雇用統計でテーパリング観測が進むのか!? 「5月31日週の注目点とイベントスケジュール」

TOP > 注目点とイベントスケジュール > 雇用統計でテーパリング観測が進むのか!? 「5月31日週の注目点とイベントスケジュール」

2021年5月30日

雇用統計でテーパリング観測が進むのか!? 「5月31日週の注目点とイベントスケジュール」

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

先週前半は取引材料が少なくボラティリティが低下、あまり動かない相場が続きました。

後半はFRB副議長の発言や英中銀の理事による発言でテーパリング観測が高まり、米ドル買いやポンド買いが大きく進みました。

 

今週は政策判断に繋がるような経済指標も多く、また要人発言も多数予定されています。

指標結果や要人発言で、テーパリング観測が進んだり後退したりと一喜一憂する展開になるのではないか?

ボラティリティが高くなるのではないかと期待しています。

 

◎今週の注目点

 

1)経済指標

 

雇用統計

先月のNFP雇用統計は約100万人予想が20万人という結果になり米ドルは大きく売られました。

その後高いインフレなどから米ドルは元の水準に戻してきており、FRBの引締め期待も先月の雇用統計前の水準まで戻しているのではないかと思われます。

マーケットの注目は6月のFOMCもしくは8月のジャクソンホール・シンポジウムで引き締めのヒントが出てくるのではないかです。

今週発表の雇用統計も政策判断に大きな影響を与えるために、結果に注目です。

 

ワクチン接種が進み、活動規制の解除や一部ではマスク規制の解除となっており、経済活動が再開・回復してきていて雇用も回復しているとの予想は好材料。

ただ、手厚い補助金・失業保険などで仕事をしなくてもそこそこ収入があるため、就職の妨げになっているとの話もあり悪材料。

この辺りからアナリストの予想も難しくなっており、先月同様に予想と結果が大きく乖離する可能性も大きいので要注目。

まずはADP雇用統計で様子見。

 

 

ISM

マーケットの注目は政策変更に影響する実経済データに移っていて、ISMやPMIのような景況観指標は注目度が下がってきています。

ただ、それでも予想と結果が乖離した場合には値動きが出てくるのではないかと見ています。

一応注目です。

 

 

GDP

今週はカナダと豪州でGDPが発表されます。

経済の回復がどこまで進んでいるのか、実際の経済活動のデータであるGDPは政策判断に大きく影響するため注目度が高くなっています。

カナダはすでに引き締めに動いており、追加の引き締め政策に動くのかが注目されています。

豪州は先日発表された雇用や賃金指数など好結果が続いているため、GDPも良い数字が出てくるようであれば引き締めに1歩近づくのではないかと注目されています。

 

 

 

2)要人発言

 

先週は英中銀のブリハBOE外部理事の発言によりポンドが急騰。

ハト派だと思われていたブリハBOE外部理事が利上げ時期の前倒しに触れたことで、英中銀の引き締め観測が進みポンドが買われました。

 

最近のマーケットは各中銀がいつ引締めに動くのか、ヒントを探しています。

なのでハト派内容には無反応ですが、タカ派の内容には敏感に反応する状況です。

今週も多数の要人発言が予定されているので、タカ派な内容が出てこないか注目です。

 

 

 

3)リスク要因

 

リスクオフ要因として米中対立が注目されています。

香港・新疆ウイグル自治区・台湾など人権問題を重要視するバイデン政権と中国の対立は落としどころが見つからないまま小競り合いが続いています。

中国は米中対立の報復をオーストラリアに対して行っています。

米国が中国を攻撃・挑発すると、中国はオーストラリアに対して嫌がらせの関税や規制を発表します。

 

トルコでは中銀総裁に続き、副総裁まで解任するというエルドアン大統領がリスクになってリラ安が進んでいます。

トルコ国債の格下げが濃厚となっており、トルコリスクから欧州債務リスクに繋がらないか注目です。

その他にもベラルーシを巡り欧米とロシアが対立しています。

リスク要因によりリスクオンとリスクオフがコロコロと入れ替わる相場になる展開も予想されていることから、リスク要因に要注目です。

 

 

 

◎今週のイベントスケジュール

 

 

5月31日(月曜日)

 

英国・米国休場

 

10:00 CNY 中国製造業・非製造業PMI

16:00 EUR スペインHICP(消費者物価指数)

17:30 EUR ビスコ・イタリア中銀総裁発言

18:00 EUR イタリアHICP(消費者物価指数)

21:00 EUR ドイツHICP(消費者物価指数)

 

 

6月1日(火曜日)

 

07:45 NZD NZ建築許可件数

10:30 AUD 豪建築許可件数

10:45 CNY 財新製造業PMI

13:30 AUD RBA理事会・政策金利・声明文発表

16:45 EUR イタリア製造業PMI(改定値)

16:50 EUR フランス製造業PMI(改定値)

16:55 EUR ドイツ製造業PMI(改定値)・失業率

17:00 EUR ユーロ圏製造業PMI(改定値)

17:30 GBP 英製造業PMI(改定値)

18:00 EUR ユーロ圏HICP(消費者物価指数)

21:30 CAD カナダGDP

22:45 USD 米製造業PMI(改定値)

23:00 USD ISM製造業景況指数

23:00 USD クオールズFRB副議長発言

 

 

6月2日(水曜日)

 

00:00 GBP ベイリーBOE総裁発言

03:00 USD ブレイナードFRB理事発言

10:30 AUD 豪GDP

18:00 AUD デベルRBA総裁補佐発言

21:30 CAD カナダ建築許可件数

 

 

6月3日(木曜日)

 

00:45 EUR バイトマン・ドイツ連銀総裁発言

01:00 USD ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁発言

03:00 USD ベージュブック(地区連銀経済報告)

03:00 USD エバンス・シカゴ連銀総裁ボスティック・アトランタ連銀総裁、カプラン・ダラス連銀総裁発言

10:30 AUD 豪貿易収支

10:45 CNY 財新サービス業PMI

16:00 TRY トルコCPI(消費者物価指数)

16:45 EUR イタリア総合・サービス業PMI(改定値)

16:50 EUR フランス総合・サービス業PMI(改定値)

16:55 EUR ドイツ総合・サービス業PMI(改定値)

17:00 EUR ユーロ圏総合・サービス業PMI(改定値)

17:30 GBP 英総合・サービス業PMI(改定値)

21:15 USD ADP雇用統計

21:30 USD 米新規失業保険申請件数

22:45 USD 米総合・サービス業PMI(改定値)

23:00 USD ISM非製造業景況指数

 

 

6月4日(金曜日)

 

00:00 USD 原油在庫量

01:00 GBP ベイリーBOE総裁発言

01:30 USD ボスティック・アトランタ連銀総裁発言

04:05 USD クオールズFRB副議長発言

16:00 NZD オアRBNZ総裁発言

17:30 GBP 英建設業PMI

18:00 EUR ユーロ圏小売売上高

20:00 USD パウエルFRB議長発言

20:00 EUR ラガルドECB総裁発言

21:30 USD NFP雇用統計・失業率・平均時給

21:30 CAD カナダ雇用統計・失業率

23:00 CAD カナダIveyPMI

 

 

6月5日(土曜日)

 

02:00 USD ベイカーヒューズ社リグカウント

 

 

 

 

 

 

 

 

国内唯一のFX月刊誌「FX攻略 .com」で長期にわたり連載していたコラムをまとめた電子書籍が発売されました。

コラムでは書かれていなかった内容も追記しています。

 

・電子書籍の詳細はこちら|Kindleストア

amzn.to/2P6DuJy

 

 

 

 

 

 

 

 

岡ちゃんマンおススメ分析ツール

TradingView

数多くの通貨ペア、商品、債権、株価指数など取り扱っており、様々な分析が出来るプラットフォームです。

為替・株式・債券・商品など各マーケットは相関性があり、各マーケットを見比べることはトレードにとってプラスになります。

1枚のチャートに為替と株価指数や、為替と商品などを重ねて表示できるのは比較するときにとても便利です。

多くの機能は無料で使えるので試しに使ってみてはいかがでしょう!

 

SNS機能も付いているので、是非フォローしていただけたらと思います↓↓↓

https://jp.tradingview.com/u/okachanman/

 

 

 

RECOMMEND