週末を迎えリスク要因に注目! 「8月20日の注目点とイベントスケジュール」

TOP > 注目点とイベントスケジュール > 週末を迎えリスク要因に注目! 「8月20日の注目点とイベントスケジュール」

2021年8月20日

週末を迎えリスク要因に注目! 「8月20日の注目点とイベントスケジュール」

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

昨日はリスクオフが進み、資源価格が下落。
鉄鉱石や原油、金・プラチナなど資源価格が下落したことで、資源国通貨であるNZドルや豪ドル、カナダドルが大きく下落しました。

資源価格の下落要因として、中国の規制強化による株価下落、コロナ感染拡大による景気後退懸念から需要低下などが挙げられます。

リスクオフが進んだことで、安全資産として債券市場に資金が流入し長期金利利回りは低下しています。
安全通貨として円やフランが買われています。

米ドルも安全通貨として買われ、節目と注目されていたドルインデックス「93.3」を超え、年内高値を更新しています。

 

リスクオフがマーケットの中心になっており、週末を迎えます。
週明けリスクオフによる窓開けの可能性があるのでリスク管理、ポジション調整には気をつけたいと思います。

 

◎本日の注目点

 

1)リスク要因

 

今週はリスクオフがマーケットの中心になっていて、本日もリスクオフが進むかどうかに注目が集まります。

水曜日は若干リスクオフが後退しましたが、昨日は再度リスクオフが大きく進みました。

 

材料視されているリスク要因は、中国リスク・アフガニスタン問題・新型コロナウイルス感染拡大の3点です。
週初めから材料視されているリスク要因は変わらないのですが、日によってリスクオフが進んだり後退しているので、本日がリスクオフが進むのか後退するのかわからない状況です。

株価指数やVIX指数、原油価格などを確認しながら、マーケット動向を確認していきたいと思います。

 

リスクオフが進めばクロス円は円高、フランクロスがフラン高が進み、リスクオフが後退すると円安・フラン安に動くと思われます。

円やフランに注目していきたいと思います。

 

また、リスクオフによるドル買いと、金利上昇によるドル買いなど、ドル買い要因が多く、リスクオフが進んでも後退してもドルが買われやすい状況になりつつあるので、ドルは買い目線で見ていきたいと思います。

 

 

 

2)小売売上高

 

本日は英・カナダで小売売上高が発表されます。

小売売上高は経済活動がどこまで再開しているかを見るための指標として注目されています。

物価指標CPI(消費者物価指数)や、雇用統計など直接金融政策に影響を与える指標でなありませんが、経済の正常化を図る指標として、CPI(消費者物価指数)や雇用統計に次ぐ重要な指標として注目です。

 

 

 

 

◎本日のイベントスケジュール

 

 

8月20日(金曜日)

 

08:05 AUD ケントRBA総裁補佐発言

08:30 JPY 日本CPI(消費者物価指数)

15:00 GBP 英小売売上高

21:30 CAD カナダ小売売上高

 

 

8月21日(土曜日)

 

00:00 USD カプラン・ダラス連銀総裁発言

02:00 USD ベイカーヒューズ社リグカウント

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

国内唯一のFX月刊誌「FX攻略 .com」で長期にわたり連載していたコラムをまとめた電子書籍が発売されました。

コラムでは書かれていなかった内容も追記しています。

 

・電子書籍の詳細はこちら|Kindleストア

amzn.to/2P6DuJy

 

 

 

 

 

 

 

 

 

岡ちゃんマンおススメ分析ツール

TradingView

数多くの通貨ペア、商品、債権、株価指数など取り扱っており、様々な分析が出来るプラットフォームです。

為替・株式・債券・商品など各マーケットは相関性があり、各マーケットを見比べることはトレードにとってプラスになります。

1枚のチャートに為替と株価指数や、為替と商品などを重ねて表示できるのは比較するときにとても便利です。

多くの機能は無料で使えるので試しに使ってみてはいかがでしょう!

 

SNS機能も付いているので、是非フォローしていただけたらと思います↓↓↓

https://jp.tradingview.com/u/okachanman/

 

 

 

RECOMMEND