11月27日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

TOP > 注目点とイベントスケジュール > 11月27日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

2020年11月28日

11月27日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

◎昨日の注目点

 

・「中国が豪州ワインに反ダンピング関税」との一部報道を受けて豪ドルが下げる場面があったが反応は限定的

・物価安定のためにトルコ中銀が預金準備率制度を改正したことなどが好感されトルコリラ円は本日も堅調

・ジョンソン英首相は、合意はEU次第とし、合意のありなしに関わらず英国は繁栄できると強気な姿勢を示したことからポンドは急落

・英国と欧州連合(EU)の自由貿易協定(FTA)交渉は続いているものの、依然として「公正な競争条件」や「漁業権」などの分野で大きな隔たりがあり、妥協点が見いだせずにいる

・菅首相は来年1月の衆院解散・総選挙を見送る可能性が大きく高まり、首相は来夏以降の解散を目指すようだと一部報道が報じている

・米政権移行を巡る懸念の後退や新型コロナウイルスのワクチン開発進展を受けて米国株相場が底堅く推移、ナスダック総合とS&P500種株価指数は史上最高値を更新

・トランプ米大統領は、12月14日に行われる選挙人投票で、民主党のバイデン前副大統領の勝利が正式に決まれば退任に応じる意向を表明

・米国市場は感謝祭の翌日のため短縮取引、感謝祭休暇の最中とあって市場参加者が少ない

 

 

 

 

 

 

◎昨日の主要通貨強弱グラフ

 

 


11月28日7:00時点

 

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の株価

 

11月28日7:00時点

 

 

 

 ダウ平均日足チャート

 

 

 

 S&P500日足チャート

 

 

 

 ナスダック日足チャート

 

 

 

 日経225日足チャート

 

 

 

 日経225日足チャート

 

 

 

 

 

 

◎各国長期金利

 

 米10年債利回りチャート

 

 

 

 日10年債利回りチャート

 

 

 

 ドイツ10年債利回りチャート

 

 

 

 イタリア10年債利回りチャート

 

 

 

 スペイン10年債利回りチャート

 

 

 

 ポルトガル10年債利回りチャート

 

 

 

 ギリシャ10年債利回りチャート

 

 

 

 イギリス10年債利回りチャート

 

 

 

 フランス10年債利回りチャート

 

 

 

 トルコ10年債利回りチャート

 

 

 

 南ア10年債利回りチャート

 

 

 

 ブラジル10年債利回りチャート

 

 

 

 メキシコ10年債利回りチャート

 

 

 

 カナダ10年債利回りチャート

 

 

 

 オーストラリア10年債利回りチャート

 

 

 

 ニュージーランド10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

◎商品先物・インデックス先物

 

 ドルインデックスチャート

 

 

 

 VIX指数チャート

 

 

 

 WTI原油価格チャート

 

 

 

 金価格チャート

 

 

 

 

 鉄鉱石価格チャート

 

 

 

 銅価格チャート

 

 

 

 材木価格チャート

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の要人発言

 

マックレム・カナダ銀行(BOC)総裁
カナダの金利は非常に長い間、非常に低いままでとどまるだろう
量的緩和は回復が順調に進むまで続く
「2021年と2022年は平均して約4%の年間成長率を見込む

ウィルキンス・カナダ銀行(BOC)副総裁
2%のインフレ目標は依然として非常に重要

トランプ米大統領
選挙人団がバイデン氏に投票するなら権力を放棄する
「2024年の大統領選については話したくない」

NZ財務省
「小売売上高のデータはGDP見通しに上方向のリスク」
「消費の強さは依然として不確実」

パネッタ欧州中央銀行(ECB)専務理事
「これまでの刺激策が十分でなかったことは明らか」
理事会がマクロ見通しを再評価することを期待し、それに応じて政策を再調整すべき
「インフレ見通しは明らかに悪化している」
「春に直ぐに対応し、今度も同じようにすべき」
我々は余力があり、調整する方法もある

スタージョン・スコットランド国民党党首(スコットランド行政府首相)
スコットランドの独立を問う2回目の住民投票を来年できるだけ早く実施したい

ビルロワドガロー仏中銀総裁
「欧州中央銀行(ECB)の第1の目的は良好な資金調達条件を必要な限り維持すること」
「政策手段の再調整は支援レベルだけではなく、時間枠や柔軟性、効率的な目標設定にもフォーカスすべき」

欧州連合(EU)外交筋
バルニエEU首席交渉官は、英との通商合意が可能かは現時点では言えないと述べた

バルニエ欧州連合(EU)離脱首席交渉官
予定通り、ブレグジット交渉のため今晩ロンドンに向かう

欧州連合(EU)外交高官
「バルニエ首席交渉官は、特段明るい材料はないと述べた」
バルニエ氏は、論争となっている3つの件で隔たりがあると述べ

ジョンソン英首相
欧州連合(EU)との交渉、合意はEU次第
英国は合意のあり、なしにかかわらず繁栄できる
「合意の可能性についてはノーコメント」
「実質的であり重要な相違は埋まっていない」

フロスト英首席交渉官
EUと合意するには、英国の主権が完全に尊重されなければならない

ショルツ独財務相
「刺激策は来夏までの経済支援を見込んでいる」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND