雇用・物価に関する指標で引き締め期待は高まるか!? 「5月17日週の注目点とイベントスケジュール」

TOP > 注目点とイベントスケジュール > 雇用・物価に関する指標で引き締め期待は高まるか!? 「5月17日週の注目点とイベントスケジュール」

2021年5月16日

雇用・物価に関する指標で引き締め期待は高まるか!? 「5月17日週の注目点とイベントスケジュール」

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

先週は株価が下落する場面が多く、トレンドも出にくい1週間でした。

ただ、驚きだったのが米CPI(消費者物価指数)で、予想を大きく上回る結果が出てきたことで、その前の週に弱い雇用統計で売り込まれた米ドルが買い戻される結果となりました。

また、中東ではイスラエルとパレスチナで空爆が激化し、多くの死者が出てきていて、このまま悪化していくのか、リスクオフ要因となるのか、今後の展開が気になるところです。

 

日本国内ではコロナ感染者が増え、緊急事態宣言が延長され、範囲もどんどん追加されている状況です。

緊急事態宣言は5月末までとされていますが、本当に5月末で解除されるのか、五輪がこのまま開催されるのかなどが注目されています。

 

今週はマーケットの注目である金融政策の転換に繋がる経済指標が多数予定されています。

最近の経済指標は政策転換が注目されていてボラティリティが高くなっているので、大きく動くのではないかと期待しています。

 

◎今週の注目点

 

1)経済指標

 

カナダ指標

今週カナダではCPI(消費者物価指数)の発表が予定されています。

引締めに舵を切ったカナダ中銀が、引き続き引き締めを進めるのか?

金融政策の判断に影響する経済指標がCPI(消費者物価指数)に注目が集まっています。

経済指標の結果が金融政策の判断に直結するということで、指標発表時のボラティリティが高くなっているので要注目です。

 

 

英指標

今週の英国では雇用統計とCPI(消費者物価指数)の発表が注目です。

ともに金融政策の判断に直結する経済指標です。

英国ではワクチン接種が進んでいることで感染者数が落ち着き、外出規制が少しづつ解除されています。

経済活動も徐々に戻ってきていることから、どこまで雇用者が戻ってきているのか注目です。

また、CPI(消費者物価指数)は昨年の落ち込みがあるため、一時的に大きく上昇するとの予想が出ていますが、米CPI(消費者物価指数)のように予想を大きく上回ると大きな値動きになるので要注目です。

 

その他にも製造業・サービス業・総合PMIの速報値が予定されていますが、以前よりは注目度が下がってきています。

それでも予想と結果が大きく乖離すると動く指標なので、注意して見ておきたいと思います。

 

 

豪指標

今週豪州では、雇用統計の発表が予定されています。

RBAは失業率を中心に雇用と、CPI(消費者物価指数)を金融政策判断に注目しています。

今週発表の雇用統計で、コロナ禍からどこまで雇用が回復しているのか注目。

また、コロナ対応の雇用維持対策の補助金が終了して初の雇用統計となるので、どこまで雇用が維持できているかも注目されます。

RBAは7月の会合で資産購入について検討すると発表しているので、RBAがタカ派に動けるだけの結果が出てくるか注目されています。

 

 

欧州

欧州ではフランスやドイツ、ユーロ圏の製造業・サービス業・総合PMI速報値が予定されています。

以前よりも注目度は下がってきていますが、予想と結果が大きく乖離すれば動く可能性があるので注意して見ておきたいと思います。

 

 

 

2)FOMC議事録

 

今週米国では4月28日発表分のFOMC議事録が発表されます。

先日の雇用統計でかなり悪い数字が出て引き締め期待が後退したかと思えば、CPI(消費者物価指数)の発表で予想を大きく上回る結果が出てきて引き締め期待が高まっています。

FOMC議事録の中で、引き締めに繋がるようなヒントが出てこないか、雇用や物価についてどのように考えられていたのか内容に注目です。

 

 

 

3)要人発言

 

今週も要人発言が多数予定されています。

現在のマーケットは中央銀行が引締め政策にどのタイミングで動くのかに注目が集まっています。

なので、経済指標も政策判断に直結するものに注目が集まり、ボラティリティが高くなっています。

要人発言も同様で、政策に関する発言が出てくれば動くきます。

 

多くの中央銀行では、引き締めがまだ織り込まれていないので、引き締めに関するヒントが出てくると大きく動くと思われます。

逆にハト派な内容はあまり反応しないと思います。

どのような発言が出てくるのか、ヒントは出てくるのか注意しておきたいと思います。

 

 

 

◎今週のイベントスケジュール

 

5月17日(月曜日)

 

11:00 CNY 中国鉱工業生産・小売売上高

17:00 EUR イタリアHICP(消費者物価指数)

23:05 USD クラリダFRB副議長発言

23:15 GBP テンレイロBOE外部理事発言

23:25 USD ボスティック・アトランタ連銀総裁発言

 

 

5月18日(火曜日)

 

01:30 GBP ホールデン主席エコノミスト

08:50 JPY 国内総生産(GDP)(1~3月期)(速報値)

10:30 AUD RBA理事会議事要旨

15:00 GBP 英雇用統計・失業率・平均賃金

17:00 EUR ビルロワ・フランス中銀総裁発言

18:00 EUR ユーロ圏GDP

21:30 USD 米建築許可件数・住宅着工件数

 

 

5月19日(水曜日)

 

00:05 USD カプラン・ダラス連銀総裁発言

09:30 AUD 豪Westpac消費者信頼感指数

15:00 GBP 英CPI(消費者物価指数)

18:00 EUR ユーロ圏HICP(消費者物価指数)

21:30 CAD カナダCPI(消費者物価指数)

23:30 USD 原油在庫量

 

 

5月20日(木曜日)

 

00:35 USD ボスティック・アトランタ連銀総裁発言

03:00 USD FOMC議事要旨(4月28日分)

10:30 AUD 豪雇用統計・失業率

20:50 EUR ラガルドECB総裁発言

21:30 USD 米新規失業保険申請件数・フィラデルフィア連銀製造業景況指数

 

 

5月21日(金曜日)

 

08:30 JPY 日本CPI(消費者物価指数)

15:00 GBP 英小売売上高

16:15 EUR フランス製造業・サービス業・総合PMI(速報値)

16:30 EUR ドイツ製造業・サービス業・総合PMI(速報値)

17:00 EUR ユーロ圏製造業・サービス業・総合PMI(速報値)

17:30 GBP 英製造業・サービス業・総合PMI(速報値)

21:30 CAD カナダ小売売上高

22:45 USD 米製造業・サービス業・総合PMI(速報値)

23:00 USD 中古住宅販売戸数

23:00 EUR ユーロ圏消費者信頼感指数(速報値)

 

 

5月22日(土曜日)

 

02:00 USD ベイカーヒューズ社リグカウント

 

 

 

 

 

 

 

 

 

国内唯一のFX月刊誌「FX攻略 .com」で長期にわたり連載していたコラムをまとめた電子書籍が発売されました。

コラムでは書かれていなかった内容も追記しています。

 

・電子書籍の詳細はこちら|Kindleストア

amzn.to/2P6DuJy

 

 

 

 

 

 

 

 

岡ちゃんマンおススメ分析ツール

TradingView

数多くの通貨ペア、商品、債権、株価指数など取り扱っており、様々な分析が出来るプラットフォームです。

為替・株式・債券・商品など各マーケットは相関性があり、各マーケットを見比べることはトレードにとってプラスになります。

1枚のチャートに為替と株価指数や、為替と商品などを重ねて表示できるのは比較するときにとても便利です。

多くの機能は無料で使えるので試しに使ってみてはいかがでしょう!

 

SNS機能も付いているので、是非フォローしていただけたらと思います↓↓↓

https://jp.tradingview.com/u/okachanman/

 

 

 

RECOMMEND