議事要旨の発表、経済指標、追加経済対策案に注目! 「2月15日週の注目点とイベントスケジュール」

TOP > 注目点とイベントスケジュール > 議事要旨の発表、経済指標、追加経済対策案に注目! 「2月15日週の注目点とイベントスケジュール」

2021年2月14日

議事要旨の発表、経済指標、追加経済対策案に注目! 「2月15日週の注目点とイベントスケジュール」

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

先週は重要指標も少なく、材料難で小動きな展開が続く1週間でした。

そんな中、バイデン政権が進める追加経済対策案の期待から米金利は上昇し、10年債利回りは1.2%を超える高水準まで上昇しています。

 

週末にはトランプ大統領の弾劾裁判が開かれ、無罪が確定しました。

共和党は中間選挙の時にトランプ大統領の影響力が必要なため、弾劾裁判で賛成することは出来ません。

共和党の賛成が得られない以上、ギリギリ過半数の民主党ではトランプ大統領を有罪にすることは出来ません。

(弾劾裁判で有罪にするためには2/3の賛成が必要)

弾劾裁判を行っていると追加経済対策案の協議が出来ない為、民主党としても早期決着を望み、形だけの弾劾裁判となりました。

 

トランプ大統領の弾劾裁判を早期決着させるほど、民主党は追加経済対策案の協議に入りたいのだと思われます。

今週は追加経済対策案の協議に関するヘッドラインが増えそうな気がします。

 

◎今週の注目点

 

1)議事要旨

 

FOMC

先日の声明文では早期のテーパリングを否定し、長期の緩和と低金利を発表しました。

ただ、それでも早期のテーパリング論の期待感は残っていると思われ、議事要旨でテーパリングについて触れられていないか注目されている。

また、バイデン政権が進める追加経済対策案について、どのように触れられているかも注目です。

あらためてハト派姿勢が強調されるような内容であればドル安が進む可能性があり、逆にテーパリングについて触れられていたりするとドル高が進む可能性があると予想しています。

 

 

ECB

ECBは先日の理事会で据え置きを発表しましたが、マイナス金利の深掘りや追加緩和などが噂されています。

また、ユーロ高懸念についても話題になっていないかも気になります。

一部ではマイナス金利の深掘りや追加緩和に反対の声も出ているのではないかと、ECB理事会内のハト派とタカ派の分布も気になります。

議事要旨でマイナス金利の深掘りや追加緩和について、どのくらいの理事が賛成しているのか反対しているのか、可能性があるのかに注目です。

 

 

RBA

先日のRBA理事会では予想外にハト派色が強く、豪ドル高懸念ともとられる内容が出てきました。

ただ、内容のわりに豪ドルの下落は限定的で、RBAの早期テーパリング期待は根強いのではないかと思われます。

議事要旨でテーパリングについて触れられていないのか、コロナを含めて経済見通しをどのように見ているのか注目です。

 

 

 

2)経済指標

 

今週は重要指標がいくつか予定されています。

 

最近注目の製造業・サービス業・総合PMIの速報値がフランスやドイツ、ユーロ圏、英国、米国で発表されます。

今回は速報値なので、動く可能性が高いので注目です。

 

また、カナダと英国ではCPI(消費者物価指数)、米国や英国・カナダ・豪州で小売売上高が発表されます。

豪州では雇用統計の発表が予定されています。

RBAは雇用を重視しているようで、特に失業率に注目しています。

先日の理事会で早期テーパリングを否定しましたが、失業率が予想を上回る回復を見せた場合は、再度早期のテーパリング期待が高まるのではないかと注目しています。

 

 

 

3)追加経済対策案

 

今週、バイデン政権が進める追加経済対策案が成立するか注目、マーケットは成立をかなり織り込んでいるため、成立しない場合や減額する場合は、株価が下落するのではないかと注目されています。

 

米国では追加経済対策案の期待から、株価は上昇を続けています。

バイデン政権は1.9兆ドルの経済対策案を進めていて、共和党が反対する中で強行採決に踏み切り、今週成立させるとみられています。

上院議会では民主党がギリギリかhん数を獲得しており、「財政調整措置」という制度を使って過半数での成立を目指しています。

ただ、共和党は「バード・ルール」の違反しているのではないかと指摘して、民主党の「財政調整措置」による強硬採決を阻止しようとしています。

 

今週、成立できるのか?

それとも「バード・ルール」に違反しないように、減額するのか?

追加経済対策案に注目です。

 

 

 

 

◎今週のイベントスケジュール

 

 

2月15日(月曜日)

 

米市場休場(プレジデントデー)

中国市場休場(春節)

ユーロ圏財務相会合

 

08:50 JPY 国内総生産(10~12月期)(速報値)

16:00 EUR ドイツGDP

19:00 EUR ユーロ圏鉱工業生産

 

 

2月16日(火曜日)

 

中国市場休場(春節)

 

09:30 AUD RBA理事会議事要旨

19:00 EUR ドイツZEW景況感指数

19:00 EUR ユーロ圏ZEW景況感指数、GDP(10~12月期)(改定値)

 

 

2月17日(水曜日)

 

中国市場休場(春節)

 

05:00 USD デイリー・サンフランシスコ連銀総裁発言

10:00 AUD ケントRBA総裁補佐発言

16:00 GBP 英CPI(消費者物価指数)

22:30 USD 米小売売上高

22:30 CAD カナダCPI(消費者物価指数)

23:15 USD ローゼングレン・ボストン連銀総裁発言

 

 

2月18日(木曜日)

 

中国市場休場(春節)

 

01:00 GBP ラムスデンBOE副総裁発言

03:00 USD 米20年債入札

04:00 USD FOMC議事要旨

09:30 AUD 豪雇用統計、失業率

20:00 TRY トルコ政策金利発表

21:30 EUR ECB理事会議事要旨

22:00 USD ブレイナードFRB理事発言

22:30 USD 米建築許可件数、新規失業保険申請件数、フィラデルフィア連銀製造業景況指数

 

 

2月19日(金曜日)

 

00:00 EUR ユーロ圏消費者信頼感指数(速報値)

00:00 USD ボスティック・アトランタ連銀総裁発言

01:00 USD 原油在庫量

08:50 JPY 日CPI(消費者物価指数)

09:00 AUD 豪小売売上高

16:00 GBP 英小売売上高

16:45 EUR フランスHICP(消費者物価指数)(改定値)

17:15 EUR フランス製造業・サービス業・総合PMI(速報値)

17:30 EUR ドイツ製造業・サービス業・総合PMI(速報値)

18:00 EUR ユーロ圏製造業・サービス業・総合PMI(速報値)

18:30 GBP 英製造業・サービス業・総合PMI(速報値)

22:30 CAD カナダ小売売上高

23:45 USD 米製造業・サービス業・総合PMI(速報値)

 

 

2月20日(土曜日)

 

00:00 USD 米中古住宅販売戸数

01:00 USD ローゼングレン・ボストン連銀総裁発言

03:00 USD ベイカーヒューズ社リグカウント

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

岡ちゃんマンおススメ分析ツール

TradingView

数多くの通貨ペア、商品、債権、株価指数など取り扱っており、様々な分析が出来るプラットフォームです。

為替・株式・債券・商品など各マーケットは相関性があり、各マーケットを見比べることはトレードにとってプラスになります。

1枚のチャートに為替と株価指数や、為替と商品などを重ねて表示できるのは比較するときにとても便利です。

多くの機能は無料で使えるので試しに使ってみてはいかがでしょう!

 

SNS機能も付いているので、是非フォローしていただけたらと思います↓↓↓

https://jp.tradingview.com/u/okachanman/

 

 

 

RECOMMEND