7月1日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

TOP > 注目点とイベントスケジュール > 7月1日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

2020年7月2日

7月1日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

◎昨日の注目点

 

 

・「国家安全維持法」が施行された香港では抗議デモが激しさを増し逮捕者が出たとの報道

・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨ではイールドカーブ・コントロール(YCC)のさらなる分析の必要性で合意

・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨では「経済を支援するため全ての手段を講じることで合意

・EIA石油在庫統計で原油在庫は719.5万バレルの取り崩しにより原油先物相場は反発

 

 

 

 

 

◎昨日の主要通貨強弱グラフ

 

 


7月2日6:00時点

 

 

 

 

 

 

◎昨日の株価

 

7月2日6:00時点

 

 

 

 ダウ平均日足チャート

 

 

 

 S&P500日足チャート

 

 

 

 日経225日足チャート

 

 

 

 

 

◎各国長期金利

 

 米10年債利回りチャート

 

 

 

 日10年債利回りチャート

 

 

 

 ドイツ10年債利回りチャート

 

 

 

 イタリア10年債利回りチャート

 

 

 

 スペイン10年債利回りチャート

 

 

 

 ポルトガル10年債利回りチャート

 

 

 

 ギリシャ10年債利回りチャート

 

 

 

 イギリス10年債利回りチャート

 

 

 

 フランス10年債利回りチャート

 

 

 

 トルコ10年債利回りチャート

 

 

 

 南ア10年債利回りチャート

 

 

 

 ブラジル10年債利回りチャート

 

 

 

 メキシコ10年債利回りチャート

 

 

 

 カナダ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 
オーストラリア10年債利回りチャート

 

 

 

ニュージーランド10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

◎商品先物・インデックス先物

 

 ドルインデックスチャート

 

 

 

 VIX指数チャート

 

 

 

 WTI原油価格チャート

 

 

 

 金価格チャート

 

 

 

 

 鉄鉱石価格チャート

 

 

 

 

 銅価格チャート

 

 

 

 

 

 

◎昨日の要人発言

 

 

デギンドスECB副総裁
「パンデミックに対する従来にはない政策を再調整する準備はある
パンデミックの主要な解決策は金融政策ではない
「回復スピードが二極化していることを懸念」

マース独外相
欧州連合(EU)復興基金案の7月合意を楽観視

中国外務省
中国の米メディアに対する新たな措置を発表」(中国国営メディアを巡る米制限措置に対する報復
CBSやUPIに対し、中国国内でのオペレーション内容を7日以内に提示することを要請
香港安全法についての客観的な報道と、諸外国による国内への介入を止めるよう要請

パネッタ欧州中央銀行(ECB)専務理事
「ユーロ圏は予想以上にウイルスショックから立ち直った」
「ただし、良い指標結果に対しては疑ってかかる必要はある」

独Ifo経済研究所
「パンデミックによる不況後の独経済の緩やかな回復を期待」
「独GDPは2020年は-6.7%、2021年は+6.4%を見込む。2020年第3四半期は+6.9%、第4四半期は+3.8%を予想」

中村日銀審議委員
「金融政策は今後も早め早めの対応が必要」
「デフレのもとでは設備投資は困難」
「金融政策の効果と副作用を見計らう必要がある」
「2%くらいの緩やかなインフレが続く世界が企業経営には望ましい」

イングベス・リクスバンク(スウェーデン中銀)総裁
「金利を含めたあらゆる手段を講じる用意がある」

欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのデコス・スペイン中銀総
「独憲法裁判所の判断は金融政策の方向性に影響を与えない」

ハスケル英中銀金融政策委員会(MPC)委員
「現在の金融政策スタンスは適切だが、リスクは下方向」
「経済活動は予想よりも早く回復している」

 

ラーブ英外相
香港国家安全法は、英中共同宣言への重大な違反
香港の人々に対して我々は約束を守る
「中国が国際的な義務と責任を果たすことを期待」

メルケル独首相
EU加盟国は復興基金と予算について依然として意見が分かれている
Brexit協議が失敗に終わることを覚悟しなければならない

英首相報道官
EUとの自由貿易協定が締結されると信じる

デイリー米サンフランシスコ連銀総裁
「最近の前向きな兆しを回復と呼ぶのをためらう」
「V字型の回復は見られない」
「我々は今非常に不確実な場所にいる」

米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨
イールドカーブ・コントロール(YCC)のさらなる分析の必要性で合意
「米経済を支援するため全ての手段を講じることで合意」
金利上限または目標がフォワードガイダンスをサポートし、資産購入を補完できるかどうかを議論
「大半の当局者がより明確なフォワードガイダンスを主張」
「ほとんどの当局者は6月FOMCでの政策変更を予想せず」

 

 

 

 

RECOMMEND