いにしえ流 FXブログ

よく読まれてる記事Popularity

8月13日の注目点と見通し!

8/13(月曜日) 15:00 SEK スウェーデン失業率 8/14(火曜日) 11:00 CNY 中国鉱工業生産・小売売上高   ◎本日の注目点 日本はお盆休暇、欧米でも夏休み、市場は閑散とした相場が予想される。 そんな中、トルコ・中国など、発言等から急変しやすい状況です。 相場参加者が少ない分、ポジション・注文が偏ったときは値が飛ぶような動きになります。 値が飛ぶことを考慮したリスク管理をしっかりしたい。   エルドアン大統領は、この状況でも「利上げはしない」と発言。 現在のトルコリラは、経済状態を正しく評価されていない」とも発言しています。 トルコに関しては、何が起こるかわからない! 取り扱い・取引業者の対応にも注意が必要! 証拠金維持率の変更等で、急遽ロスカットなんてこともあります。 週明け大きな窓を開けています。 窓は閉じることが多いとは言いますが、状況を考えるとリラLongは難しいですね! トルコに関しては以下を参照ください。   トルコリラ暴落! 2018年8月10日トルコショック⁉まとめ   あと、チャートを見ていると昨年のビットコインチャートを見ているような感じがします。 ビットコインのように落ちるとは、考えにくいですが。。。   USD/TRY 日足チャート   中国、人民元も似たようなチャートになっています。 ここ1年で大きく人民元安が進んでいます。 こちらも注意しておきたいです。   米ドル/中国元 日足チャート     ◎保有中のポジションと本日の戦略   保有中のポジションはEUR/USDのShortのみ。 先日のトルコと同時に急落したときに一旦決済しましたが、再度エントリーしています。 EUR/USDは日足レベルでヘッドアンドショルダーに見える。 時間足レベルでも、レンジを下にブレイクしたので、ついていきたいと思います。   EUR/USD 日足チャート   EUR/USD 時間足チャート     その他に、エントリータイミングを逃したニュージードル。 ニュージーは利下げ発言から下落しています。 チャンスがあれば、エントリーできればと思いチェックしています。 ニュージーに関しては、いかにまとめています。参照ください。   RBNZ政策金利を据え置き、NZD大幅下落   NZD/USD 週足チャート   NZD/USD 時間足チャート   ドル円は、円高圧力が強くなってきています。 トルコショックをはじめ、米中貿易戦争日米通商協議の延長(延期)などマイナス要因が多い。 フラン高もあり、リスクオフ相場とも取れます。 日足チャートでレンジ上限まではいかなかったものの、折り返してもおかしくないレベル。 次の節目は、時間足チャート ”110.00” ~ ”109.90” 付近で持ちこたえるか注目しています。   USD/JPY 日足チャート   USD/JPY 時間足チャート   リスクオフとなると、金利の上昇が気になります。 先日の日銀金融政策で、YCC(イールドカーブ・コントロール)の柔軟化と発表しています。 どのタイミングで指値オペしてくるかわかりませんが、 ”10:10” と ”14:00” は長期金利に注目です。   日10年債利回りチャート     週末の要人発言 茂木経済再生相 「日米通商協議で率直な意見交換ができた、お互いの考え方について理解深まった」 「米国は2国間交渉、日本はTPPが日米双方にとって最善との立場」 「2日目も議論する」 「次回日米貿易協議は9月を目処に」 「日米は貿易拡大で合意」 麻生財務相 「FFRで日米両国の立場の違いははっきりしている」 ハモンド英財務相 「ブレグジット交渉、貿易について合意を得るチャンスはある」 「ブレグジットの不透明感で、英経済にとっては難しい時期」 「ブレグジットの不透明感は、英経済成長を衰えさせている」 エルドアン・トルコ大統領 「米ドルが我々の進路を妨げることはできない」 「外貨資産をリラに換えることが国益となる」 「金利への圧力で国をつぶすことはできない」 「あらゆる困難への準備ができている」 「どのような脅しにも屈しない」 「経済的な操作で我々がひれ伏すと思ったら、それは我々を全く知らないということだ」 「問題解決は交渉、外交で、それ以外の方法は無い」 アルバイラク・トルコ財務相 「短・中、長期に渡る経済政策を発表する」 「新しい政策は持続的」 「目標達成のために公的部門のコストカットを推し進める」 トランプ米大統領 「トルコに対する鉄鋼・アルミ関税倍増を指示」 「トルコに対する鉄鋼関税は50%、アルミ関税は20%」 グアハルド・メキシコ経済相 「北米自由貿易協定(NAFTA)交渉は上手く進み、来週も話し合う」 トランプ米大統領の顧問弁護士ジェイ・セキュロー氏 「トルコについて解決に近づいている」 トルコ銀行規制監督庁(BDDK) 「トルコの銀行による海外投資家とのスワップ取引を制限する」   ブログランキングやってます。 協力お願いします。 人気ブログランキング

■やる気になりますので、応援お願いします!

コメントを残す