いにしえ流 FXブログ

よく読まれてる記事Popularity

7月19日(木曜日)の注目点

    7/19(木曜日) 17:30 GBP 小売売上高 21:30 USD フィラデルフィア連銀製造業指数 22:00 USD クオールズFRB副議長発言 7/20(金曜日) 08:30 JPY CPI(消費者物価指数)   本日の注目点はクオールズFRB副議長の発言です。 先日のパウエルFRB議長の議会証言から年4回の利上げが織り込み始めています。 米長期金利も上昇を始めていて、2.9%が見えてきています。   米10年債利回りチャート   ドル円も112円が底堅くなっているように感じます。 今日のクオールズFRB副議長の発言で、強気発言が出るようであれば再度113円を超えて高値更新となりそうな気がしています。   USD/JPY時間足チャート     USD/JPY日足チャート     また、指標では英国 小売売上高が発表されます。 今週の英国は、雇用やCPIが発表されましたが、いまいちの結果に終わっています。 ただ、8月利上げ確率は70%台をキープしています。 昨日の下落で147円がサポートされたので、今日の小売売上高の結果が弱かった場合は147円でサポートされたところを買い戦略も面白いかと思っています。   GBP/JPY5分足チャート     GBP/JPY時間足チャート   現在のポジションは、変わらずEUR/TRYのShort、CAD/CHFのLong、EUR/USDのShortです。 EUR/USDは1.500が一旦の目標として、1.600が節目として気にされているので、割り込んだらポジション追加したいと思います。   EUR/USD時間足チャート   EUR/USD日足チャート     昨日からの要人発言 ジョージ米カンザスシティー連銀総裁 「漸進的なさらなる利上げが必要」 「経済は極めて良好な状況」 「金融政策は依然として緩和的」 「利上げの幅やペースは依然として不確実」 コーヴェニー・アイルランド外相 「英議会で採決されたいくつかの修正案は、ブレグジット交渉の助けとならない」 「英国内での折衝が続くうちは、現実的なブレグジット交渉を始めることはできない」 メイ英首相 「ブレグジット交渉は、チェッカーズでの合意と離脱方針白書が基準となる」 「英国が、何ら合意のないままのEU(欧州連合)離脱に近づいているとは思わない」 ビルロワドガロー仏中銀総裁 「ECBの最初の利上げタイミングはインフレ次第」 「利上げは早くても2019年夏以降」 ジョンソン前英外相 「政権はブレグジット交渉でうろたえた」 「メイ英首相の計画ではEUから支配権を取り戻せない」 「EUの規制受け入れは貿易をより困難にする」 パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長 「バランスシートが通常へ戻るのに3-4年かかると予想」 「現在、金融バブルは見られない」 「財政政策はある程度の期間、持続不能な軌道になるだろう」 「債務より速いペースで経済を成長させる必要がある」 「仮想通貨は規制されるべきだが、FRBによってではない」 トランプ米大統領 「メキシコとの貿易交渉に近づいている」 「米国はメキシコと合意した後、カナダと合意する可能性」 米地区連銀経済報告(ベージュブック) 「12地域中10地域で経済活動が緩やかに拡大」 「全ての地域で物価が緩やかに上昇」 「全ての地域で製造業者が関税に懸念を表明」 「全ての地域で労働市場は引き締まった」  

■やる気になりますので、応援お願いします!

コメントを残す