いにしえ流 FXブログ

よく読まれてる記事Popularity

8月15日(水曜日)の注目点と見通し!

  8/15(水曜日) 09:30 AUD Westpac消費者信頼感指数 16:00 TRY トルコ失業率・財政収支 17:30 GBP CPI(消費者物価指数) 21:30 USD 小売売上高 23:30 USD 原油在庫量 8/16(木曜日) 08:50 JPY 貿易収支 10:30 AUD 雇用者数増減・失業率   は指標トレード予定     ◎本日の注目点 本日の経済指標は、どれも大事になってくる指標ばかりです。 特に注目しているのは、英CPI(消費者物価指数)と豪雇用統計です。   英CPI(消費者物価指数)は、Brexitが決まったことからポンドが大きく下落。 ポンド安は物価高を引き起こし、インフレ率が一時3.0%まで上昇しました。 1年で3%のペースで上昇 → 収入の上昇が追い付かない → 消費を抑える(節約) → 景気の低迷 これが、昨年の状況でした。 BOEは利上げをすることで、インフレ率を抑えるように対応しています。 今後利上げが続くかどうかは、雇用統計(平均所得)とCPI(消費者物価指数)の関係が大きく影響します。 昨日の平均所得の結果は、2.4%(予想:2.5%)の上昇。 本日のCPI(消費者物価指数)の予想は2.5%です。 予想との乖離が出ると一時的に大きく動く可能性が高い! その後は、昨日の平均所得と本日のCPI(消費者物価指数)の数字の比較が大事になってきます。 今までの平均所得とCPI(消費者物価指数)の比較表を載せておきます。     もう一つの注目指標が、豪雇用統計です。 雇用はRBAの責務ではありませんが、大きく動く可能性は高いです。 特に注目は失業率に注目です。 オージードルは対フランで、昨年6月の安値付近まで下落しています。 失業率の悪化は、AUD/CHFの昨年来安値を下抜けする可能性が高くなってきます。 AUD/CHFは年単位くらいのイメージで、ポジショントレードをしていることから個人的に注目しています。 AUD/USDも安値を更新し続け、2年前の安値に届きそうなところまで来ています。   AUD/CHF 日足チャート   AUD/USD 週足チャート   その他注目が、日本の貿易収支です。 先日の米雇用統計では、同時発表の米国貿易収支の結果に反応しました。 貿易収支の結果に対して、要人が発言したことで反応しました。 現在、米中では貿易・関税について関係が悪化しています。 先日開催の日米通商協議も9月に延期している状況です。 結果に対し、米国(トランプ大統領)は反応しそうです。   あとは、言わずと知れたトルコです。 現在、世界中がトルコに注目しています。 トルコ関連で何か情報(ヘッドライン)が出ると、色々なところで反応が出ます。 トルコに関しては、別でまとめたいと思います。 ただ、こういうリスクオフ相場では債券市場(国債)に資金が流れ、長期金利が注目されます。 注目の長期金利、注目国の10年債利回りチャートはチェックが必要です。   米10年債利回りチャート   日10年債利回りチャート   ドイツ10年債利回りチャート   イタリア10年債利回りチャート   スペイン10年債利回りチャート   トルコ10年債利回りチャート   長期金利の関係は、以下のようになることが多いです。 🔷日米金利差はドル円、(金利差拡大 → 円安)、(金利差縮小 → 円高) 🔷ドイツとスペイン・イタリア金利差はユーロ、(金利差拡大 → ユーロ売り)、(金利差縮小 → ユーロ買い) 🔷トルコ長期金利 → 金利上昇 → トルコの信用低下 リスクオフの時は特に、上記のようなことは注目したいです。   ◎保有中のポジションと今日の戦略 ユーロは下落が続いています。 保有中のEUR/USDのShortはホールド中、また、”1.1360”を割ったので追加ポジションをとっています。   EUR/USD 時間足チャート     AUD、NZD、CADは下落が続いています。 特にAUDは米中貿易戦争の影響もあるので、本日のWestpacと明日の雇用統計の結果でShortを考えています。   トルコが一旦落ち着いている?調整中?なのか、株価が反発しています。   USD/TRY 時間足チャート   8月15日の世界の株価     ドル円も昨日は上昇していますが、ここからのもう一段上昇は重たい。 何か材料が欲しいところですが、目ぼしい材料が見当たりません。 唯一期待したいのは、トルコと米国の関係改善。 リスクオフ相場の終了です。 牧師釈放などが確定すると、リスクオフの巻き戻しでドル円上昇も考えられます。 ただ、反対も考えられ、追加制裁や関係のさらなる悪化でドル円(クロス円)の下落も考えられます。 相場が閑散としているので、注意したいと思います。   USD/JPY 時間足チャート   最後に、今日すぐの事ではありませんが、EUR/CHFは注視しておきたいです。 ユーロが売られることで、EUR/CHFはフラン高が進んでいます。 スイスはフラン高をとても嫌います。 また、スイスは ”G20” で唯一、為替介入を認められている国です。 対ユーロで、フラン高が進むと介入の可能性が高まるので要注意です。   EUR/CHF 日足チャート     ◎昨日の要人発言 中国商務省 「米国は中国の投資家を客観的かつ公正に扱うべき」 米当局者 「牧師拘束問題でトルコリラがメルトダウンするとトルコに警告」 トルコ財務相関係者 「アルバイラク・トルコ財務相は木曜日に米・欧・中東の投資家と電話会談を行う」 アルトマイアー独経済相 「貿易関係の不確実性はあるが、経済の上昇基調は強固」 「世界的な貿易問題は独の輸出と投資計画にネガティブ」 エルドアン・トルコ大統領 「トルコは露骨な経済的攻撃に直面している」 「トルコリラ下落を正当化できる異常な状況にない」 「トルコは地域の平和や安定を保証する」 「トルコは大きく深い“操作”に直面している」 「ドルリラは4.8リラから7リラまでどうやって上がったんだ」 「我々は強い政治的スタンスを維持する」 「トルコの銀行は破綻しない」 「我々は米国製電化製品の購入を拒否する予定」 「我々にはVESTEL社のスマートフォンがある」 ハント英外務相 「ブレグジットがノーディールになるリスクが増えている」 「間違ってノーディールにならないことが重要だ」 「取引が成立するかの保証は全くない」   ブログランキングやってます。 協力お願いします。 人気ブログランキング

■やる気になりますので、応援お願いします!

コメントを残す