンド(国債8750億ポンド、社債200億ポンド)」となっていて、今回の予想は「政策金利・資産購入枠」ともに据え置きとなっています。

一部では資産購入枠を拡大するのではないか?

利下げをして、英中銀では初のゼロ金利政策を取り入れるのではないか?

などの噂も出ています。

資産購入枠の拡大や利下げが行われた場合、ネガティブサプライズでポンドは大きく売られるのではないかと思われます。

 

予想通り据え置きであった場合に注目されるのは、マイナス金利や利下げについて検討されたのか?

今後、マイナス金利や利下げの可能性があるのか?

に注目が集まります。

1月中旬にベイリーBOE総裁がマイナス金利に否定的な発言をしポンドが買われていることから、マイナス金利や利下げについて触れられた場合、ポンドが売られる可能性が高いと思われます。

 

また、同時発表されるインフレーションレポートの内容が下方修正されるのか、据え置きなのかにも注目しておきたいと思います。

 

 

 

2)米金利

 

昨日も米金利が上昇しています。

米追加経済対策案によるものだと思われます。

また、昨日の予想を上回るADP雇用統計やISM非製造業景況指数の結果も、追い風となっているのではないかと思われます。

 

本日は米国で重要指標はありませんが、追加経済対策案に関する発言やFRBの政策に関する発言が出てきた場合に、米金利がどのように推移するの注目です。

また、金利が上昇することで米ドルが強くなってきているので、米ドル買いがどこまで進むのかにも注目です。

 

 

 

 

◎本日のイベントスケジュール

 

 

2月4日(木曜日)

 

09:00 NZD NBNZ企業信頼感

09:30 AUD 豪NAB企業景況感

18:30 GBP 英建設業PMI(改定値)

19:00 EUR ユーロ圏小売売上高

21:00 GBP 英中銀金融政策発表(Super Thursday)

22:30 USD 米新規失業保険申請件数

 

 

2月5日(金曜日)

 

03:00 USD カプラン・ダラス連銀総裁発言

04:00 USD デイリー・サンフランシスコ連銀総裁発言

07:30 AUD ロウRBA総裁発言

09:30 AUD 豪小売売上高

 

 

 

 

 

 

 

岡ちゃんマンおススメ分析ツール

TradingView

数多くの通貨ペア、商品、債権、株価指数など取り扱っており、様々な分析が出来るプラットフォームです。

為替・株式・債券・商品など各マーケットは相関性があり、各マーケットを見比べることはトレードにとってプラスになります。

1枚のチャートに為替と株価指数や、為替と商品などを重ねて表示できるのは比較するときにとても便利です。

多くの機能は無料で使えるので試しに使ってみてはいかがでしょう!

 

SNS機能も付いているので、是非フォローしていただけたらと思います↓↓↓

https://jp.tradingview.com/u/okachanman/

 

 

 

RECOMMEND