いにしえ流 FXブログ

よく読まれてる記事Popularity

7月20日~週末の注目点

  7/20(金曜日) 21:00 USD ブラード・セントルイス連銀総裁発言 21:30 CAD CPI(消費者物価指数)・小売売上高 7/21(土曜日) G20財務相・中央銀行総裁会議 02:00 USD ベイカーヒューズ社リグカウント 7/22(日曜日) G20財務相・中央銀行総裁会議   本日の注目点はカナダCPI(消費者物価指数)です! 追加利上げに関わる重要な指標なので、大きく動く可能性が高いです。   、、、と、本当は言いたかったのですが、昨日のトランプ大統領の発言から市場が騒がしくなっています。   トランプ大統領はドル高牽制やFRBの利上げ批判などを発言。 ドル円は、113円から112円まで急落、、、 ただ、ホワイトハウスは火消し発言! 市場もFRBは大統領の影響(圧力)は受けないと、反発しているところでした。   落ち着いたかと思っていましたが、中国は大きく元安を発表。   米ドル/中国元 時間足チャート   米ドル/中国元 5分足チャート   中国市場オープンと同時に香港株価急落、、、     元安からドル高、、、 ダウ先物急落、、、     日経先物急落、、、     ドル円急落、、、         中国・香港株価急落の影響はオセアニア通貨にも影響! オージードル急落、、、 ニュージードル急落、、、   トランプ大統領の貿易戦争、関税はドル高を誘発しました。 自分で自分の首を絞める結果になったのに、FRBの利上げ批判や中国をはじめ通貨安誘導批判! これに、中国は大幅な元安で回答したのではないかと思います。   なので、本日の注目点は経済指標よりも、中国要人発言や米国要人発言、通貨安・報復関税発言に注目したいと思います。 また、週末にはG20財務相・中央銀行総裁会議が予定されています。 今週末は荒れそうな気がするので、ポジション調整はしっかりとしておきたいと思います。 本日は20日で、五十日要因もあるのでクローズ前やFIXには注意したいと思います。     ポジションは変わらず、 EUR/TRYのShort、EUR/USDのShort、CAD/CHFのLongを持っています。 特にEUR/USDのShortは注意して見ています。     昨日からの要人発言 中国外務省 「米国との貿易論争でどちらが正しく、どちらが間違っているかは明らか」 「貿易戦争は望んでいないが、怖れてもいない」 「米国の急変は認識している」 南アフリカ準備銀行(SARB) 「2018年GDP見通しを1.7%から1.2%に下方修正」 「2019年GDP見通しを1.7%から1.9%に上方修正」 「2018年CPI予測を4.9%から4.8%に下方修正」 「2019年CPI予測は5.6%、20年は5.4%」 クガニャゴ南アフリカ準備銀行(SARB)総裁 「MPCのスタンスは緩和的」 トランプ米大統領 「FRB議長は良い男だが、金利上昇はうれしくない」 「ドル高は我々に不利益を与える」 「中国の通貨が岩のように落ちている」 「FRBの利上げは、ECBや日銀が緩和的な金融政策を維持することで、我々に不利益を与える可能性があることを懸念」 米ホワイトハウス 「トランプ米大統領はFRBの独立性を尊重」 「トランプ米大統領はFRBの決定に干渉しない」 茂木経済財政相 「日米通商協議では、国益に反した行為は絶対に行わない」 「自由貿易の重要性や多角貿易体制の意義を訴える」    

■やる気になりますので、応援お願いします!

コメントを残す