製造業・サービス業・総合PMI(速報値)に注目! 「6月23日の注目点とイベントスケジュール」

TOP > 注目点とイベントスケジュール > 製造業・サービス業・総合PMI(速報値)に注目! 「6月23日の注目点とイベントスケジュール」

2022年6月23日

製造業・サービス業・総合PMI(速報値)に注目! 「6月23日の注目点とイベントスケジュール」

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

昨日は一昨日の円安を利確するように円高が進みました。

注目されていたパウエルFRB議長の議会証言は、FOMC後の記者会見と内容的には変化がなく、市場が思うほどタカ派な内容とはなりませんでした。

 

本日も議会証言はありますが、昨日よりは注目度は低下します。

議会証言よりは製造業・サービス業・総合PMI(速報値)に注目したいと思います。

◎本日の注目点

 

1)製造業・サービス業・総合PMI(速報値)

 

主要中銀による引き締め政策による景気後退懸念に注目が集まっています。

PMIは今後の景気見通しについてのアンケート結果集計し、指数化したものです。

「50」を好不況の境目として、上回れば好景気、下回れば不景気を見通しているということになります。

引き締め政策、物価高の影響でどこまで景気見通しが下がっているのか?

「50」を割り込むような結果が出てくるのか?

予想を大きく下回るような結果が出てくるようであれば、スタグフレーション懸念が高まり株価は下落し、リスクオフが進む可能性が高くなるのではないかと注目しています。

 

 

 

2)パウエルFRB議長の議会証言

 

昨日のパウエルFRB議長の議会証言は、先日のFOMCを踏襲するような内容でサプライズは出てきませんでした。
市場が思うほどタカ派な内容ではなかったことで米金利は低下しています。

本日もパウエルFRB議長の議会証言が下院議会で予定されています。

昨日の上院議会の議会証言と内容的には大きな変化はないと思うので、よほどのことがない限りは無風で通過するのではないかと思っています。

ただ、一応注意しておきたいと思います。

 

 

 

 

 

◎本日のイベントスケジュール

 

6月23日(木曜日)

 

EU首脳会議

 

16:15 EUR フランス製造業・サービス業・総合PMI(速報値)

16:30 EUR ドイツ製造業・サービス業・総合PMI(速報値)

17:00 EUR ユーロ圏製造業・サービス業・総合PMI(速報値)

17:30 GBP 英製造業・サービス業・総合PMI(速報値)

20:00 TRY トルコ政策金利発表

21:30 USD 米失業保険申請件数

22:45 USD 米製造業・サービス業・総合PMI(速報値)

23:00 USD パウエルFRB議長発言(米下院金融サービス委員会で金融政策や経済情勢に関する半期に一度の証言)

23:30 EUR ナーゲル・ドイツ連銀総裁、ビルロワ・フランス中銀総裁発言

 

 

6月24日(金曜日)

 

EU首脳会議

 

00:00 USD 原油在庫量

03:00 MXN メキシコ政策金利発表

08:50 JPY 日CPI(消費者物価指数)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND