いにしえ流 FXブログ

よく読まれてる記事Popularity

週末のG20首脳会談に向けて注目点は!? ~6月23日週の注目点とイベントスケジュール~

 

 

先週は、FOMCや日銀、英中銀MPCなど主要国で政策金利が発表されました。 世界的に緩和政策競争になっている中での発表だったので注目度は上がり、FOMC発表後には米ドルは大きく売られました!

 

また、注目が緩和政策に集まっている中、イランが米無人機を撃墜するなど、リスクオフも進んでいます。

 

その他では、英国の次期首相を決める保守党党首選がで、ボリス・ジョンソン前外相とジェレミー・ハント外相が決選投票への進出を決めています。 これから1か月間かけて、英国全土の保守党党員による郵便投票が行われます。

◎今週の注目点

 

 

1)G20首脳会談(大阪)

 

今週末にG20首脳会談(大阪)を控えて、各国首脳の行動や発言に注目が集まります。 特にトランプ大統領の行動・発言には要注意です。

 

現在のところ、米中首脳会談が開催される方向で進んでいるようです。 トランプ大統領も習近平国家を持ち上げるような発言が出てきています。 マーケットは好感しリスクオンに傾いているようです。 ただ、個人的には、リスクオンに傾いて円安になったとしても、首脳会談がうまくいくとは思えず、どこかのタイミングで円高に進むのではないかと思っています。 特に首脳会談後には、中国に対して追加関税が発動されるのではないかと思っています。

 

追加関税が発動されれば、再度リスクオフの流れになり円高が進み、107円割れや1月のフラッシュクラッシュ時の安値を目指す動きになるのではないかと思っています。 要注目です。

 

 

 

2)地政学リスク

 

イラン対米国の緊張感が高まってきています。 米無人探査機が撃墜されたことで、一時報復攻撃寸前までいっていました。 直前で攻撃命令は取り消されたと報道されています。 ただ、攻撃はされませんでしたが、対イラン追加制裁はかけられたようです。 イランは反発しています。 ホルムズ海峡の封鎖を含め報復措置を検討しているようです。 また、濃縮ウランの製造量は、核合意の許容量を超えそうです。 この件についてイランは欧州に対しイランに協力的でない。 核合意について見直し(破棄)を突き付けています。 回答期限として7月7日を設定していますが、もしかするとその前に核合意で決めてある濃縮ウラン製造量の許容量を超えるかもしれません。 タンカー攻撃・無人機撃墜に次ぐリスクとなるかもしれません。 要注目です。

 

その他に、イラン問題が原油価格の押し上げ要因となっています。 タンカーが攻撃されたこと、ホルムズ海峡の封鎖リスクなど直接的原因もそうですが、輸送コスト(保険料率のアップなど)も上昇しているそうです。 攻撃や封鎖がなくても、イランとの関係性が悪化すれば保険料率のさらなるアップや防衛コストのアップが原油価格の上昇につながるのではないかと思います。 原油価格に関しては、OPEC総会や加盟国・非加盟国閣僚会合などもあるので、そちらにも注目しておきたいと思います。

 

あとは、トルコ・イスタンブール選挙のやり直し選挙が行われています。 前回も結果が確定するまで数日かかりました。 今回もすぐに結果が出ない可能性もありますが、与党が敗退するようであればトルコリラ売りにつながる可能性大です。 週明け窓開けも含め注意しておきたいと思います。

 

その他、リスクとして米中関係は、上記のとおりです。

 

 

 

3)要人発言

 

先週までは、政策金利発表前のブラックアウト期間で要人発言があまりありませんでした。 ただ、先週FOMCや英中銀MPCが終了したことで、今週は要人発言が多数予定されています。 錦秋政策に関する発言も多数出てくるのではないかと思います。 特に米国FRBは利下げにシフト変更しています。 7月FOMCでの利下げはほぼ100%織り込まれています。 注目は年内もう1回利下げが行われるのかです。 各要人の発言には注目です。

 

また、オセアニア通貨(豪ドルやニュージードル)も利下げしています。 今後の追加利下げがあるのかどうかも気になるところです。 ニュージーランドでは政策金利・声明文発表と記者会見が予定されています。 記者会見での発言には特に注目したいと思います。

 

 

 

◎今週のイベントスケジュール

 

 

6月23日(日曜日)

 

トルコ・イスタンブール再選挙

 

23:00 USD ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁発言

 

 

6月24日(月曜日)

 

08:30 AUD ロウRBA総裁発言

17:00 EUR ドイツIFO景況指数

 

 

6月25日(火曜日)

 

OPEC総会(ウィーン)

 

07:45 NZD 貿易収支

08:50 JPY 金融政策決定会合議事録

16:05 AUD ブロックRBA総裁補佐発言

21:00 HUF ハンガリー政策金利発表

21:30 CAD 卸売売上高

21:45 USD ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁発言

23:00 USD 消費者信頼感指数・リッチモンド連銀製造業景況指数

 

 

6月26日(水曜日)

 

OPEC加盟国・非加盟国閣僚会合(ウィーン)

米民主党・大統領選挙候補者討論会(フロリダ州マイアミ)

 

01:00 USD ボスティック・アトランタ連銀総裁発言

02:00 USD 2年債入札

02:00 USD パウエルFRB議長発言

04:30 USD バーキンリッチモンド連銀総裁発言 

07:30 USD ブラード・セントルイス連銀総裁発言

11:00 NZD ニュージーランド政策金利・声明文発表

12:00 NZD オアRBNZ総裁記者会見

15:00 EUR ドイツGfk消費者信頼感指数

15:45 EUR フランス消費者信頼感指数

17:00 EUR イタリア公的赤字

17:30 GBP 住宅ローン承認件数

18:15 GBP カーニーBOE総裁・カンリフBOE副総裁・テンレイロBOE外部理事・ソーンダースBOE外部理事発言

21:30 USD 耐久財受注

23:00 USD 原油在庫量

 

 

6月27日(木曜日)

 

米民主党・大統領選挙候補者討論会(フロリダ州マイアミ)

 

02:00 USD 5年債入札

10:00 NZD NBNZ企業景況感指数

10:30 JPY 若田部日銀副総裁発言

16:00 EUR スペインHICP(消費者物価指数)

18:00 EUR ユーロ圏消費者信頼感指数

18:45 EUR イタリア5年債・10年債入札

21:00 EUR ドイツHICP(消費者物価指数)

21:30 USD GDP(確定値)

23:00 USD 中古住宅販売戸数

 

 

6月28日(金曜日)

 

G20首脳会談(大阪)

 

01:00 USD ノボトニー・オーストリア中銀総裁発言

02:00 USD 7年債入札

03:00 MXN メキシコ政策金利発表

08:50 JPY 日銀主な意見公表

15:45 EUR フランスHICP(消費者物価指数)

16:00 EUR スペインGDP

16:00 TRY トルコ貿易収支

17:30 GBP GDP

18:00 EUR イタリアHICP(消費者物価指数)

18:00 EUR ユーロ圏HICP(消費者物価指数)

21:30 CAD カナダGDP

21:00 USD PCEデフレーター

23:00 USD ミシガン大学消費者信頼感指数

23:30 CAD 企業景況感

 

 

6月29日(土曜日)

 

G20首脳会談(大阪)

 

02:00 USD ベイカーヒューズ社リグカウント

 

 

 

 

 


■やる気になりますので、応援お願いします!

コメントを残す