雇用統計待ちの中、豪GDPやベージュブックで動くのか!? 「6月2日の注目点とイベントスケジュール」

TOP > 注目点とイベントスケジュール > 雇用統計待ちの中、豪GDPやベージュブックで動くのか!? 「6月2日の注目点とイベントスケジュール」

2021年6月2日

雇用統計待ちの中、豪GDPやベージュブックで動くのか!? 「6月2日の注目点とイベントスケジュール」

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

昨日のRBA理事会では予想通りの据え置き、声明文もほぼ変更なしという結果でした。

一部では引締めに傾くのではないかという期待があったために、発表直後は豪ドル売りで反応しましたが、7月の会合で資産購入の再検討と発表されていることから、7月で引き締めに傾くのではないかと期待感は残り豪ドルの下落は限定的で底堅く推移しています。

 

また、本日早朝にはトルコのエルドアン大統領が再度利下げにつて言及。

先日、中銀副総裁を解任したばかりであることから、利下げがあるのではないかとの警戒感からトルコリラは売られ最安値を更新しています。

 

◎本日の注目点

 

1)豪GDP(1~3月期)

 

昨日のRBA理事会では緩和姿勢が維持され、前回発表の声明文と内容の変更は見られませんでした。

7月の会合で資産購入の再検討とされており、7月会合に向けて引き締め期待が進むのか注目が集まります。

本日発表の豪GDPも政策判断に大きな影響を与える指標なだけに、サプライズが出てこないか注目。

特にポジティブサプライズが出てきた場合、引き締め期待が進み、豪ドルが買われるのではないかと注目しています。

 

 

 

2)ベージュブック

 

本日米国では、地区連銀経済報告が発表されます。

ワクチン接種が進み、コロナ禍からどこまで経済が回復しているのか注目です。

ベージュブックが発表されて、米金利がどのように動くのか、引き締め期待がどこまで進むのか注目です。

 

 

 

3)リスク要因

 

中国リスク、ベラルーシを巡り欧米とロシアリスク、中東リスクなどリスク要因は多数ありますが、特に注目しているのがトルコリラ安です。

今朝エルドアン大統領は、また利下げについて言及しリラ安が進みました。

このままリラ安が進むとどこかでクラッシュするのではないか気になります。

リラ安が進めば、単純にトルコの債務は増えていきます。

外貨準備も少ないトルコはデフォルト、トルコのデフォルトは欧州の債務危機に繋がるのではないかと注目しています。

トルコリラ安によるリスクオフにならないか要注意です。

 

 

 

 

◎本日のイベントスケジュール

 

 

6月2日(水曜日)

 

10:30 AUD 豪GDP(1~3月期)

18:00 AUD デベルRBA総裁補佐発言

19:15 EUR ビルロワ・フランス中銀総裁発言

21:30 CAD カナダ建築許可件数

 

 

6月3日(木曜日)

 

00:45 EUR バイトマン・ドイツ連銀総裁発言

01:00 USD ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁発言

03:00 USD ベージュブック(地区連銀経済報告)

03:00 USD エバンス・シカゴ連銀総裁ボスティック・アトランタ連銀総裁、カプラン・ダラス連銀総裁発言

 

 

 

 

 

 

 

 

 

国内唯一のFX月刊誌「FX攻略 .com」で長期にわたり連載していたコラムをまとめた電子書籍が発売されました。

コラムでは書かれていなかった内容も追記しています。

 

・電子書籍の詳細はこちら|Kindleストア

amzn.to/2P6DuJy

 

 

 

 

 

 

 

 

 

岡ちゃんマンおススメ分析ツール

TradingView

数多くの通貨ペア、商品、債権、株価指数など取り扱っており、様々な分析が出来るプラットフォームです。

為替・株式・債券・商品など各マーケットは相関性があり、各マーケットを見比べることはトレードにとってプラスになります。

1枚のチャートに為替と株価指数や、為替と商品などを重ねて表示できるのは比較するときにとても便利です。

多くの機能は無料で使えるので試しに使ってみてはいかがでしょう!

 

SNS機能も付いているので、是非フォローしていただけたらと思います↓↓↓

https://jp.tradingview.com/u/okachanman/

 

 

 

RECOMMEND