いにしえ流 FXブログ

よく読まれてる記事Popularity

4月27日~週末の注目材料

マネックスFX 通常口座開設 マネックスFX 通常口座開設 マネックスFX 通常口座開設?|?fx-on.comカンタン・カシコイ自動発注 オートレールのマネックスFXPLUSの口座開設 カンタン・カシコイ自動発注 オートレールのマネックスFXPLUSの口座開設カンタン・カシコイ自動発注 オートレールのマネックスFXPLUSの口座開設?|?fx-on.com   04月27日(金曜日) 韓国・北朝鮮首脳会談 ユーロ圏・EU財務相非公式会合 米・独首脳会談 17:00 CHF ジョーダンSNB総裁発言 17:30 GBP GDP 21:30 USD GDP 23:00 USD ミシガン大消費者信頼感指数 23:00 GBP カーニーBOE総裁発言 23:15 GBP ホールデンBOE主席エコノミスト発言 04月28日(土曜日) 米・独首脳会談 00:00 CAD カナダ財政収支 02:00 USD ベイカーヒューズ社リグカウント     昨日のECB理事会は、想定通りのハト派姿勢でした。 金融政策の変更や時期についてにも触れなかったことと、景気見通しを下方修正したことがユーロ売りにつながったのではないかと思います。 あとは、このユーロ売りが続きEUR/USDのレンジを下抜けするか⁉という状況です。 ポイントは、EUR/USDの1.20を割るかどうか⁉だと思います。       また今日は、英・米でGDPが発表されます。 米GDPの結果が強いものであれば、EUR/USDの下抜け圧力になる可能性も、、、⁉ USD/JPYについても、上昇圧力と、110円手前の売り圧力が拮抗しているようです。 109.50、109.80、110.00に注目!   英国については、GDPが大きく動く可能性もありますが、注目は武田薬品による英シャイヤー製薬買収ではないかと思います。 日本円にして、7兆とも8兆ともいわれ、キャッシュ部分でも3兆くらいではないかとうわさされています。 ということは、買収のために3兆円分のポンドを用意するために円売り、ポンド買いが出るのではないかと、多くの市場関係者は考えているようです。 問題は、いつ⁉どのくらい⁉何回に分けて⁉ではないかと思います。 このあたりがハッキリするまでは、指標結果が多少悪くても、ポンドShortは取りづらく感じます。   あとは、日本・東京市場は来週からGW、連休です。 米株・金利に注意しながら、週末・月末のポジション調整に気を付けたいです。     昨日からの要人発言   安倍首相 「解散・総選挙は頭の中にまったくない」 韓国政府 「南北首脳会談は、27日午前9時半に境界線付近で両首脳が対面する」 スウェーデン中銀 「潜在的インフレはここ最近予想以上に低い」 全体的な経済見通しとインフレ予測は大まかには変わっていない」 「レポレートは-0.5%を据え置き、利上げは年末まで期待できない」 「金利の上昇は年末と予測、以前の予想よりも遅くなるだろう」 ドラギECB総裁 「為替市場を注視していく」 「十分な水準での金融緩和は必要」 「コアインフレは上昇トレンドにあることを確信している」 「潜在的なインフレは抑制されている」 「潜在的なインフレは緩やかにしか上昇していない」 経済指標では景気拡大ペースが緩和していることを示唆している」 「成長は以前堅調に推移」 「国際的な要因が成長へのリスク」 「底堅く幅広い成長が続く見通し」 「為替のボラタリティについては話し合っていない」 「表面上の賃上げ促している兆しがみえる」 「いくつかの予期せぬ指標の下げもみられる」 「将来の政策については話し合っていない」 「保護主義の影響は今のところ現れていない」 「関税は急な影響を及ぼす」 コンスタンシオECB副総裁 「金融政策の正常化の軌道上にある」 黒田日銀総裁 「景気の拡大基調が続く」 「2%の物価安定を目指し、安定するまで金融緩和を維持」 「2%達成時期と政策変更を結びつける見方があたった(ため「2019年度ごろ」を削除した)」 「2019年ごろに物価が2%程度に上昇する見方は変わらない」 「保護主義の影響が物価目標達成のリスク」 「2%達成時期が文書に書いてあると、政策変更とリンクしているように誤解される」 「2%達成時期の見通しと政策変更は機械的には結びついていない」

■やる気になりますので、応援お願いします!

コメントを残す