離脱協議に関するヘッドラインに注意! 「10月13日の注目点とイベントスケジュール」

TOP > 注目点とイベントスケジュール > 離脱協議に関するヘッドラインに注意! 「10月13日の注目点とイベントスケジュール」

2020年10月13日

離脱協議に関するヘッドラインに注意! 「10月13日の注目点とイベントスケジュール」

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

昨日は、コロンブスデーで米債券市場が休場。

マーケットはリスクオンの流れが続き米株は続伸し、ドル安が進みました。

 

また、昨日から18日までIMF(国際通貨基金)・世界銀行年次総会がテレビ会議方式で開催されています。

どこかのタイミングでIMFからは経済見通しなどの発表があるのではないかと注目しています。

 

◎本日の注目点

 

1)離脱協議

 

昨日は離脱協議に関するヘッドラインは出てきませんでしたが、週末に英タイムズ紙が「英国とEUの交渉担当者はジョンソン首相が期限とする15日までに自由貿易協定(FTA)締結交渉が妥結しない場合でも、『合意なき離脱』に伴う著しい混乱を避けるため、『ミニ合意』を目指して協議を続ける方針」と報じたことから合意期待は高まっています。

 

英国が決めている協議期限まであと3日ということから、離脱協議の進展に関してヘッドラインや発言が出てくるのか注目しています。

また、ヘッドラインや発言でポンドがどのくらい反応するのか、ポンドは敏感に大きく反応するのではないかと注目しています。

 

 

 

2)リスクオン相場

 

米国の経済対策案に関しては何とか合意できるのではないかと、期待感が高まっていることから米株価は上昇。

その他、欧州や英国などのコロナ感染拡大リスクに関しては織り込まれており、リスクオフ要因としては材料視されていない模様。

大統領選挙に関してはバイデン氏優勢で、混乱なく選挙を迎えるのではないかと、こちらもリスクオフ要因としては後退。

 

段々とリスクオフ要因が少なくなっており、株価が堅調に推移しています。

このような時に、急にリスクオフ要因が出てくると急落に繋がるので気を付けたいと思っています。

 

 

 

◎本日のイベントスケジュール

 

 

10月13日(火曜日)

 

IMF(国際通貨基金)・世界銀行年次総会(テレビ会議18日まで)

 

09:30 AUD NAB企業信頼感指数

15:00 GBP 英雇用者数増減・失業率・平均賃金

15:00 EUR ドイツHICP(消費者物価指数)

16:30 SEK スウェーデンCPI(消費者物価指数)

18:00 EUR ドイツZEW景況感指数

18:00 EUR ユーロ圏ZEW景況感指数

21:30 USD 米CPI(消費者物価指数)

23:00 GBP ベイリーBOE総裁発言

 

 

10月14日(水曜日)

 

00:00 EUR デコス・スペイン中銀総裁発言

01:25 USD バーキン・リッチモンド連銀総裁発言

08:30 AUD 豪Westpac消費者信頼感指数

 

 

 

 

 

 

岡ちゃんマンおススメ分析ツール

TradingView

数多くの通貨ペア、商品、債権、株価指数など取り扱っており、様々な分析が出来るプラットフォームです。

為替・株式・債券・商品など各マーケットは相関性があり、各マーケットを見比べることはトレードにとってプラスになります。

1枚のチャートに為替と株価指数や、為替と商品などを重ねて表示できるのは比較するときにとても便利です。

多くの機能は無料で使えるので試しに使ってみてはいかがでしょう!

 

SNS機能も付いているので、是非フォローしていただけたらと思います↓↓↓

https://jp.tradingview.com/u/okachanman/

 

 

 

RECOMMEND