重要指標が少ない中、要人発言とリスク要因に注目! 「5月25日の注目点とイベントスケジュール」

TOP > 注目点とイベントスケジュール > 重要指標が少ない中、要人発言とリスク要因に注目! 「5月25日の注目点とイベントスケジュール」

2021年5月25日

重要指標が少ない中、要人発言とリスク要因に注目! 「5月25日の注目点とイベントスケジュール」

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

昨日は中国発言やベラルーシの旅客機強制着陸、米国の日本への渡航制限、日本政府による緊急事態宣言延長観測など、リスクオフ要因は多数出てきていたもののマーケットの反応は限定的でした。

NZドルに関しては大きく上昇しています。

 

NZドルは明日のRBNZ理事会を控えて、ポジション調整の上昇下落が出てくる可能性があります。

上昇していますが、手を出しづらい状況です。

 

また、本日は25日(五十日)ということで、仲値やロンドンFIXにかけて実需の動きが出てくる可能性があるので注意しておきたいと思います。

 

◎本日の注目点

 

1)要人発言

 

本日はクオールズFRB副議長の議会証言が予定されています。

徐々にテーパリング議論のスタートが期待され始めている米国で、スタートのタイミングのヒントになる発言が出てくるのか注目です。

また、経済見通しなどについても発言が出てこないか注目です。

 

クオールズFRB副議長以外にも米英欧の要人発言も予定されており、重要指標が少ない状況で要人発言から取引材料を探す展開となりそうな気がします。

 

 

 

2)リスク要因

 

昨日、ベラルーシが民間航空機を強制着陸させ、欧米から批判が出ています。

欧州は昨日より開催されているEUサミットで制裁を検討予定となっています。

ベラルーシを中心に欧米英とロシアの対立が深まり、リスク要因が発展しそうで要注目です。

 

また、昨日中国が商品市場の取り締まりについて発言すると、銅価格は下落し一時的に豪ドルが売られる展開となりました。

中国発のリスクオフにも要注意です。

 

その他に日替わりで上昇と下降を繰り返す仮想通貨市場の動向にも要注意。

仮想通貨の上昇下落は株価の上昇下落に相関性が高くなっていて、仮想通貨の下落はリスクオフ要因となっています。

 

リスク要因に気を付けておきたいと思います。

 

 

 

 

 

◎本日のイベントスケジュール

 

 

5月25日(火曜日)

 

EU首脳会議

 

15:00 EUR ドイツGDP(1~3月期)(改定値)

17:00 EUR ドイツIFO景況指数

20:40 USD エバンス・シカゴ連銀総裁発言

21:00 USD バーキン・リッチモンド連銀総裁発言

22:00 EUR ビルロワ・フランス中銀総裁発言

23:00 USD 米消費者信頼感指数

23:00 USD クオールズFRB副議長発言(米上院議会証言)

23:00 EUR レーンECB専務理事兼チーフエコノミスト発言

 

 

5月26日(水曜日)

 

01:00 GBP テンレイロBOE外部理事発言

02:00 USD 米2年債入札

07:45 NZD NZ貿易収支

 

 

 

 

 

 

 

 

国内唯一のFX月刊誌「FX攻略 .com」で長期にわたり連載していたコラムをまとめた電子書籍が発売されました。

コラムでは書かれていなかった内容も追記しています。

 

・電子書籍の詳細はこちら|Kindleストア

amzn.to/2P6DuJy

 

 

 

 

 

 

 

岡ちゃんマンおススメ分析ツール

TradingView

数多くの通貨ペア、商品、債権、株価指数など取り扱っており、様々な分析が出来るプラットフォームです。

為替・株式・債券・商品など各マーケットは相関性があり、各マーケットを見比べることはトレードにとってプラスになります。

1枚のチャートに為替と株価指数や、為替と商品などを重ねて表示できるのは比較するときにとても便利です。

多くの機能は無料で使えるので試しに使ってみてはいかがでしょう!

 

SNS機能も付いているので、是非フォローしていただけたらと思います↓↓↓

https://jp.tradingview.com/u/okachanman/

 

 

 

RECOMMEND