驚きの雇用統計を受けてFOMCの発表に注目が集まる! 「6月8日週の注目点とイベントスケジュール」

TOP > 注目点とイベントスケジュール > 驚きの雇用統計を受けてFOMCの発表に注目が集まる! 「6月8日週の注目点とイベントスケジュール」

2020年6月7日

驚きの雇用統計を受けてFOMCの発表に注目が集まる! 「6月8日週の注目点とイベントスケジュール」

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

先週は1週間通して株価は上昇、債券利回りも上昇、金価格は下落、安全通貨が売れ、資源国通貨が買われるといった、典型的なリスクオン相場となりました。

株価の上昇や為替の動向を見ていると、あまりのリスクオン相場に過熱感を感じていましたが、週末発表された米雇用統計を見ると過熱感があると見えていた相場の反応のほうが正解だったのではないかと思えます。

 

この雇用統計の結果に対し予想を外したエコノミストたちはなぜ予想を外したのかわからず奇妙だ、検証が必要だとしています。

ワシントンポストやCNBCは米労働統計局の発表した数字に間違いがあるのではないかと報道しています。

仮に労働統計局から訂正発表が出た場合には、相場はイッキに巻き戻すのか気になります。

◎今週の注目点

 

1)リスクオン相場

 

先週欧州ECBでは、パンデミック緊急購入プログラム(PPEP)の追加が決定したことで、欧州経済の下支えになると期待され欧州株は堅調に推移しユーロは上昇しています。

米国でもADP雇用統計・NFP雇用統計ともに市場予想を上回る結果となり、特に驚きはNFP雇用統計で市場予想-800万人が+250万人という結果が出ました。

米国株は急騰しダウ平均は一時1000ドル超の上昇、ナスダックはコロナ前の高値更新、債権は売られ債券利回りは上昇しています。

 

マーケットはコロナからの回復を期待して、リスクオン相場となっています。

このままリスクオン相場が継続し、株価はコロナ前の水準まで戻すことが出来るのか注目。

リスクオン相場でリスク資産に資金が集中するのかに注目です。

 

 

 

2)FOMC

 

米国は先日の雇用統計でかなりの雇用改善が発表されています。

FRBはコロナ対策として大規模緩和を実施、大量のドル供給をしています。

FRBのバランスシートは日銀やECBに比べイッキに増大していることから、今回のFOMCで、この大量の資金買入れペースをどうするのかに注目が集まります。

 

中央銀行のバランスシート推移

青:FRB

赤:日銀

紫:ECB

緑:BOE

 

 

 

3)リスクオフ要因

 

黒人差別デモ

米国を中心に世界中で人種差別に対するデモが広がっています。

デモは一部で暴徒化し、せっかくコロナから回復しつつある経済再開の妨げになっています。

一部の都市では夜間外出禁止令など規制に動いており、トランプ大統領は州兵などの出動を発言しています。

この流れが沈静していけるのか、拡大して世界的リスク要因に発展するのか注目です。

 

 

対中問題

香港国家安全法を巡る世界の動きと、それに対する中国の反発に注目です。

また、米国(トランプ大統領)は香港の優遇措置を撤回するといっていますが、いつから撤回するのか、また香港の企業や人材が流出するのかにも注目です。

 

中国を巡る対立は、米中貿易合意第1弾の履行、WHOを巡る動き、豪州に対する貿易制裁、台湾問題、英国の5Gから中国企業を外すなど、中国に関する問題がリスクオフに発展しないか注目です。

 

 

 

 

◎今週のイベントスケジュール

 

6月8日(月曜日)

 

08:50 JPY 日本GDP(1~3月期)(改定値)

21:30 CAD カナダ建築許可件数

 

 

6月9日(火曜日)

 

OPEC総会

 

10:30 AUD 豪NAB企業信頼感指数

18:00 EUR ユーロ圏GDP(1~3月期)(確定値)

20:00 MXN メキシコCPI(消費者物価指数)

23:00 USD JOLT求職

 

 

6月10日(水曜日)

 

OPECプラス総会

 

09:30 AUD 豪Westpac消費者信頼感指数

10:30 CNY 中国CPI(消費者物価指数)

16:00 TRY トルコ四半期失業率

21:30 USD 米CPI(消費者物価指数)

23:30 USD 原油在庫量

 

 

6月11日(木曜日)

 

ユーロ圏財務相会合

 

03:00 USD FOMC政策金利発表

03:30 USD パウエルFRB議長記者会見

16:30 SEK スウェーデンCPI(消費者物価指数)

21:30 USD 米新規失業保険申請件数

 

 

6月12日(金曜日)

 

EU金融相会議

 

06:00 NZD NZ Westpac消費者信頼感指数

15:00 GBP 英GDP(1~3月期)

15:45 EUR フランスHICP(消費者物価指数)

16:00 EUR スペインHICP(消費者物価指数)

23:00 USD ミシガン大学消費者信頼感指数

 

 

6月13日(土曜日)

 

02:00 USD ベイカーヒューズ社リグカウント

 

 

 

 

 

 

 

 

岡ちゃんマンおススメ分析ツール

TradingView

数多くの通貨ペア、商品、債権、株価指数など取り扱っており、様々な分析が出来るプラットフォームです。

為替・株式・債券・商品など各マーケットは相関性があり、各マーケットを見比べることはトレードにとってプラスになります。

1枚のチャートに為替と株価指数や、為替と商品などを重ねて表示できるのは比較するときにとても便利です。

多くの機能は無料で使えるので試しに使ってみてはいかがでしょう!

 

SNS機能も付いているので、是非フォローしていただけたらと思います↓↓↓

https://jp.tradingview.com/u/okachanman/

 

 

 

RECOMMEND